ブログで強く主張しなくてどうすんの?書きたいこと書こうぜ!

公開日: : ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにコメント欄などで「自分の意見を押し付けないでください」とコメントされる事があります。その度に僕は「え?何言ってんの?」と思ってしまいます。だって、ブログってそういうものですよね。自分の意見を主張してナンボじゃないですか。

「意見を押し付けないでください?何言ってんの?」

Pardon me sir
Pardon me sir / rezsox

ブログって日記ですよね。思った事を書くべきだと思うんですけど。
その人の考えが読めるからブログって価値があるんじゃないですか?

自分の考えをマイルドに表現した文章なんて面白くないですよ。そんな文章が当たり前になったら金太郎飴のような均質化したメディアが量産されてしまうじゃないですか。

参照:同じようなコンテンツばっかりでつまらないと思うのは僕だけですか?

ブログはその人の偏った考えが投影されるから面白いんですよ。だって、そうでしょ。僕が好きなブログである中川さんのブログとかイケダさんのブログはまさにそうです。個人の強い主張がちりばめられています。

それ故、お2人の文章はめちゃくちゃ面白いのです。それは自分の忌憚の無い意見をブログにぶつけているからですね。こうした記事はその人にしか書けません。再現性の無い貴重なコンテンツなのです。

スポンサーリンク

意見は読み手が咀嚼しなければならない

「意見を押し付けないでください」という方は、読み手が僕の発信した情報を信用してしまう可能性があるから、もっとマイルドに書いてくださいと主張したいのかもしれません。

でも、その考えすら間違っていると思うのです。
読み手は情報をしっかりと自分の中で咀嚼して「それが良いのか悪いのか」を判断しなければなりません。

受け取った情報をそのまま受け取ってしまうのは非常に危険なのです。これからは自分の人生に関わる重大な情報を受け取る機会が増えていくでしょう。そういった時に、「あの権威のあるメディアが言っているのだから正しいだろう」とか「あの人が言ってたら、間違いないよね」と信じきってしまうのは本当にヤバいのです。

そうやって情報を鵜呑みにする習慣を続けていると、これからは本当に痛い目を見ます。というか「痛い目」なんて軽い言葉では表現できないような恐ろしいことが起きます。

どんな情報に対しても「それが正しいか」を見極める必要があるのです

僕の記事に対しても同様です。僕が強い論調で綴っている文章で、何かを押し付けているように感じても「これは正しいのか?」と常に考え続けてください。僕は読み手がそうしてくれる事を前提に記事を書いていきます。

スポンサーリンク

ブログは強い論調であるほど価値が出る

これまで述べたように、「意見を押し付けないで」というコメントはナンセンスです。ブログは「意見を押し付けている」と思われるほどの強い主張をしてこそ、価値が出てくるのです。それは他の人には生み出せない価値なのです。そうすることで再現性の無いメディアになると思っています。

参照:なぜ大企業はインバウンド観光メディアを作らないのか?再現性の低いメディアを作り上げる重要性。

意見を押し付けたとしても、それは読み手がしっかり咀嚼すれば問題ありません。
ですので、ブロガーのみなさん!もっと自分の思った事を書いていきましょう。
あなたの素のままの感情は面白いコンテンツなのです。

そういった再現性の無いコンテンツを生み出す事で、根強いファンも増えていくと思います。
ぜひ試してみてください。

それでは!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!