イノベーションを起こすには右脳を使えばいいらしい!

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 おすすめ本, ビジネス書のおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今や、製品やサービスが世の中にあふれすぎて、革新的なものを生み出すことが難しくなっています。
そんな背景もあり、アイデアを考えるビジネスマンの方々は
頭を悩ませているのではないでしょうか。

そんなときは、発送法を変えてみて下さい。 スパークする思考 右脳発想の独創力 では、データに基づくデジタルな企画術を覆し、今の常識と逆行するアイデア発想法を提案しています。
そんな発想法の一部を紹介したいと思います。

もっと直感、脳を信じる

ロジカルシンキングやデータ分析力が重要だと思い込み、ビジネススクール卒業生(MBA)、
あるいは経営コンサルタントの好む各種の分析手法を珍重する。
必死に様々な情報を溜め込み、整理してデータベースを構築しようとする。
それで、分析力は身に付くかもしれないが、斬新な発想力を失ってしまう。
そんなことは辛いし、無駄だからやめようと私は言いたい。

勘というものは、多くの場合、過去の経験に裏付けされて自然と
取捨選択をした結果であり、それほど非科学的なものではない。
あたる確率は決して低くない仮説なのだ。
そうした判断や行動、強いて言えば右脳的思考を封印してしまうというのは、
実にもったいないことだと思う。

スポンサーリンク

ひらめきを生む情報収集

人にも勧めているのが「アナログにこだわる」ことなのである。
アナログにこだわるとはどういうことかと言うと、デジタル機器や
紙媒体などを使わずに人間本来のやり方にこだわるということになる。
本能を重視するし、常日頃やってきて、自然と習い性になっている生活の知恵に頼るということになる。

アナログに情報を集め、しかも集めた情報は「整理するな」、そして「覚えるな」、
それが私がたどり着いた結論だ。
それが、長続きして、しかも情報を効率よく活用するための近道なのだ。

インターネットの検索機能を使った情報収集は、短時間で基本的な情報を集める程度にとどめている。
理由は2つある。
一つは、繰り返しになるが、それは誰もが集められる情報であるからだ。
誰もが集められる情報だけでは、創造的な思考を生むのは難しいものだ。

(中略)もう一つは、検索という行為は、最初にキーワードを入れるので、
そのキーワード以外に発想が広がりにくいという欠点を持つことだ。
その結果、情報収集も型にはまりがちになるし、情報収集の過程で
新しい発想が浮かぶ=ひらめくということが少ない。

情報収集の過程は、決してつまらない地道なものであってはいけない。
それ自体が創造力を刺激する、楽しい、
そして創造的な作業でなければいけないと私は思う。
(中略)自分の感性を信用して、どん欲に、しかし気楽に情報に接するのが良いと思っている。

などなど発想力を高め、アイデアを爆発させる方法は非常に参考になります。
企画食の方や商品開発を担当している方は、試してみると画期的なアイデアがひらめくかもしれませんよ!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!