ワークポートの転職支援をコンシェルジュから聞いてきた!2chとかの評判は気にする必要なし!

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 仕事・キャリア, 就職・転職

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職支援サービスを提供する「ワークポート」にインタビューしてきました。転職支援によって得られるメリットなどがわかりましたよ。

話をしてくれたのは、ものづくり業界を担当するコンシェルジュ高田さん、建築業界担当の長友さん、IT・ゲーム業界担当の光山さん。

ワークポートで昨今の転職採用トレンドを聞いてきた
(右から、ものづくり業界担当のコンシェルジュ高田さん、建築業界担当の長友さん、IT・ゲーム担当の光山さん)

履歴書、職務経歴書作成、面接対策など、転職には欠かせない選考でのアシストなども聞いてきました。

また、地方(福岡、関西)での求人(Iターン)、現地で求められている職種も聞いてきました。転職を考えている方は参考にしてみてください。

現場経験者が転職支援をしてくれる

質問者の写真
(前回)転職における業界ごとの動向を聞いたので、次はワークポートさんの強みをお聞きしたいと思います。差別化ポイントなどをお聞かせ下さい。

解答者の写真
現場経験者がコンシェルジュになって転職支援している所です。その業界での経験があるので、採用力は強いです。

今後は、アウトソーサーへの支援を充実させ、そちらとのつながりを強めていこうと思っています。

補足「ワークポートのスタッフは業界経験者」

ちなみに、ワークポートのスタッフには、業界経験者が多いのです(IT・ゲーム系で特に)。

また、エンジニア出身者がコンシェルジュをやっていることもあるので、求人先の企業と専門用語を使って会話できるんだとか。それによって、企業のニーズも拾いやすくなるんですね。

業界の事を知っている方にお話するのと、そうでない方にお話しするのは、安心感が違いますからね。納得です。

建築「求職者と企業向き、双方が業界経験者として熟知」

質問者の写真
建築業界はいかがでしょうか?

解答者の写真
担当者が業界を良く知っているのが強みです。これは、

社内体制として、「求職者向き」「求人企業向き」の専任制をとっているのですが、この両方の担当者(コンシェルジュ)が業界関係者なのです。

面談に行った時、専門用語でも会話できることや、建築現場の話、「前職で、この人と仕事してたんですよね」という話ができると、先方も安心して心を開いて話してくれるので、これは大きいです。

競合を見ると、業界に特化している求人サービスでも、業界経験者はほとんどないはずなので、貴重なことだと感じています。

IT・ゲーム「コンシェルジュが特定領域に注力」「その日の面談で書類選考通過も」

質問者の写真
IT・ゲーム業界はいかがでしょうか?

解答者の写真
IT業界の中でも細かく分けて対応できるところが強みです。

社内体制として、「ゲーム」「SI(システムインテグレーション)」「NI(ネットワークインテグレータ)」など業界別にいくつかチームを分けています。

それによって、特定の領域に注力できるようになっています。また、担当者が選任することで採用力も高まります

スピード感も武器です。

例えば、求職者を担当するコンシェルジュが、企業とやり取りするコンシェルジュと連携することにより、選考を進めてもらうことがあります

採用側のニーズを知ったコンシェルジュが、求職者をよく知るコンシェルジュと情報共有し、「その方に面談意思があるならば、面接してもらえます」と教えあう、といったように。

その場合、書類は通るので、すぐ次の選考に行けるんです。

非公開求人も閲覧でき、忙しい人もOK

質問者の写真
なるほど。

解答者の写真
前述したことに加え、IT業界に限らず、ワークポート自体が企業とのつながりが強いことも利点です。

セミナーを定期的に開催していて、クライアント(求人募集中の企業)の方にお越しいただいています。こうした事は他と比べても珍しいのです。

また、セミナーから選考に進む事もあり、その際は選考に通る確率が高くなります

さらに、自社内開発のシステムが充実していて、「eコンシェル」というマイページでは、担当コンシェルジュとのやりとりができます

非公開求人を自分で検索できますので、仕事で忙しい人も求人を探しやすくなっています。

ワークポートで昨今の転職採用トレンドを聞いてきた
(右から、ものづくり業界担当のコンシェルジュ高田さん、建築業界担当の長友さん、IT・ゲーム担当の光山さん)

スポンサーリンク

忙しくてコンシェルジュに会えない求職者には電話・メールで対応

質問者の写真
僕も転職活動をしたときに困ったのですが、求職者はコンシェルジュと面談する時間の確保が難しいですよね。そういった方のために、どんな取り組みをなされていますか?

