新卒で入った会社を後悔する必要なし!大企業以外のファーストキャリアの選び方(入るべき会社などない)

こんにちは。新卒で入った会社を1年でやめたタクスズキです。

この記事では、「会社選びはそんなに大切じゃない」という話をしていきます。(1社目選びに迷ってる人後悔した人に役立つ記事になってます)

なお、この記事を書こうと思ったきっかけは、就活から付き合いがある友人と話したこと。

彼はネット系ベンチャーに勤める社会人3年目。驚くことにMVPをとったそうです。

そして、その業績が認められ、次は会社の新規事業を立案する仕事をするんだとか。

>>【20代の学生、社会人向け】まわりが知らない優良企業を知る方法

入社後に巻き返しできる

彼の話から、

就活で狙った会社に入れなくても大丈夫。後から巻き返して楽しく仕事をする道がある

ということを学びました。

>>入社して後悔しても大丈夫!このサイトで隠れホワイト企業が見つかります

また、これをきっかけに自分の就活も振り返り、就活で後悔しないために必要なことも考えてみました

後半にそれをまとめているので、参考にしてみてください。

【先に結論】仕事選びで悩んでる学生(フリーター)や社会人この記事を読みましょう。

そうすれば、以下のユーザーのように満足できる職場を見つけられますので。

年収1.6倍のアップ

※以下の動画もオススメです

スポンサーリンク

【必須知識】大事なのは、入社後のがんばり

なお、MVPをとった彼もそうですが、僕も社会人になってからのがんばりで、就活の後悔を消せました

新卒では、もっと有名なベンチャーに入りたかったのですが、最終で落ちてしまい、就活に後悔があったんですよね。

でも、社会人になってからは、天職である「書く仕事」を頑張ったことで

社会人同期の何倍もの年収を稼げるようになってます

>> 【実践してわかったオススメ副業】月35万円も可能!その種類や実績を紹介

スポンサーリンク

向いてる仕事を頑張ってれば、就活の後悔は忘れる

僕がこのように成果を出せたのは、天職を見つけて、その仕事でコツコツ努力できたからです。

なので、ぼく同様、就活の後悔を忘れたい方は、まず「向いてる仕事」を見つけてその仕事をがんばってみてください

>>就活で後悔した社会人におすすめのサイト

>>就職してから後悔したくない学生にオススメのサイト

働いてから後悔しないために強みを知ろう

そして、「天職」を見つけるのに、以下の診断が役立つので活用してみてください。

これにより、自分の強みも理解できますので。

【学生向け】就活で後悔したくないなら

なお、就活で一度も失敗(後悔)したくない学生やフリーターなどの若手は、「ハタラクティブ」というサイトを使うといいですよ。

このサイトを使うことで、後悔しない会社選びができ、満足して働けるようになります

実際、以下のように就活に成功した人をたくさん生んでます

なので、まずは無料でサイトを使ってみるといいです。

内定率80%以上!

>>ハタラクティブのサイト

入社三年目でやりたい仕事を楽しんでいる友人

では、本題へ。

MVPをとった彼は現在、やりがいある仕事をやっていて楽しそうでした。

入社三年目でMVPに選ばれ、やりたいことを任されたわけですから、理想的なキャリアを歩んでいるわけです。

わずか三年目でこれだけ結果を出すケースは稀です。いろんな就活同期の話を聞きますが、彼が一番成果をあげています

>>隠れホワイト企業を教えてもらえるサイトがいま人気

1社目で人生なんて決まらない

このように順調に見える彼ですが、就活では苦戦していたんですよ。

バンバン内定を取るようなスーパー学生じゃなかったし、志望企業にも落ちていました

通常、就活だけで見れば、人気企業に内定した人の方が「将来有望でキラキラしたキャリアを歩めるのでは?」と思われがちです。

>>就活に失敗したくない新卒学生へのオススメ記事

ファーストキャリアで人生決まらない

しかし、3年後の結果は大きく異なっています。

こうなる理由は、キャリアは入った会社で決まるのでなく、入社後の仕事で決まるからです。

入社した会社で腐らずに仕事すれば、彼のように理想的な道を歩めるんですよ。

>>入社して満足できるホワイト企業を知る

入社する会社で人生なんか決まらない

例え、有名な大企業に入ったとしても、やりがいのある仕事ができるなんて限らないし、「つまんないな」と思いながら仕事をすることだってあります。

現に、僕の周りにも就活の時、学生に人気だった企業に入って「辞めたい」と言っている人もいます

そういった会社に入った後、転職してしまった友人もいます。

>>入社して後悔しない会社とは?

