【評判、口コミ】ジョブクルアプリで求職活動はできるのか?求人を元に感想書く

公開日: : 最終更新日:2017/09/27 仕事・キャリア, 転職で失敗して後悔しないために

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは転職についてどんなイメージをお持ちでしょうか。

僕はIT業界にいたので、数年単位で頻繁に行われるものだと思っていました。

でも、周りの友だちに話を聞くと全然イメージが違うことに気づいたんですよ。

「転職=ハードルが高い」と思っている人たち

こんなイメージを持っているようなんですよ。

「転職したいとは思うけど、何をすればいいかわからない」

「転職求人サイトには登録してるけど具体的なアクションは起こしてない」

「転職エージェント?何それ?」などなど。

転職のニーズがあるにも関わらず、転職について理解できてないわけです

それゆえ、転職をハードルが高いものと認識してしまうのです。

スポンサーリンク

ジョブクルでカジュアルに転職活動する

実際、上記の事例に「あるある」と思った方もいるはず。

でも、もう大丈夫です。転職をもっと身近に感じて、サクッと行動を起こせるようになります

これから紹介するアプリ「ジョブクル」を使えばいいのです。

ということで、サービス運営代表の仲子さんにお話を聞いてきました。

※運営会社は、株式会社smiloops(スマイループス)

スポンサーリンク

チャットで転職エージェントに相談できてしまう

ジョブクルとは、チャットで転職相談ができてしまうアプリです。

会いにいける転職エージェントが増す時代!「ジョブクル」はチャットで転職のハードルを下げる

しかも、相手はプロの転職エージェント。そんな方にLINE感覚で気軽に相談できてしまうんです。

会員登録もLINE感覚

ジョブクルの売りである気軽さは、チャット相談だけにとどまりません。

会員登録の気軽さもヤバいんです。なんと、1分で会員登録が完了します。

これまで、転職求人サイトでは、PCからの閲覧を前提としていましたから、

入力フォームにて複数項目を記入しなければなりませんでした。

僕も、複数サービスで経験したのですが、これって結構ツラいんですよね。

ジョブクルなら会員登録が1分で完了!すぐ使える

その大変さから、入力フォームで落ちてしまった方もいるはず。

でも、ジョブクルなら生年月日、

会いにいける転職エージェントが増す時代!「ジョブクル」はチャットで転職のハードルを下げる

転職回数、直近の年収、直近の業種、直近の職種、会社名、転職意欲、

希望の業種、仕事の軸、仕事の軸(Part2)だけで会員登録が済んでしまうんです。

会いにいける転職エージェントが増す時代!「ジョブクル」はチャットで転職のハードルを下げる

この手軽さから、僕が登録にかかったのは1分くらいでした。

求職者の年齢、会社名、年収でだいたいの判断ができる

サービス運営者の仲子さんによると、入力項目を最小限まで絞った理由は、

「会員登録後のチャットで、最低限必要なものだけを入力してもらうようにするため」

とのこと。

エージェントは、求職者の年齢、会社名、年収があればだいたいの判断ができてしまうそうです。

だから、この3つを確実に入力してもらえるようにしているんですね。

チャットではエージェント相手でもカジュアルなやり取り

あとは、チャット画面に進んでプロのエージェントと

会いにいける転職エージェントが増す時代!「ジョブクル」はチャットで転職のハードルを下げる

チャットをするだけ。

会いにいける転職エージェントが増す時代!「ジョブクル」はチャットで転職のハードルを下げる

LINE感覚で気軽に相談

自分が質問し、相手から返信があった際は、LINEのようにプッシュ通知が飛んできます。

ちなみに、マッチングするエージェントは会員登録時の質問に応じて変化し、

自分に適したエージェントがチャットリストに表示されるようになっているそうです。

転職エージェントの方々は、仲子さんが人づてに紹介してもらった方々。

なので、人の紹介というフィルターを通した”信頼できる面々”が揃っているんです。

ジョブクルを使ってみる>>アプリストアへ(iOSとAndroid両方あります)

