【大企業とITベンチャー】リクルートなど副業OKな会社31社まとめ

公開日: : 最終更新日:2017/03/06 ITベンチャーに転職ってどうなの?, 仕事・キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

先日、エンジニアのための副業サービス「コデアル」を紹介した際、副業OKと認められている企業が意外と少ないことに気づきました。

伝統的な企業なら、副業を禁止するのもわかるんですが、若くてルールがゆるそうなIT業界の会社でも副業できないところってあるんですよね。

僕がいたネットベンチャーも副業ダメでしたし。

参照:ベンチャー企業ランキングは参考にならないので、経験者として転職したらお得な会社まとめとくわ

副業禁止はもう古い

その理由には、「副業で本業に集中できなくなるから」というものがあるんでしょうが、副業をした方が良い影響が出るんですよ。特に、IT業界であれば。

そっちの方が、会社以外でも通用するスキルをつけられますからね。

そういうわけで今回は、スキルを磨ける副業OKの会社を紹介します。(追記:大手でも副業OKのところがでてきたので、IT業界の括りをなくしました)

紹介する基準は、「社員が社名を出して副業している」「会社としてOKと公表している」「社員に聞いて、”そうだよ”と回答してもらえたもの」です。(まだ甘いところありますので、ここ違うという場合は、お声がけください)

それでは、どうぞ。

スポンサーリンク

1. リクルート

やはり、ここは外せません。

副業OKなので、社員が籍を置きながら起業した、なんて話はよく聞きますからね。こういったこともあり、リクルートには確定申告など税金に詳しい人が多いです。

同世代の西村くんも、株式会社HARES(ヘアーズ)を設立していますし、こうした活動が認められているのがリクルートの良さです。

参照:株式会社HARES(ヘアーズ)

なので、実名顔出しで副業をしたい方は、リクルートを狙ってみるのも手です。

参照:サイバーエージェント、リクル◯ト、L ◯NE?イケてるベンチャーからスカウトされる方法

スポンサーリンク

2. LINE

ここも自由に活動している人が多い会社。

例えば、たのっちさんは、社名と実名顔出しで自由なブログを書いています。

内容を見ると分かりますが、会社員とは思えないほど自由に意見を書いています。

参照:ライブドアの思い出はキレイでもいいけど、事件で2人死んでるからね→「社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話」

マジですごいです。

他だと、谷口マサトさんがグルメサイトで執筆したり、noteで月額マガジンを作ったりと自由に活動されています。

参照:原寸大美人|谷口マサト

このように、LINEも副業には寛容な会社なのでしょう。

参照:【まとめ】IT、Web業界の転職求人サイト33コ(ベンチャーに行きたい人におすすめ)

3. サイバーエージェント

「アドマン」こと渡邊 大介さんが自身のブログや、外部媒体などで活躍されているように、サイバーエージェントも副業OK。

「会社は学校じゃねえんだよ!」の松村さんもYouTubeやってますが、これは会社としての活動だそうです。

あとは、技術系の社員が空いた時間で副業して報酬をもらっているケースもあります。(ただし、大々的な副業推奨!ではないそうです。社員の間でもOKかは確信が持てないようで、「申請が必要なんじゃないっけ?」と曖昧なようです

参照:「キラキラ」と評判のサイバーエージェント社員を見て思った「そりゃ、ネットベンチャーの中で一番働きやすいわな」と

参照:サイバーエージェントの採用力がすごい件。待遇・福利厚生をまとめてみた

4. スマートニュース

公式に副業OKとはアナウンスしておらず、就業規則的にも「副業OK」とはなっていないそうです。

ただし、社長の方針として「暗黙でOK」になっています。(正社員で副業をしている方もいるとのこと)

ちなみに、業務委託社員であれば、副業規定には該当しないそうです。

参照:小学館にスマニュー!?Webメディアのイケてる求人が増えてる!紙メディアから飛び出すなら今かもよ

5. トレンダーズ

ブロガー/作家である、はあちゅうさんが以前、所属していた会社ですね。当時からもいろんな媒体で記事を書くなど、いろんな仕事をされていました。

実際、副業OK。(ただし、許可制。社外的には言ってませんが、社内ではちゃんと認めています)

また、ゲスアワーで共演している、トレンダーズ所属の霜田さんもイベント、出版など自由に活動されています。

6. ロフトワーク

働き方を考えるイベントで、オフィスを利用させていただいたロフトワークさん。副業OKなんです。

ロフトワークには様々な勤務スタイルがあります。オフィシャルで週1日副業をしている人や、東京と京都支店を行き来する旅するディレクターなど、、、。そんな中で1番勤務時間の少ない週3日&時短勤務をしているのが越本です。

