【仕事】物書きはいい職業!30分で8万円稼げるから:才能あるライターや趣味でやる方法まとめ

どうも。プロブロガーのタクスズキです。(書く仕事で会社員の何倍も稼いでます

「コラム・エッセイの書き方講座&雑文執筆依頼を受ける方法」というイベントに行ってたので、要点をまとめてみます。

IMG 0648

「物書きになるにはどうすればいい?ライターになる方法は?」と思ってる方は参考にしてみてください。

「物書きは30分で8万円稼げる」など、かなりすごい話が聞けました

>>【おすすめ】1人でお金を稼ぐ方法まとめ

物書きより、ずっと楽に稼ぐ方法

物書きより、ずっと楽に稼ぎたいなら、「ディーカレット」というサイトのキャンペーンを利用するといいです。

ディーカレットでビットコインをもらえる

>>無料の口座開設だけで2,000円分ゲット!最大で5,500円分のビットコインをもらえるキャンペーンがスゴすぎる

ここは、JR東日本や有名な上場企業から出資を受けていて、信頼できるサイトです。

ビットコインの価値はこれから2倍になる可能性もあり、日本円にすぐカンタンに交換できるので、まずは無料でゲットしておきましょう

スポンサーリンク

仮想通貨で10日で37万円儲かりました

ちなみに、ぼくは2019年も仮想通貨(ビットコイン)を買っていて、この前は10日で37万円も儲かりました

これくらい、仮想通貨というのは可能性があるので、今だけのお得なキャンペーンを利用して、まずタダでゲットするといいですよ。

>>無料の口座開設だけで2,000円分ゲット!最大で5,500円分のビットコインをもらえるキャンペーンがスゴすぎる

まず5,500円もらう

>>ディーカレットのサイト

スポンサーリンク

【前提】書く仕事に就きたいなら、量をこなそう

最後の方にも書いてますが、「物書きの仕事」につくには、最初の頃に量をこなして信頼を得ていく必要があります。

序盤で心折れずにひたすら書き続けられたら、ご飯を食べられるようになるんですよね。

そして、書き続けるために必要なのが、書くことが好きであること、つまり、適正です。

>>きつい仕事ランキングまとめ!会社を辞めたいと思ったら参考にしてみよう

>>【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

適性ある仕事に就くと年収が格段に上がる

そして僕はこの適性があるため、今の仕事を続けられています

なので、自分にそうした適性があるかを以下の診断で調べておくといいですよ。

向いてる仕事をやると、年収と仕事の満足度が格段に上がるので、おすすめ

>>【口コミ】本当に稼げる副業ランキング!スマホで安全に儲かるものを紹介

>>時間が自由な仕事、ストレスのない仕事をしていて思うこと(正社員時代の経験含め)

【では本題へ】登壇者の紹介(敬称略)

以下、プロの書き手の方々の紹介文です。

>>給料のいい仕事ランキングから年収の高い会社、資格関係なく稼げる職業をまとめてみた

>>【口コミ】本当に稼げる副業ランキング!スマホで安全に儲かるものを紹介

吉田潮(よしだ・うしお)

編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。

医療健康から下ネタ、テレビまで無駄に幅広く執筆。

週刊新潮の連載「TVふうーん録」では文章を書くだけでなく、イラストも自ら描いている。

>>定時で帰れる仕事&休みが多い仕事はここにありました

>>【0円起業】副業でも一人で、資金なしで始められる仕事(商売)まとめ

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)

博報堂勤務を経て2001年よりフリーランスに。

ネットニュースの編集が主ではあるものの、それに付随しネット関係の文章を無駄に多数執筆。

イケダオソト(いけだ・おそと)