「やりたいことがぼんやりしてます」レベルでも相談可能

チャットでの相談内容は、以下のように多岐にわたるそうです。

「やりたいことがぼんやりしていて、どんな会社が自分に合うかわからない」

「やりたいことはあるんだけど、それができる会社を探したい」

「自分の経験を生かせる会社はどこか」

チャットも、堅苦しいわけでなく、カジュアルにやり取りしているユーザーもいるとのこと。

「イメージはpairs」「内定よりもまずは出会いを大切に」

仲子さんによると、チャットによって気軽に転職相談ができる構想は男女のマッチングアプリ「pairs」に近いんだそうです。

会いにいける転職エージェントが増す時代!「ジョブクル」はチャットで転職のハードルを下げる
参照:マッチングアプリまとめ

>>【評判】マッチングアプリの違いを比較!おすすめ4つの感想を書いておく

「まずは企業とマッチしてみる」という思想

ジョブクルでは、pairsのように、マッチしそうな相手を結びつけて出会いの数を増やし、まずは話をしてもらう。

そこから先の

「転職するかしないか」

は両者に決めてもらう」という使われ方をイメージしているんだとか。

これまでの転職系サービスはお見合いのようなもので、

転職先への内定、立場を変える事がゴールになっていました。

しかし、ジョブクルはまず出会ってもらうこと」をゴールにしています。

ここがサービスの肝なのです。

ゆくゆくは転職版ゼクシィに

さらに、仲子さんは「結婚マーケットと転職マーケットは似ている」と語ります。

前職では、結婚情報メディアとして有名なゼクシィに携わっており

ネット全盛の時代にゼクシィの紙版が売れ続けている理由を考えたそうです。

その時に、

新郎新婦が結婚しようとなった時、何をすればいいかわからない。

そもそも、Googleで何を検索ワードにしたらいいかわからない。

だから、調べようがない

となっていることに気づきました。

結婚してから式までの流れ

そこで、気づいたのが以下の流れ。

新郎新婦はとりあえずゼクシィを買う

ゼクシイを読んで、やるべき事がわかる

補足で、ネットで調べることが可能になる

意思はあるけど何をすればいいかわからない人をアシスト

この経験から、

何もわかっていないユーザーをアシストすることが重要

と気づき、ジョブクルでも

「転職で何をすればいいかわからないユーザー」

を対象とすることに決めたのです

だからこそ、「まずは気軽にチャットで相談」というスタイルを採用しているんですね。

マネタイズはあまり考えていない。スカウトメールが反乱しないように

お金の面で言うと、マネタイズはあまり考えていないので、完全無料で提供中です。

なお、既存サービスのように

成果報酬(求職者の内定が決まったら、転職先企業から年収の30%をもらうモデル)

は考えておらず、求職者へのスカウトメールが反乱しないような仕組みをつくっていくそうです。

また、企業からのスカウト送信を考えているとのお話も。

大事だから何度も言うぞ「チャット!チャット!チャット!」

仲子さんの話を聞いて思ったのは、ユーザーの行動ハードルを下げるために、

チャットが採用されていくということです。

まさに、グノシー採用チャンネルが実践するように。


参照:まだ入力フォームで消耗してるの?とは言わないけどチャットならコンバージョン上がりますよ

【追記】最近だと、保険相談、銀行の口座開設もチャットできますから、やはり必須機能になりましたね

「転職しようかな」と思ったら、チャットで相談

既存の転職サービスはある程度、転職意欲の高い人たちを相手にしていました。

しかし、ジョブクルはもっと前の段階にいる層をターゲットにしています。

「転職したいんだけど、何すればいいかわからない」といったように。

チャットを転職のきっかけに

ジョブクルでは、

まず転職へのぼんやりした感覚をチャット相談により明確にして、

企業選び、面接へ進めていくという流れになります。

なので、ぼんやりとでも「転職したいな」と思ったら、ジョブクルを使ってみてください。

無料で使う>>「ジョブクル」のアプリ

求人はどんなのがある?

なお、求人は自分が登録しているプロフィール情報をもとに提案されるのですが、

2222
(僕のプロフィール。入力項目が少なくても、求人くる)

僕の場合はベンチャーが多めです。

1

これはプロフィールを変えれば、提案される求人が変わるのかもしれませんね。

求人を自分から探すことも可能

なお、求人は自分から探すことも可能。

自分が指定している条件をもとに、いくつか提案されるので、Tinderのようにスワイプしていきます。

Jobkul

このように、休み時間、スキマ時間で仕事探しができるんですね。

履歴書が簡単に作れるみたい

なお、良いと思った企業に応募すると、履歴書の提出を求められます。

333333

履歴書は、住所、卒業学校名などをチャットで送ると、テンプレートにあててざっくりしたものを作ってもらえます。

これは便利な機能と思いましたね。

ネットの口コミ、評判

こんな口コミを目にしました。

確かに、チャットの使いづらさは気になりますね。

ただ、以下のような前向きな意見も。

というわけで、興味のある方は使ってみてください。

>>無料でアプリを使う

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!