学生レベルの知識で選んだ会社など、たかが知れている

就活時のつたない知識で選んだ会社なんて、そんなもんです

だからこそ、就活で志望企業に入れなかったからといって、落ち込む必要はないんです。

志望企業に入れなくても、入社後に活躍できるケースはありますし、有名企業に入った就活同期よりも楽しく仕事をするなんてこともあります

なので、これから就職活動をする学生さんは、入る企業でそんなに悩まないで下さい。

>>就活の悩みをなくす方法(いま人気です)

「今あるカードで勝負するしかない」by スヌーピー

大事なのは、入社してからです。

いくら有名企業に入ったとしても、入社後にがんばらなければ、理想的な働き方はできません。入った環境での活動が大事なのです

>>隠れホワイト企業を見つけたい就活生、転職希望者は「みんなが知らない超優良企業」を今すぐ読むべき

好きなことで稼げてます

>>ぼくのように楽しく働く方法

目の前の仕事をがんばろう

これは、与えられた環境で頑張れなかった僕が言うのですから、間違いありません

なので、新規事業を任された彼のように、まずは目の前の環境で頑張ってみてください。就活の悔しさはそこで挽回できますよ。

>>【社会人向け】満足して働ける会社を探す

就活で後悔しないために必要なこと(会社の選び方)

