日本人は働きすぎ!週5×8時間も仕事できないと思うなら海外の働き方に注目しよう

公開日: : 最終更新日:2016/05/27 仕事を辞めたい, 仕事・キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸福な国オランダの真似をしてワークシェアすれば幸せかも

不幸な国「日本」と幸福な国「オランダ」では、働く事への考え方が大きく違うという事をご存知でしょうか?

オランダでは、同一賃金・同一労働の考えに基づき、フルタイム労働者とパートタイム労働者の労働格差が禁止されています。

それは、社会保険制度への加入、雇用期間、昇進なども含まれます。このような仕組みがあるため、オランダでは週3日だけ働く公務員もいるのです

これって、めちゃくちゃ羨ましいですよね。日本で、労働時間が長くて大変な思いをしている人には、ぜひとも読んでほしい記事です。

オランダでは正社員とパートの差がない

オランダでは、パートタイムで働く事が浸透しており、週休3日や週休4日で働く人がいます。驚きなのは、警察官の2/3がパートタイムだということ。

他にも、学校の先生もパートタイムで成り立っていて、ワークシェアリングの仕組みがしっかりしています。そのおかげで、働く人の労働時間が少ないのです。

パートタイム労働により1人あたりの労働時間も少ない

厚生労働省の「今後のパートタイム労働対策に関する研究会」の資料を見ると、オランダにおけるパートタイム労働者が多いとわかります。ちなみに、データは2009年のもの。

就業者1人当たり
年間実労働時間
週労働時間50時間以上
の者の割合(%)
パートタイム労働者
の割合(%)
日本 1,714 28.1 20.3
オランダ 1,378 1.4 36.7

データからわかるのは、オランダでは、1人あたりの労働時間が日本と比べて圧倒的に少ないこと。その原因は、パートタイム労働者が多いから

さらに、年齢別で見ても、オランダではパートタイム労働者が多いとわかります。

オランダにおける自由な働き方

このように、パートタイム労働者が多いのは、正社員と賃金が同じだったり、社会保険などの条件が平等だったりするからですね。

失業時の手当ても厚い

さらに、失業した際のセーフティネットが手厚いことも柔軟な働き方を支えています。オランダでは、失業時の給付制度が充実しているんです。

就労時収入との比率(%) 給付期間(ヶ月)
日本 62% 8
オランダ 74% 24

日本では正社員になれなかったら、終わりという考えがありますが、オランダではそうじゃありません。

稼ぎたい人は正社員になって週5日働いて、そうでない人は好きな時間だけ働くというスタイルをとる事ができるのです。これは私が会社員時代に憧れていたスタイルです。

もし、オランダで生活しているなら、「週4日働いて最低限暮らせるだけのお金を稼ぎ、あとはブログを書く時間に充てる」という生活を夢見ていました。

このように、週3くらいで確実に稼げる仕事をして、それ以外はストレスのない好きな仕事をして暮らす生活も素敵ですよね。労働時間とストレスが減りますから。

日本でも週3OKの会社が増えている

日本では、こうした働き方が根付いていませんが、最近は週5勤務じゃなくてもOK、リモート勤務でもOKの会社が出てきています。

転職求人サイト「DODA」を見ると、そういった求人がチラホラ見られます。

週3だけ働くスタイルが可能な求人
DODAに掲載されている求人

また、年功序列制度が限界を迎えていることもあり、将来的には、給料が安い代わりにゆとりがある働き方も選べるようになっているかもしれません。

なので、日本の今の働き方は、近いうちに終わるということも認識しておくべきでしょう。

インターネットで稼げる職種なら柔軟に働ける

また、プログラミングなどIT系のスキルがあれば、「レバテックフリーランス」で柔軟に働ける仕事を見つけることもできます。

最近だと、週3OKの常駐先もありますし、こういった事実は知っておいて損ないです。こうやって、柔軟な働き方を手に入れることも可能なのです

特に、子育てをしながら働きたい人には、非常にメリットのある働き方です。

こう考えると、インターネットがあればできる仕事(プログラマー、デザイナー、ブロガー、ライター)に就くのが労働時間を減らす、もしくは柔軟に働くために必要なんですよね

こうしたことも覚えておきたいところ。

参照:ブログのおすすめ!収入を得たい方のために5つを比較しました!

参照:ブログで稼ぐ方法と収入の仕組みを1から説明します

参照:ブログで広告収入を得られるアドネットワーク5つをまとめました

スポンサーリンク

働く時間を減らすためにムダな仕事をなくす

働きすぎている問題を解決するには、海外の働き方に注目する以外にも方法があります。それは、いまの会社でも取り組める方法です。

ムダな作業をなくせばいいんです。例えば、会議。フリーランスになって気づきましたが、会議はほとんどがムダです。

会社員の方と会議をすることがあるのですが、とりあえず集まりましょう、という場合が多く、話す内容を固めていいないのです。なので、会議がダラダラしてしまい、時間がかかってしまいます。

会議の時間を減らせばもっと早く帰れる

しかし、事前に話すべき内容を決めて、あとはYESかNOか言えばOKくらいまで精度を高めれば、会議の時間を減らせるはずです。

また、会社員時代によくあったのですが、偉い人ほど会議に参加させられるというのがありました。しかし、下の人たちに意思決定権を持たせれば、その必要もなくなります

なので、労働時間を減らすために、まずは会議にかける時間に着目しましょう。

誰でもできる事務作業は任せる

他だと、誰でもできる事務作業を他の人に任せることでも、労働時間を減らすことができます。

これもフリーランスになってわかったことです。事務作業は本当に手間がかかるんですよ。しかも、これって別に自分がやらなくてもいいんですよね。

本来なら、自分にしかできない仕事に時間を割かなければならないのに、それを時間を取られるなんておかしな話です。さらに、作業をやることでストレスをためてしまうこともあります。これは非常にもったいないこと。

なので、自分以外の人でもできる仕事は庶務さんや新卒で配属されたばかりの新人などに任せてしまいましょう。あなたには、もっとやるべきことがあります。

そうすれば、労働時間も減るはずです。このようにして、会社員でも今の働き方を維持したまま「働きすぎ」を防ぐことができるんです。

スポンサーリンク

常識を疑うことで理想的な働き方を手に入れられる

紹介してきたように、日本で当たり前となっている働き方は、海外からすれば異常です。労働時間は長いし、柔軟性もありません。

なので、そうした非常識さに気づき、それを変えられないか考えてみてください。今なら、週5で働く必要はないし、リモートOK、副業OKの会社があります。

また、業務の中でも工夫次第で労働時間は減らせます。まずは、周りの常識に疑問を持ち、取り組んでみてください。

>>「DODA」のサイトはこちら

>>レバテックフリーランスのサイトで仕事をチェック

ではまた!

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!