出版社勤務を経て2015年よりフリーランスに。

書籍、雑誌、ネット、広告など仕事を選ばない節操のないライターだが、コラム&エッセイについてはいまだ童貞。

>>サラリーマン、主婦、学生におすすめの副業まとめ:安全にネットで儲かる!アルバイトは非推奨

>>隠れホワイト企業を見つけたい就活生、転職希望者は「みんなが知らない超優良企業」を今すぐ読むべき

それでは、イベントの概要をどうぞ。

実績がなくても、電話してみるのもあり

この話は中川さんが博報堂をやめた頃のもの。

博報堂時代の話はこちらの記事を参照してください。

>>博報堂なら33歳で年収1100万円、電通社員の年収の4割は残業代 #ヤメ電と脱博者の集い

当時、中川さんが博報堂を辞めたばかりの頃、物書きの経験がないのに、テレビブロスに「仕事させてください」と電話をかけたそうです。

>>楽して儲けるのは悪いことじゃない!お金を稼ぐのは楽しいよ!例えば、団子屋、豆腐屋などで




営業することで、意外と仕事をもらえる

その時は、お金がなかったので無我夢中だったそうですが、電話相手に「何をやってたんですか?」と聞かれ、

博報堂での経験を伝えたところ、「ちょうど数字が見れる人がほしかったんです」と言われ、働けることになったそうです。

そして、某有名グループに関わる大きな仕事をしたそうです。

>>隠れホワイト企業を見つけたい就活生、転職希望者は「みんなが知らない超優良企業」を今すぐ読むべき

>>脱サラしても失敗しにくい仕事(職業)は何か?成功例からおすすめを書いとく



編集者目線で「ほしいライター」

あとは、起用してもらえるライターの特徴も。それは以下の項目

・〆切守る
あいさつする
・よく食べてよく飲む

>>フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

・メールすぐ返す
・イエスマン(「なるほど、いい企画ですね」など、自我を出さない)

こういったスキル以外の部分は大事なんだなと再認識しました。

>>楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと




大手広告代理店と付き合うのが重要

あと、ライターの世界には少しの手間で数万円もらえるおいしい仕事もあるそうです。

そして、そういった仕事と巡り合うには、電通、博報堂、ADKなど広告代理店の方々と知り合うのが良いんだとか。

(そういった人たちはライターにも丁寧に向き合ってくれるというお話も聞けました)

>>【副業】家にいて、ネットでお金を稼ぐ方法や賢いお金の稼ぎ方(短期間ですぐは無理)

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べる!

>>【無料】ブログで月600万円稼ぐプロブロガーのメルマガを読む

>>無料メルマガはじめました!(お金の増やし方、副業がテーマです)

オウンドメディア・広報メディアにお金が流れている

最近だと、Webでも単価のいい仕事が生まれているというお話も。

その中で印象的だったのは、「1時間の取材で数万円のギャラをもらえた」という事例。

これは、あるオウンドメディアでの実績だそうです。

なので、単価のいい仕事をしたいなら、お金を持っている企業のオウンドメディアを狙ってみるといいですね。

>>地方から東京への転職・就職を考える人が知らないとヤバいこと

>>【スマホアプリ副業】楽して稼ぐ仕事やバイトまとめ!主婦、大学生は2chも参考に

無口&書いた記事を告知するライターは重宝される

他に、ライターはSNSにおける振る舞いも気をつけないといけないよね、というお話も。

最近だと、特に若手で仕事関係のことを軽くつぶやいてしまう人がいるそうです。

そして、そういう人には仕事が巡ってこなくなってしまうんだとか。

>>今より収入を増やす方法とヒントまとめ(副業したい会社員、主婦向けのおすすめ投資も)

>>【こんな会社は腐ってる】古い組織にいる若者は重要な仕事もできないし、結果も残せない

売れっ子の書き手は無口

このように、口の軽い人は依頼主から遠慮されるので、売れっ子は必然的に無口になっているそうです。

あと、中川さんは自分が書いた記事は必ずSNSなどで投稿するようにしているそうです。

その理由は、寄稿先にアクセスで貢献するため。(実際、そういった投稿によって1000以上のアクセスを集められているそうです)

>>残業のない仕事が結構あることに最近気づいた

>>【保存版】一人でできる仕事に就くために必要なこと、仕事の種類、求人まとめ

テレビのコメンテーターは割りのいい仕事

あとは、物書き以外の仕事、特にテレビ出演の仕事はかなり条件がいいという話も聞くことができました。

その際のギャラを聞いたのですが、なかなか衝撃的でした。

あるテレビ局は、50分で3万円。地方テレビ局でも、30分で8万円。あるローカル局では1時間で6万円などかなり割りがいいそうです。

>>【2ch】楽しい仕事、楽な仕事、やりがいのある「おすすめ職業」まとめ

>>隠れ穴場企業がわかる!「業界内では有名なホワイト企業」を学生は知らないよね?その企業を教えるよ

副業として物書きで稼ぐのもあり

なので、物書きとして有名になったら、こういったバブリーな世界に足を踏み入れるのもいいなと思いました。

(ちなみに、原稿のギャラは1本5万円など、かなり景気のいい話が聞かれましたよ)

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べる!

