夢を追うべきか考えよう →『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』

公開日: : 最終更新日:2015/07/08 仕事・キャリア, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ホワイト企業に居ながら、夢を追いかけるために危険な道を選ぼうとしている方へのメッセージです。あと、アンチ大企業で就職せずに生きていこうと思っている学生にも読んでほしいです。

「プロブロガーになりたいんです!」「お勧めしません」

中川 淳一郎による著書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』にて「これはまさに!」と唸ってしまうフレーズがあったので、紹介します。

何もやらないことによって一生幸せな夢を見続けられる

やはり、一発大ヒットでウッハウハ!のような職業はリスクが高すぎるのである。

安定して穏やかな生活をくりたいのであれば、あまりその道に足を踏み入れない方が良い。

「いつか応募する」「いつか起業する」と考えていく内に気づいたら年を取っていて、死ぬ間際に「おじちゃんは高校のとき、クラスで一番アイディアマンでね、社長になろうと思っていたことがあるんだよ、ゴホゴホ」と孫に思い出話を語る程度が一番幸せだ。

「圧倒的な力の差」を見せつけられる場に全く出ないことによって永遠に夢を見続け、自分の秘めた力を夢想して幸せでい続けるパターン

僕も、これに近い考えを持っています。
仮に、「プロブロガーになるために就職しません!」とか「プロブロガーになるために大企業(ホワイト企業)を辞めます!」と言われたら、絶対止めます。

だって、そんな危険な道を渡ってほしくないですもん。僕は幸運にもブログで飯を食うという理想的な生活を送れていますが、本当にやりたいことを実現するには色んなリスクを負わなければならないのです。

ましてや、ホワイト企業を辞めてまでそのリスクを負うなんて、もったいなさすぎるのです。「ブログを書いて生活しています」と自己紹介すると、たいてい「気楽そうで良いね」と言われるのですが、全然そんなこと無いんですよね。

運営や記事への反応であれこれ悩むなんてしょっちゅうですし、Webの世界は水物なので、常に次の一手を考えています。こうした裏側を知らずに、夢の世界に飛び込んでしまうのは本当に危険なのです。

「いつかやりたいと思ってるんですよー」←これ幸せ

それよりも、ホワイト企業に勤めながら「こんなことをやりたい!」と夢想しておくのが一番幸せだと思うわけです。夢を見るだけならリスクも無いし、その瞬間は気持ちよくなれますからね。

夢は「いつかかなう」と文字通り「夢想」することによって幸せな気持ちになれるのだ。

ホワイト企業にいれば、安泰で定年まで給料をもらえて、定時に帰れてリスク無く暮らせる。こんなに素晴らしい生活は無いですよ。それを投げうってまで、挑戦するなんてよっぽどやりたい事が無い限り推奨できません。

もちろん、ブラック企業にいて辛い思いをしている場合は話が違います。

参照:仕事が辛くて辞めたいと悩んだとき楽になる方法

でも、そうではなく、ホワイト企業という恵まれた環境に居るなら「いつかやりたい」と思いながら、何もしないでいる方が楽で幸せなんです。

「アンチ大企業」な学生にも釘を刺しておきたい

ですので、たまにいる「アンチ大企業、ベンチャー最高!起業最高!」みたいな学生には是非とも考えを改めて頂いて、大規模のホワイト企業でぬくぬく暮らす生活を目指してほしいと思います。

僕もそうだったんですけど、学生時代は、なまじっかベンチャーというものに憧れてしまうものなんです。でも、実際に働いてみて「ホワイト企業や公務員は何て幸せななんだ」と気づきました。

学生はフルタイムで働いた事が無いので、つい夢想してしまいがちなんですが、現実はそうではありません。夢をかなえるには、相当なリスクと努力を要します。プライベートだって犠牲にする必要があるでしょう。それに耐えられるなら、夢をかなえるための行動をすればいいと思います。

ただし、ホワイト企業に入ってプライベートを充実させる生き方もあるという事だけは知っておきましょう。実際、そうやって幸せに生きている人は居ますからね。

ホワイト企業で幸せに生きる人の生活を見ても挑戦したいか

実際、中川さんの友人にはNTT系の会社に入った方が居て、その方はスゴく幸せな生活を送っているようなのです。

別に、俺はあいつらみたいに世界中を飛び回りたいとかいう希望も無いし、でっかい事をやりたい、という希望もない

必要な金が手に入り、毎週フットサルができて、年に1階は旅行に行けるような生活がしたかったんだよね。

さらに、実際会社に入ってみると彼はいきなり出世街道に乗り、面白い仕事を任せてもらえることだらけとなったのだ。

夢想をするのではなく、現実的に達成したいものをイメージすることによって、彼は結果的にトクする人生を歩んでいる。

どうでしょう?
こうした例を見ても、まだ危険な道に飛び出そうと思いますか?

ホワイト企業に居ながらだって、会社のリソースを使ってやりたい事ができます。もちろん、大掛かりなプロジェクトに携わる際も「会社を辞める」レベルのリスクはありません。

ですので、「夢」のためにリスクを冒そうとしている皆さん。もう一度良く考えて下さい。今の環境が世間的に見て幸せなら、そのままの生活を送った方がいいです。

「夢」を「いつかやりたい」程度に考えて毎日を過ごしていきませんか?
ということで、「夢、死ね!」なんて言いませんが、これだけ言って今回の記事を締めさせて頂きます。

「夢、タンスにでも入っとけ!」

ではまた!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!