では、最後にこれから就職活動する人たち向けに、後悔しないために準備しておくことをまとめておきます。

>>仕事のモチベーションが低下してた会社員時代にやっておきたかったこと

好きなことで稼げてます

>>ぼくのように楽しく働く方法

1. 大企業ばかり受けるな

多くの就活生がこれで失敗します。

有名な企業に入った方が安定してそうだし、周りに自慢できますが、これはやめたほうがいいです。

シャープの例を見れば明らかなように、かつての人気企業も数年後には「リストラをバンバンやる会社」になっている可能性もあります。

どの会社に入っても安定などないのです。

>>会社に依存せず生きるために自分で稼ぐ方法を知る

>>転職後、失敗してすぐ辞める人の理由とそうなった時の対策!出戻りでも時期には気をつけよう

学生時代の人気企業はすぐ変わる

僕が学生の頃に人気だった「東京電力」も、震災を機に大変なことになっています。

>>きつい仕事ランキングまとめ!会社を辞めたいと思ったら参考にしてみよう

>>まったりと精神的に楽な仕事をしたっていい。仕事は辛くなくっていい

>>【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

大企業で若い貴重な時間をムダにする場合も

あと、バリバリ働ける若いうちにまったりホワイトな会社でのんびり過ごすのは非常にもったいないです。

若いうちは失敗してもリカバリーできるため、どんどん挑戦できます

そうやってアクティブに働いていけば、経験値を貯められて30代以降の貴重な資産となります

>>【口コミ】本当に稼げる副業ランキング!スマホで安全に儲かるものを紹介

大企業でのんびり働いたって何も残らない

一方、大企業で事務作業とか与えられた仕事をのんびりしているだけじゃ、スキルは身につきません

仮に、30歳過ぎて「そろそろ外の世界を見たい、転職したい」と思っても、転職市場で評価される価値がないので、転職できないんですよね。

>>【0円起業】副業でも一人で、資金なしで始められる仕事(商売)まとめ

>>年収が高いwebベンチャーにおけるエンジニアの仕事内容がエグすぎる件

大企業で過ごすと力がつかない

結果、会社に依存し続け、1社目の中でしか生きていけない社畜になるので。

なので、ぼくは新卒で入るべき会社(業界)は大企業でなく、IT・webベンチャーと思っています。

>>【大企業とITベンチャー】リクルートなど副業・兼業OKな会社65社まとめ

>>第二新卒で失敗を回避!転職の成功事例、大手は無理?、おすすめベンチャーはどこ?やり方は?を書いてみる

大企業ブランドは確かに大きいが

「転職市場では大企業がブランドになって有利になる」と主張する人もいますが、それはある意味正解です。

入社するまでは。

しかし、「入社後、期待に応えられず退職」なんて話も聞くんですよね

>>【体験談】第二新卒の就活は厳しい?大手に就職できない?苦労や甘くない転職の現実も紹介

>>脱サラしても失敗しにくい仕事(職業)は何か?成功例からおすすめを書いとく

>>「起業(独立)したいけど何をすれば?」「アイデアがない、お金がない」と思ってる人向けに対処法書いたよ

大企業時代の年収は高すぎる

どういうことか。ざっくり言うと、「年収のミスマッチでの退職」です。

大企業社員というのは、そのブランド力から期待され、能力が高いと採用側に思われています。

なので、採用ベンチャーからしたら「高いな」と思うような年収でも、とりあえず採用までは至るそうです。

しかし、実際に働いていて予想以上に仕事ができず、「年収に見合った仕事ができてない」という理由で言及を迫られるそうです。

>>フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

参照:新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

適正年収を把握しないことの怖さ

そして、それに不安を感じた元大企業社員はまた別の会社に転職し、そういったことを繰り返していくのだそうです。

大企業時代の年収は、「お金に余裕のある大企業にいたからこそもらえていた」と気づかずに

こんな感じで、大企業に入ると自分の市場価値を勘違いし、転職に失敗してしまうこともあるので、

ぼくは人生最初に入る会社は大企業じゃなくていいと思っています。

>>既卒就活の実態や成功者の体験談まとめ: 採用OKの大手や書類、面接の突破方法を紹介

>>IT業界求人サイトの「未経験でもプログラマーになれます」は本当なのか?

大企業は倍率が高いからキツい

また、大企業は多くの学生が受けますから倍率も上がります。そうした状況で内定をもらうのは難しいです。

倍率の高い大企業ばかり受けていると、選考に落ちまくって、気づいたら内定0で卒業を迎えるなんてことがよくあります。

そうならないためには、大企業以外の中小企業を受けることが重要なのです。

>>web系プログラマーを辛い、辞めたいと思って1年で辞めた人間がその理由と当時の生活書いとくよ

穴場企業を探す重要性

調べないとわかりませんが、中小企業にもホワイトな優良企業があります。

参照:就活・転職で!年収と労働環境がホワイトな優良中小企業を紹介するよ

こういった会社を狙うのも、就活では大事なのです。なお、ベンチャー編は以下の記事を参考にしてください。

参照:ベンチャー企業ランキングは参考にならないので、経験者として転職したらお得な会社まとめとくわ

2. 「すべり止め」を用意しておけ

中小企業を受けて、とりあえず内定をもらっておくことは重要です。これがあるだけで、就活におけるプレッシャーが和らぎます。

受験でもそうですが、入るところがあるという安心材料があれば、思い切って活動できるようになりますし、いい結果も出ます

なので、どんな会社でもいいので、まずは内定をもらっておきましょう。

>>「プログラミングをやると就職で有利になる」という理由で始めて仕事にすると後悔するよ

3. 「すべり止め」を確保する過程で面接練習を

また、すべり止めを確保しようとすれば、いろんな企業の選考を受けることになります。それが本命を受けるための練習になるんですよ。

就活では、面接が鬼門です。

やってみるとわかりますが、初めての面接では思った以上にうまくしゃべれません。

言葉がうまく出てこず、伝えたいことの半分も伝えられないのです。

僕はこれで失敗しました。

>>「IT業界に転職したいけど未経験だ」って人が求人を見る前に知っておくべきこと

リハーサルをしておこう

なので、第一志望の企業を受ける前にいろんな会社の面接を受けて練習しておきましょう。

そうやって慣れていけば、本命企業の面接でうまくしゃべることができます。

参照:地方から東京への転職・就職を考える人が知らないとヤバいこと

エージェントに面接対策、履歴書チェックをしてもらおう

こういった面接対策やES(履歴書)チェックではエージェントを頼るといいです。

「ジェイック」のエージェントに就活の無料相談ができるのです。

>>「正社員経験なし」「フリーター」でも安定企業に就職できる時代!無料研修で「仕事探しの不安」もなくなるから、ジェイックは使った方がいいよ

他にも無料で手厚い就活ケアをしてもらえるので、就活が不安なら頼っておくといいですよ。

>>定着率94%の衝撃!隠れホワイト企業を紹介してくれるジェイックでは「高卒から事業部長になった事例」も生まれてるよ

4. 書類は社会人に見てもらえ

また、履歴書、エントリーシート(ES)を社会人にチェックしてもらうことも忘れずに。

一人で書いていると、誤字はもちろん、「こんなのじゃ通るわけないよね?」ということに気づけません。

ひとりよがりな文章になってしまうのです。

参照;転職エージェントと面談してきた!おすすめの非公開求人とか服装についてメモしとく

>>新卒でとりあえず就職したら後悔し転職したくなった:この就活は失敗だったのか?