>>【無料】ブログで月600万円稼ぐプロブロガーのメルマガを読む

>>無料メルマガはじめました!(お金の増やし方、副業がテーマです)

Webメディアへの営業はどうする?

これは、Webメディアの編集者と知り合うことに尽きるそうです。

実際、中川さんは関わっているメディアで、知り合いの方によく仕事を依頼しているんだとか。

なので、この話も冒頭のテレビブロスへの営業と同じで、自分からコンタクトを取ることが重要と語られました。(電話するなど)

>>新卒で自分だけ就職できない人(大学生)はどうする?その性格(特徴)もまとめ

>>誰もが知る有名な乗り物をつくってるのに無名!そんな隠れホワイト企業を知れるサイトがこちら

物書きになれるか知るために「強み」を知ろう

このように、学びの多いイベントに参加し、再認識したのは「強みを見つけて、それに取り組む重要性」です。

登壇者のプロの物書きは、「書くこと」という強みを生かしているからこそ、「30分で8万円」のような高単価の仕事ができているのです。

なので、物書きの仕事がしたいなら、こういった強みがあるかを以下の診断で理解しておきましょう。

>>大学院を辞めて就職浪人(既卒)として就活してたけど不利になることはなかったよ

>>定着率94%!隠れホワイト企業を紹介してくれるサイトでは「高卒から事業部長になった事例」も生まれてるよ

そうすれば、登壇者やぼくのように好きなことでガッツリ稼げるようになりますから。

僕が「物書きの仕事」に就くまで

あと、僕もプロブロガーという「物書きの仕事」に就いているので、その辺の話を書いておきます。

結論から書くと、書く仕事につくために必要なことは「書き続けること」です。

シンプルにこれだけです。

>>会社(就職)四季報と業界地図を見すぎて就活に失敗した話

>>ホワイト求人が見つかる就職・転職サイトを紹介

当たり前のことを淡々と続けよう

これをいうと、「キョトン」とされるんですが、これをできる人は本当に少なくて1%しかいません。

非常に大切なことなんですよ。

>>無料!ゆとりを持って働ける職場、残業なしの会社を見つける方法

>>「安定した優良企業とのマッチングを」をビジョンにしてる就職支援サイトがすごかった!ネットでも話題だよ

僕の実績「ブログで月600万円稼いでます」

なお、ぼくの実績は以下の記事で書いた通り。

>>月商600万円のメディア運営者として、ブログで稼ぐのに大事なこと、記事の書き方、失敗からの学びをまとめとく

これを読んだ人の感想はこちら。

このようにかなり好評で、1000人以上の方にブログノウハウの記事を購入してもらえました。

https://twitter.com/hijiriakichika/status/1015523362284531713

他の人からの感想も記事の中で読めるので、ブログで文章を書いてお金を稼ぎたい方はチェックしてみてください。

>>月商600万円のメディア運営者として、ブログで稼ぐのに大事なこと、記事の書き方、失敗からの学びをまとめとく

【大事な話の続き】みんな、数ヶ月で書くのをやめる

これまで、色んな人に「プロブロガーになりたい、ブログで稼ぎたいので、その方法を教えてください」と言われてきました。

その度に、「まずは1年続けてください」と言ってきたんですが、続けた人はいませんでした

続いて数ヶ月という感じですね。

>>日本の交通インフラを支えるあの会社も安定なのに無名!こういう会社、知りたくないですか?

