話してて楽しい人の特徴とそうなる方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/28 ためになる話, 楽しく生きる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

今回は僕の周りにいる面白い人の特徴を分析し、それを会話に生かしていくための方法を紹介していきます。

また、自分がそうなるためにやっている取り組み&特に効果のあったものを書いていきます。会話スキルを上げたい方は参考にしてみてください。

「話してて楽しい人=笑いが取れる人」ではない

まず大前提ですが、話してて楽しい人とは、お笑い芸人さんのように爆笑をガンガンとる人ではありません。

笑いはとれなくても(とらなくても)、楽しく会話を続けられる人が「話してて楽しい人」です。

では、こういった人の特徴を列挙していきます。

スポンサーリンク

話してて楽しい人の特徴

1. 知識が豊富

まずこれ。

話をしていて「楽しいな」と思える人は、いろんな分野について詳しいです。

例えば、webサービス、アプリ、漫画、音楽、バンド、お笑い芸人、本、自分の仕事に関することなど。

1つの専門領域を深掘りして勉強しているので、いろんな知識を会話の中で教えてくれるんですよ。

頭のいい人はモテるという噂も>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

自身の経験から得られた知識を話してくれる

しかも、それはNAVERまとめなどに書いてあるような、薄い知識でなく、深掘りされたものです。

先日、20年ほどメディアと広告に関わってきた方のお話をきたのですが、仕事の経験から得られた知見は本当に参考になりました

このように、他の人が持ってないような知識、知恵を話してくれる人は相手から「話をしていて楽しい」と思ってもらえるんですよ。

古典を大事にする

知識にも通じる話ですが、話が面白い人は過去の作品や、学術的な文献にもあたっています。

話題になっているキーワードを拾って書かれた本、例えば、「人工知能」「アドラー」などの簡易解説本ばかりに飛びつくのでなく、それらの原典にあたったり、民俗学などを勉強していたりするので、他の人からは聞けないことを教えてもらえるんですよね。

こういった話を聞くはすごく楽しいです。

オチを意識して喋る

あと、話してて楽しい人は、報告で終わりません。ちゃんと、オチを用意して相手が反応できるようにしてくれるんですよ。

これは、おそらく話し始める、もしくは話の途中でオチをつけることを意識してしゃべっているからできることなんだと思います。

ブログとかでもそうですが、オチのある文章、そして読み手(聞き手)がそれについて言及できるポイントを作れる人は、「会話」も「制作物」も面白いんですよ

「ヤバい」「それな」とか簡易な言葉を使わない。ちゃんと言語化する

女子高生の話とか聞いてると、こういった言葉が乱用されてて不快なんですが、話が面白い人はこういった言葉を使いません。

伝えたいことを誰もが理解できる言葉で伝えてくれるんですよね。

そもそも、「それな」とかって頭を使わなくても対応できる便利な言葉なんですよね。でも、これを使っている限り、言語化はうまくなりませんし、言葉にも深みが出ません

こうしたことを理解しているので、僕も汎用的に使える流行り言葉は使わないようにしているんですよね。バカへの道ですから

このように、使う言葉に気をつけるのも「面白い人」の特徴です。

情報を鵜呑みにせず自分で考えてから人に話す

思考する、というのも話が面白い人の特徴です。

よく、芸能ゴシップをそのまま信じて話してくる人に遭遇するんですが、そういう人の話が面白かった試しがありません。

誰かが言っていたことを発表するにとどまっていて、その人なりの面白みがないんですよね

でも、面白い人は受信した情報を自分の頭で考えてから、自分の意見を語ってくれます。「Aというニュースがあったけど、自分はこう思う」という感じで

これまた、「独自の意見、その人からしか聞けない話」になってしまうんですが、こういった話し方ができる人はやっぱりしゃべっていて楽しいです。

結論から言う(見出しのうまさ)

前置きをだらだら話さないのも特徴の1つ。「こういう話なんですけど」と説明してから、本題に入るんですね

この辺は、千原ジュニアさんが語っていた以下のテクニックですね。(すべらない話で意識していること)