社会人に「刺さる訴求方法」を学べ

ESでアピールする際はコツがあり、それを理解した上で書かなければいけないのです。そのために必要なのが社会人にチェックしてもらうこと。

第三者に見てもらうことで、うまいアピールの方法を知れるし、社会人に刺さる文章を書けるようになります。

なので、ES、履歴書を提出する前に必ず働いている人にチェックしてもらいましょう。

参照:新卒入社6ヶ月で転職し年収170万アップ!若手が転職で成功するためのコツを聞いてきた

5. 活動をES以外でアピールする

また、アピールはたくさんした方がいいです。最近は、就活生のレベルが上がっていますから、書類だけのアピールでは埋没してしまいます。

なので、より注目されるためにもブログやSNSを活用しましょう。

そこで、これまでにやってきたこと、就職活動でやっていることを書けば、よりあなたのことを理解してもらえます

>>定時で帰れる仕事&休みが多い仕事はここにありました

>>就職失敗は人生終わり?内定ゼロだった僕の末路は「狂った」どころか「見事な逆転」でした

人事にSNSの活動を積極的に見せる

僕は就活でFacebookを活用して、意識的に頑張っている活動を投稿するようにしていました。

当時は、企業の人事の方ともつながっていたので、そうした活動を見てもらっていたんですよね。

これをやることで「頑張ってるやつ」と認識され、いい印象をもってもらえました。

このように、活動を発信することは大切なのです。

>>仕事辞めたいって、日本で働いてたらそう思うのも無理はない

就活で失敗しても大丈夫

紹介してきたように、就活で理想通りの会社に入れなくても後悔する必要はありません。入社後にいくらでもリカバリーできます。

また、新卒で就職に失敗しても、既卒・第二新卒向けの就職支援サイト「ジェイック」を使えば、また就職できます。

なので、不安にならずに活動してみてください。そして、後半で紹介したことも実践してみてください

転職サイトでは第二新卒特集が

転職サイトにも第二新卒向けの求人は載っていて、経験のない若者でも再チャレンジできる環境はあります。

リクナビの第二新卒

ジェイックでも「第二新卒特集」を組むくらいですから、企業としても採用ニーズがあるんですよ。

リクナビの第二新卒

新卒で入る会社を間違えた人向け

あと、求人サイトにはグッドポイント診断があり、これを受けると自分の強みがわかるようになります。

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

これによって、転職でアピールできことを見つけられるようになるので、この機会に診断を受けてみてください。

ではまた!

次回予告「2013年入社組は、GREE、DeNA、ミクシィの価値の変わりように衝撃を受けてるはず」

就活を成功させるために

>>【リアルな口コミ】ネットビジョンアカデミーが講座、就職支援を無料でやれる理由、シェアハウスの実態を生活者に聞いてきた

>>未経験から公務員並みに安定したエンジニアになれる!スキルが身につく講義や就職支援も無料で、上京費用もゲキ安!これはかなりお得だね

Webプログラマーになるには独学でもOK?

>>Webプログラマーになるには独学でもOK?未経験可?←経験者として答えておきます

>>新卒1年目で転職活動し社会人2年目で退職!正社員を辞める勇気がかなり必要だった

>>【仕事で大失敗した経験談】ミスが続いてヘコみ、不安で気まずい時の対処法

>>新卒1年で会社を辞めたけど後悔は一切なし!退職の切り出し方、必要な手続き・書類まとめ

将来性のある業界や、おすすめ職種

>>転職未経験の20代におすすめの職種・業界:女性が復帰しやすい職業や選び方もまとめ

>>新卒入社し実感!ベンチャー企業のメリット・デメリット(自由とやりがいはイメージ通り)

>>とりあえず適当に就職はダメ!妥協すると後悔し転職したくなるよ!就活やらないのは論外

>>【学生、フリーター向け】まわりが知らない優良企業を知る方法

1社目がダメでも2社目や独立して努力すればいい

>>フリーターから正社員就職は難しい?25歳〜20代後半の体験談、高卒バイトからの成功例もあり

>>転職する?やりがいのある仕事ランキング:男性、女性に「人の役に立つ仕事」も紹介

参照:やりがいのある仕事に就かなくても大丈夫!本当に重視すべき軸を決める方法を紹介

>>転職に成功する人、失敗する人の違いを事例と共にまとめてみた

>>大企業から(中小)ベンチャー企業への転職で失敗しないために必要なこと

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。