仕事がつまらない状態から抜け出す方法

公開日: : 最終更新日:2015/11/29 仕事・キャリア, 就職・転職

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事がつまらなくてやる気が出ない。。こんな人はたくさんいるはずです。僕も会社員時代そう思っていました。

しかし、ベストセラー本『夢をかなえるゾウ』を読んで仕事がつまらない状況から抜け出すことができたんです。

ということで、今回は楽しい仕事を見つけるきっかけとなった本書の名フレーズを紹介します。フレーズをきっかけにつまらない仕事を辞めて、やりがいある仕事を見つけましょう。

構成としては、序盤に「仕事がつまらない」主な理由とその対策を書き、その後、他にもある理由とその対処法を紹介するというもの。

つまらないと感じる基準は人それぞれなので、いろんな基準をもとに書いてみました。それでは、どうぞ。

仕事がつまらない理由「何となく選んでしまうから」

まずは本題の答えから。仕事に前向きになれないのは、「なんとなく選んだこと」が原因だったんです。

つまらない仕事から抜け出す方法

日本のほとんどの大学生は、ナーンも仕事を経験せんと、そのまま会社に放り込まれるわ。自分のやりたい事はなんもわからんのに、何となく名前のある企業を受けるわ

でも、会社の面接ではまるでやりたい事があるかのように話すやろ

けど、周囲の人からバカにされたないから、なめられたないから、それなりになのある企業入って、上司から『これやれ!』言われて、そうやって命令された事をこなしてこなして今まできとるんやろ

仕事がつまらないと思う理由、仕事選びに失敗する理由がここに凝縮されていますね。世間体を気にして、ブランドで選んでしまうことが失敗の原因なんです。

あなたも心当たりがあるはずです。就職活動中は、自分のやりたいことなんてわからないから、親に喜ばれそうな、自慢できそうな会社を選びます。しかし、そんな軸で選んで楽しい仕事を見つけるのは非常に困難です。

例えば、森永や電通、銀行など有名企業に入っても、自分に合わないことがあれば、仕事はつまらなくなります。こうならないためには、仕事の選び方を変える必要があるんですね。

つまらない仕事ではなく夢中になれる仕事を見つける

では、どのように仕事を選べば良いのでしょうか?その答えが以下にあります。

つまらない仕事から抜け出す方法

小学生のときの自分思い出してみい。
自分が一番力発揮できとったの、嫌々やる宿題でやったか?

ちゃうやろ。カブトムシどうやって取るかとか、ドッヂボールやったり、ゲームやったり、そういうときに脳みそフル回転やったやろ

自分ででかい仕事しよう思ったら、成功しよう思ったら、あのカブトムシ取るときの感覚が仕事の中に少しでもないとあかんで。

自分の持ってる能力100%発揮して、やっと人より優れた仕事出来んのに、嫌々やっとったら絶対小さい仕事しかでけへんよ。

セリフからもわかるように、自分が心から楽しいと思える事でしか力を発揮する事はできないんです。なので、夢中になる感覚を仕事にも取り入れる必要があります。そうすれば、仕事が楽しくなります。

では、「夢中になれる仕事」はどうやって見つけていけば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

注目すべきは「勝手にやっている作業、毎日好きでやれる作業」

そのためには、「作業」に注目する必要があります。

つまらない仕事から抜け出す方法

結局の所、仕事いうんは『なにか作業をする』っちゅうことや仕事に費やす膨大な時間、それはつまり『作業に費やす時間』や。

だから仕事はブランドで選ぶと不幸になるんや。その『作業に費やす時間』の喜びを犠牲にする事になるからな

仕事は作業や。
せやから、自分が仕事で幸せになりたかったら、自分が一番好きな『作業』を選ばんとあかん

どんだけでも続けられる一番好きな『作業』を仕事にするんや。
それが仕事の正しい選び方や。

「仕事は作業。作業をするなら、自分が一番好きなものがいい」

こんな当たり前の事を意識せずに、私たちは仕事を選んでしまっています。だから、仕事がつまらないと感じる人が多発するのです。これは非常にもったいない事ですので、今後は好きな作業を見つけて、それを仕事にしてください。

では、どのようにして好きな作業を見つければいいのでしょうか。

スポンサーリンク

好きな作業は、他の人ができないけど自分が自然とやっていること

夢中になれる仕事のために必要な「好きな作業」とは、「周りの人が大変と思ってやっているけど、自分は自然とやってしまっている作業」、または「お金をもらわなくても自然とやってしまう作業」です。

僕の場合は、書くこと、発信することが「好きな作業」でした。小学校時代から、勝手に学級新聞を書いていたくらいです。

さらに、大学卒業後、フリーターみたいなことをしていたときは、「面白そうだから」という理由でNAVERまとめを始めてひたすら書いていました。

そのあと、ブログを見つけて好きなことを書き続けていたら、今のように「ブログを書いてお金を稼いで生活する」スタイルが築けたんです。

実際、今の仕事は面白くて、休みの日など関係なく毎日書きまくっています。こうした理想的な生活を手に入れられたのは、好きな作業に気付けて、それをどう仕事に活かせばいいか考えたからです。

つまらない仕事から抜け出す方法

好きな作業を仕事で活かすには、プロに相談してみよう

僕のように、書くこと、発信することが好きであればブロガーやライターのように仕事に結びつけることができるでしょう。発信することを生かすのであれば、企業の広報担当者というやり方もあります。

しかし、それ以外の「好きな作業」はどうやって仕事に活かせばいいかわからない、というのが大多数の意見でしょう。

なので、好きな作業をどんな仕事に活かせばいいかわからない人はプロに相談してみましょう。転職求人サイトのスタッフ(キャリアアドバイザー)に聞いてみるのです。



(おすすめの求人サイト「ワークポート」)

