まだ紙で消耗してるの?電子書籍読み放題時代には、新しいタイプの編集者が必要だ

公開日: : 最終更新日:2016/08/10 ブログで稼ぐ, ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

kindle unlimitedの作品一覧

こんにちは。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

Kindle Unlimited(電子書籍の読み放題)が話題なので、触れてみます。これから求められる電子コンテンツと、それを作る編集者像に関するお話です。

これからの編集者は、コンテンツが単品課金でなく、読み放題で読まれることを想定してモノづくりしていなかいとヤバいでしょうね。

月額980円で12万冊以上の電子書籍が読み放題!

一応説明しておくと、Kindle Unlimitedとは、月額980円で12万冊以上の本、コミック、雑誌(電子)が読み放題になるというもの。

しかも、名作が結構そろってます。

このサービス、読み手としては嬉しいんですが、作家の立場からすると非常に残酷なサービス。

今まで有料で単品を買ってもらっていたのに、それがほぼ無料で読まれちゃうわけですからね。印税モデルが崩れることも考えられるわけですよ

ただし、Amazonもそこまで鬼じゃないので、読み放題に登録されている作品にはちゃんと収益を配分してくれます

その配分の仕方というのが、読まれたページに応じるというもの。ざっくり言うと、NAVERまとめに似ている配分方法なのです。

なので、これからはダウンロードされることに加えて、最後まで読まれることが必要になっていくわけです

スポンサーリンク

1ページあたりの収益は0.6円

ちなみに、1ページあたりの収益は0.6円とのこと。100ページ読まれたら60円。

100ページの本をKDPで500円で出しているとして、その印税は350円ですから、作家としては涙目な数字

こうした流れからわかるように、今後、電子書籍を出す際はWebメディアのようにPV(閲覧数)を増やせるような編集(工夫)をしなければいけないわけです。

スポンサーリンク

最後まで読んでもらえるような編集とは?

では、その編集とは何か?

まず考えられるのが、肝心な部分、オチを限りなく引っ張ることです。まさにテレビ番組のCMまたぎのように

それを体現しやすいのが、推理小説。これは、オチが肝なわけでそこを読まないと楽しめませんからね。元・Microsoftの成毛さんもこんな風に語ってます。

成毛:可能性としては、小説は全部電子書籍に変わってもおかしくないかもしれない、とは思う。

とりわけ、時代小説とか推理小説については、電子化することで売り方が変わる気がしていて。例えば推理小説、全体の8割はタダで読んでもらっていいんじゃないの?と思うわけ(笑)

成毛: だって推理小説は犯人がわかるところが面白いいわけで、それなしでは完結しないでしょ?だから8割はタダで読ませても、面白かったら残りのラスト2割を読むために読者は買ってくれる

そうした意味で、売り方が変わるし、そこに何かチャンスがある気もする。

参照:推理小説(電子版)は8割タダでいい by『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』|タクスズキ【noteマガジン好評発売中】|note

このような「後半まで引っ張る」という手法をビジネス書に応用するのであれば、「ネットで稼ぐ方法を紹介します」と前半で煽って、大事なことはあんまり書かずにダラダラ文章を書いていって、最後に「実はこれがノウハウでした!」みたいな感じになるでしょう

ユーザー体験としては、微妙ですが、商業を考えるならこうしたやり方が主流になりそうです。

また、推理小説意外だと、写真集など写真がメインとなるコンテンツも読了ページ数を稼げそうです

このように、いかにページをめくってもらえるか?を考えられる編集者がこれからの時代に求められるようになります

今までの本は長すぎた

あとは、コンテンツのリサイクルができる編集者も重宝されていくでしょう。キュレーション能力を持った人ですね。

実際、既存の本て長すぎですしね。

時代に合ったフォーマットで作品を出せる編集者は、5年後にモテモテになってるでしょう

電子書籍読み放題には希望も

紹介してきたように、今後コンテンツは限りなく無料に近づいていきます。これは、クリエイター殺しに思えます。

しかし、いい面もあるのです。それは、多くの人に作品を読んでもらえるようになること

このように、ほぼ無料で出すことによって、広告にもなり、今まで読まれなかったコンテンツが売れ出す、なんてことも可能なわけですよ

なので、この辺は経過を見ながら時代に合った対策をとっていくと良いでしょう。

リッチな本を作れる人が強い

ここまで書いてきたことから、もう紙は終わるの?なんてことを思った方もいるはず。

しかし、それはあり得ません。今後、紙の本は雑貨、アンティークとして生き残っていくんですよ

このように、今まで本として消費されていたものを雑貨としてデザインできる人材も求められていくでしょうね。

この辺は、装丁デザイナーさんにとっておいしい分野になっていくはず。

僕の本も読み放題になってます

紹介してきたように、今後、書籍の読まれ方、お金の流れ方は確実に変わります。

なので、書籍に関わる方はこれまでのやり方にとらわれず、時代に合った方法をとっていかなければなりませんね。編集者の役割は変わります。確実に

と、そんなことをKindle Unlimitedから感じたのでした。

なお、僕が出してる電子書籍も読み放題になってるので、この機会に読んでみてください。そして、レビューも書いてみてください

一番嬉しいのは、noteから買ってもらうことなので、優しい方はそちらからどうぞw

参照:【随時更新】note有料マガジン「サラリーマンが副業ブログで35万稼ぐまでの奮闘記」のタイトルを全て公開します

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「3年後には、Unlimitedの月額料金2000円とかになってそう」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!