解答者の写真
忙しい人には電話でも対応しています。もちろん、メールも可能です。

「逆に求職者を訪問」「平日休みに面談も」

質問者の写真
他には何か対応してますか?

解答者の写真
求職者が忙しい場合は、こちらから訪問します

場所と時間さえ指定していただければ、訪問可能です。実際に会ってからの方が、気持ちを開いて話してくれますので、この方法を採用しています。

ただし、これをやっているのは建設業界だけです。

また、建築業界の転職希望者ですと、土日に仕事することもあるので、平日休みに訪問しようと思っています。社内的にも、新しい領域ですので、新しいやり方にチャレンジしています。

特殊な対応だと、企業担当のコンシェルジュに同伴して企業訪問することもあります。通常は、求職者向けとクライアント向けで分業制なのですが。

採用側のニーズを聞けるので、仕事探しのお手伝いがしやすくなるんですね。また、採用企業側も業界経験のあるコンシェルジュが一緒にいると、安心して求人を渡せます

これも大きなメリットです。

「遅い時間でも面談対応」「選考の日程調整をアシスト」

質問者の写真
IT・ゲーム業界はどうでしょう?

解答者の写真
まず、電話対応で相談にのっています。IT業界は仕事の終わりが遅いので、夜は「20:30開始の会」まで面談できるようにもしています

また、選考時の時間調整もお手伝いしています。

求職者の都合のつく時間にやりくりする、という感じです。始業が遅い業界なので、朝早めの時間で調整してもらうことが多いです。

スポンサーリンク

補足2「転職支援サービスを使っても在籍企業にはバレないよ」

僕も経験があるのですが、転職支援サービスを使う時って、所属してる企業にバレるのが怖いですよね。

でも、心配ありません。バレる事はないです。転職経験のない人は知らないことなので、覚えておきましょう。

「it系のGREE社、DeNA社は入社後の満足度が高い」など転職市場の動向などを聞いてきた
(面談する部屋。個室です)

定期的にセミナーを開き、プロからの面接対策と履歴書講座を

質問者の写真
他にはどんな支援を?

解答者の写真
履歴書、職務経歴書の書き方と、面接対策を行っています。

毎週セミナーを開いて、書くべきことを学んでいただいています。面接対策は、現場のプロががアドバイスしています

履歴書は斜め読みされる!キーワードを盛り込もう

質問者の写真
書類審査に通るように、具体的にはどのような指導をしていますか?

解答者の写真
職種に応じて必要な項目など、基礎的なことから教えています。

デザイナーなら「ポートフォリオの提出」、エンジニアなら「開発言語の経験年数」の記入が必要です。そういった項目の書き方ですね。

企業によっては「学習経験」をほしがるところもあるので、そういった違いも教えます。また、通過しやすい履歴書の書き方もあるので、足りないと思った部分を修正していただいてます

基本的に採用側は書類をザッとななめ読みします。引っかかるキーワードをチェックするのです。

なので、そうした読まれ方を想定して、履歴書、職務経歴書の指導を行います

ものづくり「誤字脱字はNG」「合否判断する人間を意識」

質問者の写真
他の業界はどうでしょう?

解答者の写真
業界が堅めということもあって、誤字脱字はNGです。そこを特にチェックしています。最終に近い段階で合否判定する方は、書類をきっちり読むので、その点を意識して添削しています

建築「0から一緒に作る」「写真さえ貼れば送れるように仕上げる」

質問者の写真
履歴書、職務経歴書作成において、ワークポートのコンシェルジュはどれくらい手伝ってくれるのですか?