アドバイザーから、スキルに見合う仕事を提案してもらえる

彼らは、多くの人のスキルを診断してマッチしそうな企業に紹介してきました。転職の際は、こうした「求職者の能力を見極めて、それが生かせる会社を探してマッチングされる」工程が発生します。

いわば、人の長所を見つけて、会う仕事を見つけるプロなのです。なので、好きな作業の生かし方がわからないなら、転職求人サイト「ワークポート」のスタッフに相談してみましょう。

そうすれば、夢中になれる仕事を見つけることができます。

仕事が単純作業でつまらない場合の対処法

他に、仕事がつまらない理由として「単純作業ばかり」というものがあります。

例えば、事務作業で同じ作業ばかりしている、工場のラインで機械でもできそうな作業をしているなど。

もちろん、こうした作業を伴う仕事が悪いと言っているわけではありません。合わない人は、変えるべきと言っているのです。

単純作業が嫌いなら毎日変化する業界に行こう

つまらない単純作業の仕事から抜け出す方法

一般的に、単純作業がつまらないと感じる人はクリエイティブな仕事や環境変化が激しい仕事が向いています。例えば、変化の激しいソーシャルゲームのディレクター、エンジニア、デザイナーなどです。

僕はソーシャルゲームの会社で働いていたのですが、環境変化が激しく単純作業はほとんどありませんでした。リリースしてからも生き物のように変わり続けるのが当たり前なので、毎日が新鮮でした。

なので、単純作業が辛いと感じているなら、毎日異なる環境で働ける仕事を選ぶと良いでしょう。そういったIT・Web系の仕事は「ワークポート」に多く存在しているので、探してみてください。

仕事が(世の中に)役立っているかわからないからつまらない

仕事がつまらない理由としては、世の中に貢献できている実感を持てないから、というものもあります。

これは、ToBのサービスを運営している人が感じやすいです。例えば、一般消費者向けにサービスを提供する食品メーカーなどに入ると、「作った食品が世に出て、食べた人を幸せにしている」と実感が持てます

また、テレビや雑誌などマスメディアで働いていれば、自分が作ったコンテンツが世に影響を与えることでも仕事のやりがいを感じることができます。

しかし、企業向けに提供している商品、例えば部品や素材、アプリケーションなどはダイレクトに反応が見れるわけではないので、人の役に立っているか確認しにくいです。

一般ユーザー向けのサービスに関わろう

実際、そうした不満を感じて、企業向けにITシステムを提供している大手SIerから一般ユーザー向けにサービスを提供するベンチャーに転職する人は多いです。

そうすると、世に送り出すことにやりがいを感じられるようになって、以前よりも満足いく仕事ができるようになります。

なので、同じ悩みを持っている人は、世の中の反応が確認しやすいToCサービスを提供している会社を狙いましょう。そうすれば、仕事がつまらない状況から抜け出せます。

人間関係が悪くてつまらない

他だと、職場の人間関係が悪くてつまらないという人もいます。

僕も痛感したのですが、仕事の満足度は人で決まります。会社員時代、ソーシャルゲームのプログラマーをやっていたのですが、プログミングが嫌いでした。

しかし、なんとか投げ出さず続けることができました。それは、職場の人がよかったからです。

人間関係が仕事の面白さを決めている

実際、転職理由のほとんどは人に関係しているんです。例えば、上司が嫌い、職場の雰囲気が良くない、上層部がワンマン、上司に劇ツメされるなど。

このように、人間関係が仕事をつまらなくしている事例は各所にあります。なので、人間関係が悪くて悩んでいるなら、部署を変えてもらうか、転職してしまいましょう。そうすることで、仕事の満足度も変わります。

参照:職場の嫌いな人への接し方

仕事がうまくいかないから、つまらない

最後に、致命的な仕事がつまらない理由を紹介します。それは「仕事がうまくいかない」というものです。

例えば、営業で契約が取れない、ミスが多い、企画が通らないなど。この場合は、仕事のやり方を見直す必要があります。具体的な対策として行うべきは上司に相談することです。

上司になっている人は、しっかり成果を出してきた人です。なので、うまい仕事のやり方を知っています。先人から、ノウハウを教えてもらってマネるのは成功者も実践している重要な行動特性なのです。

弱点を指摘してもらって、改善すれば仕事が楽しくなる

さらに、相談して弱点を指摘してもらうことも効果的です。

営業であれば、アポ取りのメール文章がダメ、アポを取って面談しても自分の利益ばかりを考えて提案してしまう、そもそも目が死んでいる、声が小さいなどでうまくいかないのかもしれません。上司に相談したら、そういった自分に足りていないことも指摘してもらえるでしょう。

なので、仕事がうまくいなかくて悩んでいるなら、仕事のできる上司に相談してみましょう。

原因を明らかにしてつまらない仕事から抜け出す

今回紹介したつまらない仕事から抜け出すためのノウハウは業界、職種関係なく使えます。

特に、好きな作業を見つけるのは多くの人に当てはまることで重要なことです。仕事がつまらないと悩んでいた方は実践してみてください。

その際は、上記でも紹介した「ワークポート」のスタッフに相談することもお忘れなく。



URL:http://www.workport.co.jp

行動を改めないのが一番の悪

相談の際は、「ワークポート」のサイトで会員登録してスタッフからの連絡を待ち、日程調整をする必要があります。なので、いきなり連絡が来ても慌てないよう、この流れを頭に入れておきましょう。

連絡が来た後は、相談に行ける日程を調整するだけです。あとは、好きな作業を活かせそうな仕事を教えてもらうだけです。登録も相談も無料なので、ぜひ使ってみてください。

>>ワークポートのサイトから自分に合う仕事を見つける

ではまた!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!