参照:週3、時短勤務の社内コミュニケーション方法~壁新聞の作り方~|2016|株式会社ロフトワーク

週1日副業というのは、石川真弓さんのことでしょう。

このように、ロフトワークでも副業が認められています。

関連記事:通勤せずに地方からのリモートワークで月40万円の収入を得られる時代

7,8. East Ventures、BASE

バズりまくってるブログ「インターネット界隈の事を調べるお」を書いてる大柴さんも会社員ブロガーです。

East Venturesで働きつつ、BASE株式会社監査役にもなっている方。

こちらも覚えておきましょう。

9. ヤフー

Yahoo!JAPANのUXデザイナーとして活躍しつつ、個人活動として、「TokyoGraphicRecorder」を運営しながら、「グラフィック・レコーディング」を行っている、清水さんがいるヤフーも副業OK。

なお、清水さんは以下のイベントでも「グラフィック・レコーディング」をされていました。

参照:“イケダハヤト”なんてもういらないに参加してきたので書き起しておく【イベントレポート】

参照:転職サイトを比較し、おすすめのエージェントもまとめてみました!20 代〜30代は参考に

10. サイボウズ

以下のイベントでも登場した「サイボウズ式」を運営するサイボウズ。(本来は、チャットツールを売っている会社)

参照:【レポート】日野さん、ファーさん、はせさん、北村さんらサイボウズ式メンバーが出演するイベントに行ってきた

こちらも副業できる会社です。

考えてみると、個人で簡単にビジネスしやすい状況なのに、気にしているほうがナンセンスではと思うのです。実際には副業は自立の一歩につながります。もうけ方も覚えられます

参照:副業OK!独立OK! ウルトラ自由な人事制度は企業にどんな変化をもたらすのか? | サイボウズ式

いいこと書いてあるので、この記事は読んでおきましょう。

11. エンファクトリー

以前、このブログでも紹介しているように、エンファクトリーも副業OKです。というか、専業禁止なのです。

メリットばかり。
自立により会社の仕事に対してプロ意識。
自分で商売やる感覚、経営者目線が身につく。

大企業こそ専業禁止の取り組みを。50代になって肩たたきはつらい。社内で活躍できる人材が求められる時代じゃない。

参照:副業禁止はもう古い?会社員の複業で「残業20%減、教育コスト削減」などの効果が!

こうしたイケてる企業の存在も知っておきましょう。

12. LIG

伝説のデザイナー、ジェイさん、紳さんなど数々の伝説を作ってきたLIGも副業OKになりました。

今まで就業規則上、副業NGとなっておりましたが、6月1日より解禁することにしました。

ただし、上長に行う際は報告すること、就業中におこなってはいけないこと、日常業務に支障をきたさないことなど、いくつかのルールを設けています。

参照:【副業解禁】LIGが第9期から導入した新しい制度や就業規則を紹介します

このように、スターが生まれやすい会社で副業OKにするのは素晴らしいですね。最近は、タレント事務所っぽくなっててすごいなぁ、と思ってます。

13. ソウルドアウト

中小・ベンチャー企業向けにWebマーケティング支援を手がける、ソウルドアウトも副業を認めています。

なお、「Draft」で紹介した株式会社テクロコは、ソウルドアウトの関連会社です。

参照:フリーのWebマーケッターで飯を食う!時間、場所に縛られない働き方は「Draft」で手に入れよう

「副業はDraftで働いたり、ライター、サイト運営、ハンドメイド作品売ったりと様々」。

14. トライバルメディアハウス

ソーシャルメディアのコンサル事業などを行っているトライバルメディアハウスも副業OKです。

中には、副業でタレント業をやっており、マツコデラックスさんと共演したなんて社員さんもいます。また、副業で習字活動を行っている方もいて、副業に寛容なんですね。

なので、副業できる会社を探しているなら、トライバルも見ておきましょう。

15. ロート製薬

最近、衝撃的だったのが大企業であるロート製薬が副業OKと発表したこと。

常識の枠を超えてチャレンジすることができる一つの仕組みとして、「ロート製薬」という会社の枠を超え、より社会へ貢献し自分を磨くための働き方ができるよう二つの制度を制定します。

「社外チャレンジワーク制度」とは土・日・祝・終業後に収入を伴った仕事に就業すること(兼業)を認めるというもの。

参照:新CI「NEVER SAY NEVER」制定 | ロート製薬株式会社

大企業が、こうしたことを発表したことで、他の企業も追随してくるはずです。

16,17,18. 日産、富士通、花王

実は、富士通なども前から副業OKにしていたそうです。

というか、よく考えたら人気ブログ「ままはっく」のまなしばも富士通時代、副業でブログ書いてましたもんね。意外と、大企業でも副業を認めているところあるんですね。

19. ソニー

以下の記事と東洋経済によると、ソニーも副業OKみたいです。

参照;「八ヶ岳に住みたい!」から1年半で移住。新しい暮らし方・働き方を後押しした力とは【後編】

20. オイシックス

こちらも東洋経済から。法務部長を務める小林さんの事例が紹介されていました。

なんと、小林さんはベンチャー4社の取締役や顧問を兼任しているそうです。

ちなみに、オイシックス自体は「大々的に副業を認めているわけでなく、本業に支障をきたさない程度で認めている」とのこと。

21. レノボジャパン

これまた小林さんの事例から。自身がレノボジャパンに勤めている時、副業OKと知ったんだそうです。

インタビューの中で登場する「今のスキルがもたらすポジションに安住していては、10年後には”あなたは何ができるのか?”に答えられなくなる」には納得ですね。

毎日、出社してマインスイーパだけやってるオッサンとかどう考えてもヤバイでしょ。

22. 日本ヒューレット・パッカード(HP)

