税理士と無料相談し顧問契約した後に解除!変更方法も体験談からまとめてみる(土日対応ある?)

どうも。独立して7年目のタクスズキです。

この記事では、税理士さんと無料相談してから契約し1年で解除した話、その後に税理士さんを変更した話を書きます。

ぼくの失敗談などから、税理士さん選びで後悔しない方法、いい税理士さんと出会う方法を学んでください。

>>【評判】税理士紹介サイト「ビスカス」で税理士さんを見つけて契約!その流れを紹介します

税理士さんからの決算資料
(契約中の税理士事務所から届く書類)

2人目の税理士さんが最高

以下、記事に書く内容。

・【そもそも】税理士さんは何をしてくれるか?

・税理士さんと顧問契約するメリット・デメリット

まずは無料相談で料金などを教えてもらえる(土日OKの事務所も)

無料相談から契約までの流れ(相場把握などの注意点あり)

・契約から解除までの流れ(やること)

税理士と契約変更・解除

1人目から変更!次の税理士さんを探すためにやったこと

では、それぞれ説明していきます。

>>【評判あり】税理士ドットコムで契約した税理士さんと契約解除した!相談料金の相場なども書いておくよ

スポンサーリンク

【そもそも】税理士さんは何をしてくれるか?

税理士さんは以下の仕事をしてくれます。

記帳業務、日頃のキャッシュフローを元に経営相談(アドバイスが参考になる)、法人なら役員報酬を決めてくれる

節税対策、決算・申告、補助金などお得な制度の提案、人によっては事業継承、資金繰りについても助言

このように、お金に関するいろんな仕事をしてくれるのが税理士さんです。(資産運用のアドバイスをもらう人もいる)

>>【評判】税理士紹介サイト「ビスカス」で税理士さんを見つけて契約!その流れを紹介します

スポンサーリンク

顧問契約とは?相場はいくら?

ちなみに、顧問契約とは税理士さんと年間契約を結び、毎月顧問料を払う状態です。(会社なら期末の決算もお願いする)

税理士の顧問料
(毎月の顧問料。年商に応じて額が変わります。月1万円〜OK)

※以下、毎月の顧問料の相場目安

顧問契約するメリット・デメリット

そして、そんな契約を税理士さんと数年間結んでわかったのは、仕事をお願いすることで得られる以下のメリット。

・会計周りの仕事を任せることで、本業に集中できるようになる(個人事業主時代、確定申告で消耗したのがもったいなかった)

経営はもちろん、お金に関するアドバイスが貴重(不安を都度解消できるのは、とてもありがたい)

・節税についても教えてもらえる

・税金の払い忘れ(漏れ)がなくなる

・人によっては、「税務調査に立ち会ってもらえる」というメリットも

では、1つずつ解説します。

>>【評判あり】税理士ドットコムで契約した税理士さんと契約解除した!

本業に集中できるようになる

会計周りの仕事を任せることで、大事な本業に集中できるようになりました。

個人事業主時代の1〜2年は、じぶんで確定申告し時間をムダにしていたのがホントもったいなかったです。

マジで専門家の知識は宝なので、外注した方がいいと学びましたね。

>>【評判】税理士紹介サイト「ビスカス」で税理士さんを見つけて契約!その流れを紹介します

経営、お金に関するアドバイスが貴重

ひとりで会社をやってると、相談できる人がおらず、不安になることがあるので、そういった時プロに相談できるのはありがたいです。

あと、人を雇っているのであれば、経営について詳しい相談もできそうです。

※いろんな経営者を見てきて、知見が貯まってる税理士さんのアドバイスはとても参考になります

>無料!ぼくが税理士さん探しで使ったサイト

節税についても教えてもらえる

小規模企業共済、経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)、保険などの節税方法を教えてもらえるのもメリット。

ただ、最近は保険による節税がそれほど意味ないので、こちらもご理解を。(無理してやらなくていいと思う)

>2人目の税理士さんを見つけたサイト(無料で使える)

税金の払い忘れ(漏れ)がなくなる

法人を作ると特に、払う税金の種類が多くなるので、税理士さんがいないと払い漏れの可能性も高くなります。

その場合、追加で払う税金が増えてしまうので、そういったリスクを回避するためにも顧問契約はおすすめです。

払うタイミングで都度、「〜までに払ってください」と連絡をもらえるので、とても助かります。

>>【評判あり】税理士ドットコムを無料で使った感想

人によっては、「税務調査」というメリットも

あと、「税務調査」がある場合、立ち会ってもらえるのは心強そうです。

税務署OBの税理士は特に頼もしそうです。

>>【評判】税理士紹介サイト「ビスカス」で税理士さんを見つけて契約!その流れを紹介します

>無料!ぼくが税理士さん探しで使ったサイト

税理士さんと顧問契約を結ぶデメリット

メリットは多いですが、税理士さんと契約する場合「毎月の顧問料」がかかるというデメリットもあります。

ただ、顧問料以上にいろんな知識を教えてもらったりして得してるので、ぼくはそれをデメリットに感じたことはないです。

むしろ、紹介してきたメリットの方がずっと価値あるので、今後も税理士さんにお願いし続けますね。

ぼくと同じ意見の人は多く、周りで起業した人も「税理士は必要」と言ってますね。

>2人目の税理士さんを見つけたサイト(無料で使える)

税理士さんを探すサイトは複数使って比較するのがおすすめです。(紹介してもらえる人が異なるので)

>無料!税理士さん探しで使ったサイト

個人事業主は契約すべきか?

