ベンチャー就職で転職を考えるほど後悔してたけど「ちきりん本」に救われた

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちきりんさんの『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』を読んで感じたことをシェア。ホワイト企業に入りたかった自分としては救われた気分になりました。

IT系ベンチャーに就職してしまって後悔している方には特に読んでほしいです。実は転職で有利なんて事もあるんです。

就職で後悔しても転職で役立つ事が

ベンチャー就職を後悔していた僕でしたが、ベンチャー就職も悪くないと思える箇所があり、がんばっていくモチベーションを頂きました。

スポンサーリンク

IT系ベンチャー就職では自由な働き方を選びやすい

この点は業界の中にいたら、なかなか気づきにくいのですが、外から見ると以下のようなメリットがあるとのこと。

ITやウェブ関係のスキルと職務経験を持つ人達です。プログラマーやウェブデザイナーとして、スマホアプリやソーシャルメディア、ゲームの開発をしている人達です。

この分野も、今は失業を懸念する必要がほぼありません。

この分野で一定の経験とスキルがある人なら、数ヶ月くらい仕事を離れても、失業リスクとは全く無縁なのです。

なかなかハードワークなこの業界ですが、いつでも仕事に困らないようになるならば、現在の修行もやりがいをもってやれるはず。がんばっていこうと思います。

ベンチャー就職を後悔している皆さんも勇気をもらえるのではないでしょうか。

転職を考えると、大企業への就職で後悔する事も

逆に、大企業や公務員を選んでしまうとこんなデメリットがあるようですね。

公務員や大企業の社員は、一生安定した収入が得られることから人気がありますが、こういった職業では(産休など特定目的以外では)、何年か働いた後に数ヶ月の休みを取り、その後また働き始めると言ったことはできません。

いったん辞めたら、再雇用もほぼ不可能です。

ホワイトな大企業にいたら「辞めたい」なんてことはめったに思わないんでしょうが、めてしまったら、転職で後悔するのだとか。

自由に仕事を辞めて、好きなときに転職でまた仕事をするというWeb業界特有のメリットを享受するために、がんばってスキルをつけようと思います。ITベンチャー就職は後悔すべき事ではなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

ベンチャー就職で経験を積めば転職で後悔しない

いまや大企業でさえ、一生働ける環境ではないという恐ろしいことになっているので、いろんな経験をして「市場ニーズの高い人を目指すべき」という考えも。

現時点でさえ日本を代表する企業が、中高年のリストラを必死で進めているのです。

そうであれば、少なくとも現時点に置いて「市場のニーズが高い仕事」で経験を積んでおくことの方が(柔軟なワークスタイルが手に入るという利点に加え)、将来のためにも安全だとは言えないでしょうか?

確かに、大手家電メーカーを中心に危険な話を聞く事が増えてきました。大企業によくいる使えないおじさん達のような状態にならないためにも、ベンチャーで訓練を積んでおくのもいい気がしてきました。

ベンチャー就職で後悔している方は転職で有利なので、いま頑張っておきましょう。

ベンチャー就職で変化に対応する力が身につき、転職を躊躇しなくなる

web業界にいて感じるのが、本当に変化が早いということです。誰も知らなかったようなサービスが盛り上がって主役が入れ替わっていきます。そういった頻繁に移りの速さに対応していくため、変化への対応力は間違いなく高まっていきます。

こうした能力も大切なようで。

新卒で日本的な終身雇用慣行が残っている企業に就職し、何十年もそこで働いている人にとっては、会社を辞めると言うのが物凄く怖いこととなります。

その一方、外資系企業や新興企業、中小企業、もしくは金融やウェブ、ソーシャルメディアなどの業界では、数年ごとに転職することも、今やまったく珍しいことではありません。

そういう環境で働いていると、所属先の組織を辞めるのは(大事な決断ではありますが)恐れおののくようなことでもないのです。

大企業に勤める人々は、変化を恐れ、会社を辞めると言うことに大きな抵抗を感じています。

ITベンチャー就職組は変化に強い、転職を恐れないという強みが

しかし、web業界に務める人は違います。会社を辞めると言うことにほとんど恐れを感じていません。転職するのが当たり前な業界ですから、環境を変えることに慣れてしまっているのです。

ダーウィンも

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である

という言葉を残しているように、変わることを恐れず、どんな環境にでも適応できるというのは非常に大切な能力だと思っています。

ですので、ITベンチャーに就職して後悔していても、「転職できる」「変化に対応できる」というメリットがあるので前向きに捉えていきましょう。

就職や転職で入った会社を後悔していても大丈夫

ベンチャー就職がそんなに悪くないと思えたのではないでしょうか。述べてきたように、仕事を辞めてもまたどこかで働けますし、転職など変化に対応できるので、後悔する必要はないはずです。

ですので、ベンチャー就職で後悔している場合は、転職に備えてスキルを身につけるなど経験を積んでおきましょう。その後は求人サイト「ワークポート」に載っているようなイケてる企業に転職してしまえばいいのです。

大企業に就職した人ほど後悔するべき?

逆に、大企業に就職した人ほど後悔した方がいいのかもしれません。万が一の事があった時、転職で困ってしまうのですから。ですので、今のうちに「ワークポート」で経験を積める会社を探してみるのもいいですよ。

プロの専門家に相談できる機会はなかなかありませんし、生きていく上で重要な気づきを得られるはずですので。利用は無料ですし、お気軽にどうぞ。

ワークポートのサイトはこちらから

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!