こちらも東洋経済から。雑誌では、某IT外資と書いてありましたが、察しがつきました。

社員さんの中には、代々木駅の「タンネ」というレストランを経営している方がいるそうです。

23. TBS

TBSにも副業をしている方がいます。

テレビ局の社員としてデジタル戦略全般に携わる一方で、社外にて書籍、イベント、コミュニティなどのプロデュースをしている柳内啓司氏。

一昨年、『人生が変わる2枚目の名刺』(クロスメディア・パブリッシング)を上梓するなど、”パラレルキャリア”を推奨している。

「会社員という本業の名刺以外に名刺を持つことで、本業との相乗効果が生まれ、人生が楽しく豊かになる」という柳内氏に、2枚目の名刺を持つことの意義や効果などについて聴いた。

参照;【パラレルキャリア・副業】「2枚目の名刺」を持てば「人生が変わる」:テレビ局社員の柳内啓司氏

柳内さんは、Yahoo個人でも執筆されています。

24. WOWOW

僕の知人に「WOWOW」の名前を出している、副業(ただし、いっさい稼ごうとしてない)をしている方がいますね。

参照;本業で原資を稼ぐことで、儲けを度外視した副業ができる

ストイックに情報収集してて、尊敬する人物の一人。

25. カシオ計算機

こちらも東洋経済から。

カシオ計算機時代からNPOで活動していくうちに、独立意欲が高まり、「ナレッジワーカーズインスティテュート」を起業した方が紹介されていました。

大手メーカーでも意外と副業OKなんですね。

26. 三菱東京UFJ

こちら意外でしたが、銀行でも副業OKだったそうです。ただし、こちらは特殊な例。

ベンチャーキャピタルに出向し起業支援を経た後、趣味で知人の経営支援を行っていたそうです。その中で、独立することを決め、今は退社し会社役員をやっているそうです。

27. パナソニック

こちらも東洋経済から。One Panasonicという組織を作ってパラレルキャリアを推奨しているようです。

発起人の濱松誠さんは33歳とお若いながら意欲的に活動されています。ロート製薬と共に注目したい大手の取り組みですね。

「若手」に関する記事:第二新卒の転職に成功する人と失敗する人の違いや、おすすめの転職サイトをまとめとく

28. アクセンチュア

YouTuberの吉田ちささんが勤めていた会社。彼女の経歴を辿ると副業禁止であることがわかります。

大手外資系コンサルティング会社に就職し、
金融機関のシステム関連プロジェクトに従事する傍ら、
2010年から2年間、銀座にてネイルサロンを経営。
2011年よりYouTubeにて英語学習コンテンツ「バイリンガール英会話」を開始。

参照:吉田ちか | 吉田正樹事務所

彼女が退社したのは、2013年12月ですから、アクセンチュア時代に副業していたことになります。なので、アクセンチュアも副業OKなんですね。

29. ウィルゲート

もともとSEOの会社ですが、今はコンテンツマーケティングの領域でも事業をされてます。

今そこで、ディレクターをされてる方がブログをやられてて、Amazonアソシエイトとかもやってるんで副業OKということでしょう。

ちなみに、そのブログのシェアなど頼まれたこともありますw

30. メルカリ

先日、メルカリに入社した知人と飲んで「メルカリは副業OK」という情報を聞きました。

待遇もいいので、いま渋谷や六本木の目がベンチャーからどんどん人が流れてきているそうです。

31. オプト

オプトは申請すれば副業OKだそうです。ただし、許可もらうのは少し厳しいとのこと。

32. クラウドワークス

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を運営する株式会社クラウドワークスも副業OKになりました。

中には、副業でカフェをやってクラウドワーカーさんからサービス改善のためのヒントをもらうといった感じで本業に生かしている社員さんもいます。

副業OKの会社をカンタンに見つける方法

このように、公に「副業OK」と宣言していたり、社員が副業で活躍していたりする会社は意外と少ないです。なので、副業したいなと思うならこういった会社に入るのもいいですね。

参照:ベンチャー企業ランキングは参考にならないので、経験者として転職したらお得な会社まとめとくわ

また、副業OKの会社に興味があるなら、転職サイトのアドバイザーに聞いてみるのも有効な手段です。僕も相談に行ったことがあり、IT業界のベンチャーの情報を聞けました

参照:【評判・口コミ】社会人2年目で転職活動をした時にレバテックキャリアを使ったから感想書いとく

相談に行けば、ここで紹介した以外の副業OKの会社を知れます。なので、興味のある方は、以下のリンクから面談を申し込んでみてください。

「レバテックキャリア」のサイトはこちら>https://career.levtech.jp

また、ベンチャーでない大手企業に興味があるなら、リクナビNEXTで「副業OK」の会社を探してみましょう。

>>リクナビNEXTの公式サイトはこちら

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「新卒の学生が副業OKの会社に入るべき10の理由」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!