結論、個人事業主であっても、税理士さんに確定申告などをお願いした方がいいですよ。

法人化のタイミングとかも教えてもらえて、便利なので。

>>【評判あり】税理士ドットコムで契約した税理士さんと契約解除した!相談料金の相場なども書いておくよ

まずは無料相談で料金などを教えてもらえる

そして、税理士さんと契約するかどうかは、無料相談してからでもOKなので、まずやってみるといいです。

無料相談することで、どれくらい節税できるか、会計業務をどれだけ減らせるかもわかりますので。

>>【評判】税理士紹介サイト「ビスカス」で税理士さんを見つけて契約!その流れを紹介します

検索して無料相談までの流れ

ビスカスなどで検索していい感じの税理士さんがいれば、メール問い合わせし、以下の項目に答えます。

・面談希望の税理士事務所名

・事業拠点(市区町村の辺りまで、または最寄駅)

・確定申告は、青色申告か、白色申告か
 
・事業規模(大よその年間売上金額・従業員数・店舗数 など)

・会計ソフトの利用状況 (freeeとかMF会計ソフトのアカウント権限を与えて入力作業をお願いするのが一般的)

土日OKの税理士事務所も

あと、土日に相談できる事務所もあるので、税理士探しサイトで確認を。

>税理士ドットコムのサイトを見てみる(無料で使えます)

無料相談から契約までの流れ(相場把握などの注意点あり)

無料相談後は事務所から「今日はありがとうございました」の連絡がきて「契約をどうするか」尋ねられます。

そこで契約するなら、以下のことをやります。

①見積書・契約書の確認

②契約の締結・支払(顧問料や「決算の費用は別か」などは必ず聞きましょう)

③freeeなど会計ソフトアカウント共有

1人目の税理士の場合、見積書・契約書を確認し、電子契約用のメールを送ってもらって契約締結しました。

その後、月額顧問料の支払用の口座振替依頼書を送ってもらって記入し、報酬支払いの設定も済ませました。

>1人目の税理士探しで使ったサイト

契約から解除までの流れ(やること)

1人目の税理士は定期的なアドバイスがなく微妙だったので、契約解除しました

税理士と契約変更・解除

その際は、電子契約用のファイルを送ってもらって契約解除しました。

こんな感じで、簡単に税理士は変更できます。(解約の違約金などもなし)

こんな税理士は選んではいけない

あと、契約して後悔する税理士の特徴をまとめたので参考に。

・顧問料が相場より高い割に訪問(対面での相談)頻度が少ない

・提案やアドバイスが少ない

・相性が悪い

・自社の業界に疎い(IT系のツールを使っておらず、電話やFAX文化でメールすらできない)

・年代があわない(最新事情を勉強していない)

契約するなら、勉強熱心な30代~40代がおすすめです。

>2人目の税理士さんを見つけたサイト(無料で使える)

1人目から変更!次の税理士さんを探すためにやったこと

2人目の税理士さんを探した時も1人目と同じ流れです。

>>【評判】税理士紹介サイト「ビスカス」で税理士さんを見つけて契約!その流れを紹介します

ただ、ビスカスは税理士ドットコムと違って、希望の条件を仲介担当に伝えて、自動でマッチングしてもらえます。

ぼくは2つの税理士事務所を提案され、年代も近く勉強熱心な方と契約しました。

2事務所とも相性良さげで、ビスカスのマッチング精度は高いと感じました。

>ビスカスのサイトを見てみる

求める作業を明確にして料金を決める

あと、以下のことも大事です。

・求めるものだけやってくれたらOKなら顧問料は不要(2月〜3月の確定申告だけやってくれる人もおり、この人なら月額の代金不要)

・別料金になる業務を把握する(決算は顧問料に含まれないので、注意)

・相続税の相談や仮想通貨の損益計算などは顧問料と別料金の場合も(契約前にチェックを)

・副業でのFXやソーシャルレンディングなどの利益を伝えると、確定申告を代わりにやってもらえる

・年商によって料金が値上げされることを知る(定期面談の有無でも料金が違う場合あり)

なので、こういったことも把握して契約しましょう。

>>税理士紹介サイトを比較!個人や相続OKの相談所の口コミ、手数料などまとめ

引き継ぎの注意点・リスク

なお、適当な税理士だと、後任にしっかり引き継いでくれない場合があるみたいなので、注意です。

顧問料が安いところはいい加減なイメージです。(安かろう悪かろう)

>>ダメな税理士の失敗談:優秀な人の選び方(探し方)、月々の顧問料や記帳代行の相場もまとめ

>>税理士への相談料金の相場はいくらか?おすすめの紹介センター(会社)もまとめとく

いい加減な税理士かどうかの見極めも

安い税理士に任せっぱなしは危険です。(都度、財務に関する情報は自分でもチェックしましょう)

基本的に、顧問料が安い無責任な税理士は使わないようにしましょう。

>>【税理士も良し悪しあり】いい加減で使えない1人目は助言も訪問もしない最低の人だった

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。