何かの話をする際に、「これは〜という話なんですけどね」と言ってから話始める。それによって、相手に興味を持ってもらえる

会話の見出し付けは仕事に直結する

あと、メディア界隈の人だと、職業柄か冒頭の「〜の話なんですけどね」の付け方がうまいです。

これは、普段から仕事でキャッチーな見出しにこだわっているからなんでしょうね

このように、話す前、相手を引き込ませるテクニックもすごく勉強になります。

自分ばかり話さない。こちら側の知識も引き出してくれる

話し方に加えて、聴き方がうまいのも特徴の1つ。自分の面白い話だけでなく、相手の話も引き出してくれるんですよ。

その際は、相手が喋りたがっているだろう話、知識をうまく引き出してくれるんですね。

これによって、僕も言いたい、ひけらかしたい知識を語ることができてますw

これ、話す側としてはすごく気持ちいいんですよねこうした引き出し方ができるのは、やはり観察力が高いからなんでしょうね

異性との会話でこの教訓を生かす>>「出会い系」とは違う女性無料の婚活サイト(アプリ)まとめ

うなずき、あいづちが上手い

これも特徴的です。話した後に、なんらかの反応をくれるんですよ。

これがない場合、話し手としては不安になりますよね。「俺の話って刺さってるのかな?」と。

話を盛り上げるのが上手い人はそうした相手の不安をなしく、気持ちよく喋らせてくれるんですよ

「はい」「なるほど」「語尾の繰り返しを使った疑問文」は万能

そして、彼らの反応でいいなと思うのが、この3つ。

まず、「はい」ですが、これは軽い相槌ですね。これを打ってもらえるだけで、話し手は不安なく話せます。(「なるほど」も同様の効果があります)

あと、あまり知られていないのが「相手が最後に語った言葉を繰り返して尋ねる」という技。

たとえば、こんな感じ。

A「この前、塩ラーメンを食べに言ったんですよ」

B「塩ですか?」

A「はい、それがこんな感じで〜」

こうすれば、相手が何を話せばいいかわかり、話すのが楽になります。こうしたアシストはぜひ真似したいところ

あいづちに「面白い」を挟む。相手に自信を持たせる

これは話していて、すごくありがたいです。

何かしゃべった後、「へ〜、面白いですね」と言ってもらえると、「話してよかった」と思えるし、「もっとしゃべろう」と自信がつきます

このように、細かいところでも気配りしてくれる人と話すのは面白いですよね。

スポンサーリンク

僕が話を面白くするためにやっていること

これまで話をしていて楽しい人の特徴を説明してきましたが、僕もそうなれるように日々努力をしています。

そこで、やってみて効果あったなと思うものを紹介していきます。

会話術を恋愛で生かす>>【評判】マッチングアプリ28この違いを比較したので、おすすめを書いておく

ラジオを聴いてフレーズの引き出しを増やす

これはすごく効果的でした。特にお笑い芸人さんのラジオがいいですね。

参照:話が面白くなる方法

ラジオという、言語でしか勝負できないメディアで言葉のプロである芸人さんが発する言葉はすごく参考になります。

あと、ラジオを聴くことで、うまい返し方(そのまま使えるフレーズ)、その雛形も学べるんですよね

なので、会話で使える言葉を勉強したい方は、ぜひラジオを聞いてください。特におすすめなのは、オードリー、ハライチ、南キャン山ちゃん、アルコ&ピースのラジオです

本、雑誌を読む

特徴の最初の方で説明した「知識」の話になりますが、これがあるだけで相手の話についていけて話を楽しく続けることができます。

やはり、いろんな分野の知識があると、会話のネタも多くなります。

あと、Twitterで情報集収集する、NewsPicksで難しいニュースにある専門家のコメントを読む、なども知識をつけるのに効果的なので、試してみてください

いろんな体験をする

「書を捨てよ、町へ出よう」じゃないですが、やはりいろんな体験をしておくと、いろんなジャンルの人と話すことができます。

ここ数年だと、音楽フェスに行くようになって、それが好きな人と話せるようになりましたし、お笑いでM-1グランプリの予選にいくことで、お笑いファンとより濃い話ができるようになりました

このように、好きなことを深掘る、新しいことをやってみるの2軸で色々やってみると、会話にも活かせます。

こちらも試してみてください。

いい情報を引き出す力は大事だよ

ここまで、「会話」について色々書いてきましたが、この分野のスキルはこれからの時代、より一層大切になります。特に、メディア関係の仕事をしている人にとっては

なぜなら、自分にしか引き出せない一次情報を伝えることが、これからの差別化戦略で大切になっていくからです

2016年の終盤にキュレーションメディアの話題が盛り上がったように、ああいったスタイルには限界がきています。

なので、うまく取材対象者の話を引き出せるように紹介したことは覚えておきましょう。

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

楽しく話す力を仕事でも生かしたい

参照:転職サイトを比較し、おすすめのエージェントもまとめてみました!20代〜30代は参考に

参照:第二新卒の転職に成功する人と失敗する人の違いや、おすすめの転職サイトをまとめとく

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!