やりたくない仕事はもうやめよう!「石の上にも3年で仕事しろ!」のウソに惑わされるな

公開日: : 最終更新日:2017/08/19 仕事を辞めたい, 仕事・キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

やりたくない仕事をやる必要はありません。もう、やりたいことだけを仕事にして生きていける時代なのですから。

実際、僕はそうやって生きています。

働き方は確実に変わっていきます。今、やりたくない仕事で悩んでいる方は読んでみてください。

やりたくない仕事から本当にやりたい仕事をやる時代へ

これまで何度も「日本の働き方が変わるブーム」が煽られてきましたが、大して変わりませんでした。しかし、いま本当に変わりそうな気がしています。

以下2つの理由からそう感じました。

ネットで個人が稼げる環境が整ってきた

NPOや社会起業のように、お金よりやりがいを追い求める若者が増加している

実際、これまでの常識を疑い、働き方を変えようと奮闘するゆとり世代の若者を目にします。僕もそのうちの一人です。

「やりたくない仕事はやらない」というゆとりの正しさ

ゆとり世代は、おかしなルールに疑問を持ち、それを変えようとする力が強いです。

例えば、以下のような常識に対して。


「仕事が終わっても上司より先に帰ってはいけない」

「若いうちは一番働ける時期なのだから、残業して当たり前」

「遅くまで残っている人が偉いとされる」「労働こそ美徳」

「週に5日働かなければいけない」

「家庭やプライベート < 仕事」

ゆとりを大事にして教育された僕たちゆとりは、これらを回避する方法を考えるのです。

実際、僕は常識を避けることによって、理想的な働き方を手に入れました

スポンサーリンク

やりたくないプログラミングをやめて独立した

僕は会社員時代、プログラマーをやっていました。

当時の仕事はぶっちゃけ、やりたくない仕事でした。プログラミングが嫌いで、スキルアップしようとは思えなかったんですよ。

その仕事を長く続けたいとは思えなかったし、お金のために働いていたんです。

しかし、ある時、このままでは精神が病むと危険を感じ、やりたいと思える仕事を探しました。そこで見つけたのがブログだったんです

ブロガーとして生計を立てられるように努力

会社員になる前から、ブログを始めていて、ブログを書くことが天職だとはぼんやり気付いていました。そして、本気で取り組むうちに、それが確信に変わったんです。

その後は、努力を続けていき、会社員以上の給料を稼げるようになりました。そのタイミングでやりたくないと思っていた仕事を辞めました

と同時に、ブロガーとして独立。こうやって変化したことで、生活の満足度は劇的に上がりました。

今は、あのとき決断して本当に良かったと思っています。

スポンサーリンク

やりたくない仕事を辞めるために準備しておく

この記事を読んでいる方には、僕のように「やりたくない仕事を辞めて、もっと自由に働きたい」と思っている方もいるはずです。

そんな方には、まず自分の価値を把握することをおすすめしたいです

そして、その方法として簡単でてっとり早いのが「リクナビNEXT“”」を使って企業からのスカウトを待つこと。

これによって、転職市場における自分の価値がわかるんですよ。

スカウト

価値があるようなら転職活動を進めるといい

実際に僕も使ってみましたが、登録して経歴を入力するだけで、いろんな企業からスカウトをもらえました。

中には、上場会社からのものもあり、自分の市場価値を知り、自分は転職できるのだなとわかりました

このように、価値を把握しておくと、仕事が嫌になった時でも「転職すればいいや」ということで楽に考えられます

参照:ブラック企業の見分け方と特徴9つを知ってますか?

仕事で精神を病む必要はない

僕の例からもわかるように、やりたくない仕事をやる必要はないのです。それで、精神的にやられてしまうなど、もってのほかです。

今やりたくない仕事で苦しんでいる方は環境を変えた方がいいですよ。夢中になって仕事ができる環境はきっとあります。

3年修行しろ、は気にしなくていい

こうして環境を変えろ、と言うと「まずは3年働け。やりたくないことをやるのが仕事だ」と説教する人が出てきます。しかし、これは気にしなくていいです。

僕は会社を1年2ヶ月で辞めています。

やりたくない仕事を続けたっていいことはありません。スキルもつきませんし、精神的にも参ってしまうので、時間のムダです。

それよりは、自分の向いている仕事、得意な仕事を見つける方に時間を費やした方がいいです。実際、僕はそういった事実に会社員時代気づき、今の働き方を手に入れています。

”好きと思える仕事”を3年続けないと一流になれない、が正解

思考停止して「3年は働かないと」と思い込んでしまうのは危険なんです。

もちろん、1つのことをマスターするには3年くらいの期間が必要です。しかし、その場合は「取り組んでいる仕事が好き」という条件があってこそ。

正しく言い換えるならば、「”好きと思える仕事”を3年続けないと一流になれない」です。(僕の場合、3年ブログを続けないと一流になれないということですね)