解答者の写真
ほぼ全て手伝うこともあります。履歴書を0から一緒に作り直す、という感じで。

送ってもらった書類が、雑だったり、箇条書きだったりすると、フォーマット通りに書いて送り返しています。

こちら側が作りこむので、「写真を貼ってあとは提出するだけ」という状態まで仕上がることもあります。そうした書類を作ると、通過率が上がるので、きめ細かく対応しています

企業の人事に言われたのは、職務経歴書の書き方が大きな判断基準になるということです。仕事ができる人、できない人の差がここで大きく出るんです。

できる人の職務経歴書は、「やったこと」「場所」「チームの人数」など具体的な数字が入っています。一方、できない人の書類は、抽象的にまとめられています。

こうした現状があるので、それくらい正確になるように修正して求職者に送り返しています

「it系のGREE社、DeNA社は入社後の満足度が高い」など転職市場の動向などを聞いてきた
(ワークポートの相談ルーム)

ここまでは、主に東京で働く人向けの説明でした。

これまでの話から、転職相談をしてみたいと思った方は、以下の青文字リンクから相談の申し込みを行ってみてください

ワークポートのサイトはこちら>>

以降は、地方における転職支援のお話です。

支社の説明「地方在住者は注目」

ここからは、福岡と関西の支社についてお話を伺いました。

福岡「東京からのIターン希望者が多い」「IT系、EC系の会社多し」

福岡は2015年1月に立ち上がりました。

現地では、人材紹介会社を使った転職が根付いておらず、まずはサービスの意義を伝ようと奮闘中。福岡では、縁故、コネ採用が多いようです。

しかし、東京で働く人の中でIターン、Uターン希望者は多いので、その需要供給ギャップを埋めようと動いているんだとか。

福岡は行政が移住支援に熱心

福岡での求人を盛り上げようと、東京でセミナーを毎月開催中。現地の方を招き、移住先で働く注意点などを話してもらっています。

具体的には、住む場所、東京との働き方の違い、スピード感など。

現地には地域に根ざした会社に加え、IT系、EC系の会社も増えています。Iターン者にとっては良い環境が整っているそうですよ。

関西「エンジニアニーズ増」「営業なら、大手の支社で働けるチャンス」

開催支社は2015年初旬の立ち上がり。

現地求人で特に活発なのがSI系。エンジニア職種のニーズが多く「未経験でも採用しますよ」のスタンス。それくらい人が足りてないんだとか。

話好きが多く、面接は通りやすい

他だと、SIに限らず、営業職種の求人が盛り上がっているとのこと。

特に多いのが、20代の営業職種の募集。東京の支社における求人が多く、大企業で働けるチャンスなのです。

また、土地柄、お話し好きな人が多く、面接は通りやすい傾向に。書類が通ったら、うまくいきやすいとのこと。ワークポートとしては、今後も関西支社を拡大し、転職支援できる体制を整えていく方針だそうです。

「it系のGREE社、DeNA社は入社後の満足度が高い」など転職市場の動向などを聞いてきた
(ワークポートの個室)

0から履歴書を考えてくれるとか、ガチだと思った

インタビューするまでは、IT・Web・ゲーム業界に強いイメージしかなかったワークポート。

しかし、話を聞いてみると、各業界での転職支援に挑戦し、大手にはできないことを意識して活動していることがわかりました。

特に、建築業界のコンシェルジュ・長友さんは、求職者の履歴書を0から考えてくれるようで、めちゃくちゃ気合いが入っていましたよ。

ワークポートで相談してみる >>

仕事しながらの転職は大変なので、プロに任せてしまおう

僕も、転職活動で経験しましたが、履歴書・職務経歴書ってめんどくさく書けないんですよね。なので、長友さんの丁寧な取り組みはホントにありがたいことなのです。

このようにして、色んな業界で転職支援を手掛けるワークポートの取り組みにはこれからも注目したい所。

ちなみに、2ch(2ちゃんねる)や評判・クチコミを投稿するサイトではいろんな評価がされていますが、しょせん匿名によるものなので、気にする必要はないですね。

アレって誰でも書けちゃいますから。

複数使う転職サービスの1つとして位置付けを

そもそも、転職の際は、複数のサービスを使えばよくて、1つがダメなら他のものをメインで使えばいいのです。

なので、転職をぼんやりとでも考えているみなさん。一度相談してみてください。話を聞いてみて「別に転職しなくてもいいな」と思ったら、それでも大丈夫なので

まずは、以下のリンクから登録して話を聞きに行ってみましょう。

ワークポートで仕事相談してみる>>

ではまた!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!