>>未経験OK!年収もアップする求人を見つける

「気づいたら書いている」レベルじゃないと無理

そして、こういう人たちを見てきて、

1年続く人は、「気づいたら書いてしまっている人」、つまり「歯磨き感覚でかける人」なんだなと気づきました。

なので、書く仕事に就きたい方は、こういったノリで書く作業に向き合えるかはチェックした方がいいです。

>>人と接しない仕事、一人で黙々とできる仕事と実態を紹介しとく

最初の方は報酬を気にしてはいけない

あと、これも大事ですね。

ブログ始めたての頃は、時給50円くらいでしたけど、それを気にせず続けてるといいことあるんですよね。

半年くらい続けると、ストック型の収入が5~10万円入るようになるんですよ。

なので、書き続けないとダメですね。

ブログで600万円稼ぐ方法

初心者から中級者〜プロの人に好評な記事はこちらです。

>>月商600万円のメディア運営者として、ブログで稼ぐのに大事なこと、記事の書き方、失敗からの学びをまとめとく

ブログを書いて有名になると執筆依頼がくる

あと、ブログで稼ぐ以外だと、ライターをやって稼ぐ方法もあります。

ぼくはブログを書き続けて、ある程度してから、営業をしなくても執筆依頼がくるようになりました。

その値段は最高8万円で、おいしかったです。

このように、書き続けていると、単価のいい仕事もできるようになるんですね。

クラウドソーシングからスタートする場合

なお、僕の場合はブログスタートでしたが、クラウドソーシングから書く仕事で食えるようになる人もいます。

そうした人もとにかく書きまくって、書く仕事で生活できるようになっています。

なので、「まずは量産」は必須ですね。

なお、クラウドソーシングの場合、最初は1記事300円でも仕事して、

信頼(口コミ)を貯めて高単価の仕事にシフトして行くのがいいそうです。

ライターは有名媒体であれば、無料でも書くべき

フリーライターなど、自分でメディアを持たずに外部で書く場合もまずは信頼をためた方がいいですね。

今、有名メディアで書いてる売れっ子ライターさんも最初は1記事2000円の仕事とかしてますからね。

また、自分の名前を売るために、有名媒体であれば、安くても書いた方がいいですね。

知り合いを作っておくことも大切

あと、ライターの仕事は「知り合いにしか頼まない」ということも理解しておくといいですね。

仕事の発注側としては、「信頼できる知り合い」にしか仕事を頼まないんですよ。

なので、色んな人とつながって仕事を振ってもらえるように、しておくことも大切です。

>>【お金を増やすコツ】20代で1000万円以上の貯金がある僕がオススメするのはこの方法

>>【投資家も?】お金がないフリーター時代の体験談(賢く安全にお金を増やす方法、不安の解消法)

芸人を辞めてライターになった人も

ライター仕事は未経験でもなれます。

事例として、元・芸人、元・公務員、学生からフリーランスになった方などがいます。

彼らに共通するのも、「最初はがむしゃらにやった」というもの。

なので、書く仕事でご飯を食べたいなら、まず量を増やしましょう。

>>【保存版】一人でできる仕事に就くために必要なこと、仕事の種類、求人まとめ

向いてる仕事をやると、年収と仕事の満足度が格段に上がるので、おすすめ

物書きの意味とは?

物書きはライター、小説家、記者など文章を書いて給料をもらってる人たちのこと。

参照:ブログで稼ぐ方法と収入の仕組み(アドセンス、アフィリエイト)を基本から説明してみます

大きく見れば、ブロガー、アフィリエイターも文章で生計を立てている(ご飯を食べてる)ので、該当しますね。

物書きにオススメのアプリもある

参照:【保存版】ブログでアフィリエイト収入を得るのは可能なのか?始め方から稼ぎ方までまとめてみます

物書きの類語は?

同義語だと、作家、著作家、書き手がありますね。

参照:ブログのおすすめ!収入を得たい初心者のために6サービス(無料&有料)を比較しました!

参照:【プロブロガー直伝】WordPressでブログを作成する方法やおすすめのサーバー、使い方などまとめ

物書きという呼び方は失礼なのか?

「物書き」を失礼な呼び名と思ってる人もいるみたいですが、ぼくはそう思いませんね。

バカにするような言葉でもないですし、僕は言われても嫌な気はしません。

参照:WordPressブログ作成に欠かせないレンタルサーバーと独自ドメインはエックスサーバーで契約しよう

物書きのアルバイト、パート仕事はある?

あと、アルバイトや複業・兼業しながら物書き業をする人もいるようです。

>>新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

>>web系プログラマーを辛い、辞めたいと思って1年で辞めた人間がその理由と当時の生活書いとくよ

>>web系プログラマーを辛い、辞めたいと思って1年で辞めた人間がその理由と当時の生活書いとくよ

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「甘えベタは出世しないらしいよ」

フォロワー数が多くても本が売れない

あと、フォロワー数と出版本の売り上げは比例しないなんて話も。

こうした事実を知って、買ってくれる読者に見つけてもらうことが大切なんだなと学びました。

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。