なので、先輩たちの声は気にしなくていいのです。

やりたくない仕事ランキングは参考程度に

なお、「やりたくない仕事」でネット検索してみるとランキングをよく目にするんですが、あれは気にしなくていいです。

理由は、「やりたくない」と思う基準は人それぞれだからです。

僕の場合、プログラマーがもう一生やりたくない仕事なんですが、中には「この仕事が楽しくてしょうがない、一生続けたい」という人もいるんですよ

なので、ランキングは参考程度にしましょう。

中にはガチブラックもあるのでそれは選択肢から外す

ただし、ランキングの中には誰もがやめておいた方がいいブラックな職業もあります。

その例が、ワタミ、モンテローザなどの従業員(正社員)です。過労死などがニュースになっているように、企業の利益のために人間とは思えないほどに酷使されます

あと、売りたくもない商品を売りつける営業もやめておいた方がいいです。

僕もソーシャルゲーム会社で面白いとは思えないゲームを作ってガチャ課金してもらっているときは、複雑な気持ちになっていました。(こうした気持ちでやる仕事って続かないんですよね)

なので、ノルマ達成のために微妙な商品を無理に売りつけなければならない仕事はやめておいた方がいいです。

参照:「30代で1000万円超えも激務な上に給料は残らない」証券会社のブラックさがわかる漫画が参考になった

時間を切り売りする仕事ももうやりたくない

あと、時給式の仕事もやりたくないですね。

学生時代のバイトで、イベント会場や野球場での案内スタッフをやっていたんですが、あれって今になって思うと時間を切り売りしてるだけの仕事なんですよね。

確かに楽に稼げるのはいいんですが、あの仕事をやっても何も身につかないんですよね。労働がストックされていかなくて

一方、今の仕事(ブログ)は書いた記事が資産としてストックされていくので、働かない時でも稼げるようになります

なので、仕事を探す際は「働きがストックされていくか?」も考えてみるといいですね。

最初はやりたくない仕事をやってみることも重要

なお、ここまで書いてきたことだけを見ると、やりたくない仕事はすぐに辞めてしまってもいいの?と思うかもしれません。

しかし、それは違います。まず1年は「やりたくないな」と思っても続けたほうがいいです。特に、社会人1年目のような新人であればなおさらです

よく「新人のうちは仕事は断るな」と言われますが、これ、ある程度は真理です。(ブラック企業のように、馬車馬のように働かせるのは論外ですが)

最初に仕事の基礎的な力はつけた方がいい

特に、社会人経験がないのであれば、仕事の基本をわかっていません。例えば、報告・連絡・相談の重要性、スケジュール管理、タスク管理、PDCAの回し方など。

これらを理解するために、とりあえず仕事をやってみるというのは有効なのです。

僕もエンジニアとしての仕事は苦痛でしたが、あれを経験して良かったと思っています

仕事のスタンスを給料をもらいながら身につけよう

なぜならば、そこで身につけた情報共有の重要性、失敗を改善していくこと、タスクでかかる時間の計算などは今でもすごく役立っているからです

これが身についたのは、言われた仕事を「やりたくない」と思いつつも実行できたからです。

なので、社会人経験1年未満であれば、やりたくない仕事をやっていたとしても我慢して続けてみましょう。会社を辞めるのは、仕事の基本的なスタンスが身についてからで遅くありません

仕事に慣れてきたら断り方を覚えよう

言われたことをこなして、仕事のやり方を覚えていくと、効率的に仕事をする方法や断り方も身につけられるようになります。

僕もエンジニアとしてがむしゃらに働いて、それを身につけました。というか、ふられた仕事すべてを自分でこなす必要はないと気づいたんですよ

ある時までは、全部の仕事をこなさないといけないと思ってたんですが、それで一度つぶれてしまいました。。

そこで先輩に「すべて自分でやる必要はない、できる人に任せてもいい」と教えてもらったのです。

それを知ってからは、仕事をより効率的にこなせるようになりました

本当にやるべきことを見極めよう

あと、手を抜けるところは抜く、本当に大事な仕事だけ真剣にやればいいということも教えてもらえました。

こうした経験から、まずは色々と仕事をこなしてみて基礎を身につけ、そうなった状態で初めてやりたくない仕事を断り、本当にやるべきことに集中すればいいと学べたのです

なので、今やりたくない仕事をやっていて、辞めようかなと思っている方(特に新人)は、まず1年だけでも続けてみてください

3年修行してもいいと思える環境を見つけよう

そのようにして、1年仕事を続けて基礎を身につけたら、あとは本当にやりたいと思える仕事をするようにしましょう。

なお、すでに仕事の基本が身についている方は、1年も我慢する必要はありません。さっさと次の環境を見つけましょう

そして3年修行してもいいと思える環境に身を置いて、本当に好きなこと、やりたいことだけをやるのです

参照:入社3年目で転職する同期が増えるこれだけの理由

フリーになって気づいた「仕事を断らない重要性」

会社員時代は、そのようにして「きた仕事は断らない」を実践していたんですが、これはフリーランスとして独立してからもそうでした。

まずやりたくないと思っても、断らずやってみるのです。例えば、記事1本の単価が安いメディアに執筆する、といった感じで。

こうして、やりたくないことをやると本当にやりたい仕事、やるべき仕事がわかってきます。

やりたくないことから、本当にやるべきことを決めていく

例えば、安い仕事をこなせば、「あ、やはり自分は単価の高い仕事がやりたいんだな」とか「書いて終わりの仕事じゃなくて、ブログのように書いたものがすっと資産になっていく仕事がしたいんだな」とわかります。

