落ち込みやすい人は100年先のことを考えよう

公開日: : 最終更新日:2015/07/08 おすすめ本, ビジネス書のおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

悩みやすい僕にとって参考になる教えがあったので、紹介します。それは『心配ぐせを直せばすべてが思いどおりになる』という本に書いてあった言葉。

僕同様、悩みグセのある方は参考にしてみて下さい。

100年後にその悩みはどうでもよくなっている

それがこちらの一節。

アメリカの心理学者リチャード・カールソン氏は、著書『小さなことにくよくよするな!』(サンマーク文庫刊)の中で、「一〇〇年後はすべて新しい 人々」という考え方を推奨している。

「いまから一〇〇年後を視野に入れると、人生の危機やストレスに対して客観的な視点に立てる」と言うのだ。  

たしかに氏が言う通り、私たちの心配事など、一〇〇年もたてば意味のないことばかり。仕事で失敗しようが、お金がなくて困ろうが、人から嫌われようが、 その瞬間を覚えている人や気にする人は誰もいないし、それに苦しむ自分自身ももやは存在しない

個人のことなどおかまいなしに、時間は流れるのである。気にしてもしょうがない、と氏が言うのも一理あるところだ。  

現時点の悩みなんて100年後を考えれば、どうでもいい悩み。覚えている人なんかいないし、その時点の苦しみを本人さえも忘れてしまいますよね、という話です。

5年後ですら今の悩みを覚えていられるか分からない

例えば、「収入を安定させるためにはどうしよう」とか「この生活を続けていけるんだろうか」などのシビアな悩みから、「宝くじを買い忘れてしまった。」といったライトな悩みまで。

こんなものは100年後、きっと忘れているでしょう。ともすれば、5年後にだって忘れている可能性があるわけです。実際、僕は5年前に悩んでいたことなんて思い出せません。

そのくらい、当時の悩みというのはくだらなくて、悩む必要のないものなんです。

5年前の悩みを思い出してみると、覚えていないもの

みなさん、5年前に悩んでいたことを思え出せるでしょうか。たぶん、思い出せる人はごくわずかだと思います。

ですので、いま悩みがあって辛いという人は100年後、10年後、5年後の自分を思い浮かべて、こんな悩みを未来の自分が覚えているだろうか、という視点を持ってみて下さい。

そうすれば、楽になるはずです。現に、この考えを取り入れてからは悩むことも減りました。効果がある方法ですので、実践してみて下さい。

ではまた!(提供:らふらく^^

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!