そうなると、その後はやるべきでない仕事の依頼を断れるようになります。そして、本当にやりたいことに打ち込めるようになるのです。

なので、皆さんも、まずは断らないでやってみて、何を本当にやるべきか決めましょう。断るのはその後です。

それは以下のツイートで示した通り。

やりたいこと、やれること、人の役に立つことの交差点を見つける

ツイートに関連するところだと、以下の図を理解した上で仕事探しをしたいですよね。

やりがいのある仕事のイメージ図
参照:やりがいのある仕事に必要なのは「やりたいこと」「やれること」「人の役に立つこと」

やりたい仕事だけやるメリット

そして、こうやって本当にやりたい仕事をやるとかなり良いことがあります。それは以下で記すように。

1. 得意な分野の能力が高まる

まず、好きで主体的に仕事をこなすわけですから、能力の伸び方が格段に大きくなります。

実際、僕はプロのブロガーになって、ライティング能力、SNSの運用能力、メディアのマネタイズ力、マーケティング感覚が伸びました。

結果、ブログの売り上げも増えましたし、SNSのフォロワーの伸びも大きくなっています。

2. 仕事で消耗しなくなる

やりたいこと=好きなことなわけですから、エンジニア時代のように、仕事で消耗することがなくなりました。

かつては、仕事が始める前日の夜、特に日曜日は苦痛でしょうがありませんでした。ひどい時はお酒を飲んでその気分を紛らわせてましたから、精神的にダメなことをしていたわけです

しかし、今はそれがなくなりました。日曜日の憂うつはなくなったし、前向きに仕事に取り組めるようになりました

これはすごく大きなメリットです。

3. いろんな人に声をかけてもらえる

さらに、好きなことをやることで、仕事の依頼もされるようになりました。例えば、外部メディアでの執筆や商品のレビュー依頼など

また、業界の有名人と会えるようにもなりましたし、ミーハーの僕としては嬉しいことばかりなのです。

4. 「仕事なんだから辛くて当然」のウソに気づける

Yahoo!知恵袋でこんなやり取りを見ました。

Q「やりたくない仕事をやる必要はあるのでしょうか?お金のために仕事するのが辛いです」

ベストアンサー「お金をもらっているんですから、仕事は辛くて当たり前です。やりたいことをやれてるのは一握りです。」

これは完全にウソなんですよ。このように、「やりたくない仕事は当たり前」の意見を持ってる人って、本当にやりたい仕事に就くための努力をしていない人です

思考停止して今の働き方を変えようとしない人はそういった常識を信じてしまいます

Yahoo!知恵袋の人たちのようにならないためにも、ここまで書いてきたことは覚えておいた方がいいですね。

やりたいことだけやってると、こうしたメリットに気づけますから。

独立よりは転職の方がおすすめ

と、ここまでやりたいことをやった方がいいと書いてきましたが、僕のようにいきなり独立するのはリスクが高いです。

独立すると働く時間は自由になりますが、収入を自分で確保する必要があるので、プレッシャーもでてきます。なので、まずは転職で職場を変えてやりたいことを探していくのをオススメします

そして、その中で「これなら独立できそう」と思えるものを見つけたら、独立するといいですよ。(特に、結婚してると、いろいろ考えなきゃいかないので、独立するのは難しそうですからね

やりたい仕事は転職サイトで見つけよう

では、転職でどのようにしてやりたい仕事を見つければいいか。おすすめは、強みがわかる診断のある転職サイト「リクナビNEXT」を使うことです

ここは掲載求人数が最大級な上に「グッドポイント診断」を無料で受けられます。

強みを知る>>グッドポイント診断はこちら“”

これによって、仕事で生かせる強みがわかるようになります。あとは、それを参考にしてサイト内の求人を探せば、先ほど説明した「3つの交差点にあたる仕事」が見つかるはずです

なので、今の「やりたくない仕事」を辞めて、本当にやりたい仕事がしたいと思っている方は、以下のリンクから会員登録して、診断と求人探しを行ってみてください。

登録はこちらから>>リクナビNEXTの公式サイト

最後に言っておきますが、ここで動かない人は一生動かないし、人生を変えられません。グチを言い続ける日々を繰り返します。そうなりたくないなら、今すぐ行動してください。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!