【実態と評判】未経験からプログラマーになれる無料スクール「GEEK JOB(ギークジョブ)」:フリーランスになれた受講生も

どうも。会社員時代、プログラマーだったタクスズキです。

無料でプログラミングを学べるスクール「ギークジョブ(GEEK JOB)」の実態を調査してきました。

ここは、就職支援も無料でしてくれて未経験からプログラマーになれるスクールとしていま話題です。

元・プログラマーとしてすごいサービスだと思うのですが、話がうますぎるので、本当にユーザーが満足できてるかなどを調べてきました

未経験から安全にプログラマーになりたい人、手に職をつけたい人などは参考にしてください。


(ギークジョブの学習スペース)

【内容】この記事を読んでわかること

以下、記事に書くこと。

・ギークジョブの教室に潜入して、卒業生の話を聞いてきた

卒業生が前職までにやってた仕事

卒業生の進路(今どんな仕事をしてるか、今の満足度)

ギークジョブでの就職先の労働環境(残業時間など)

・卒業生が語るギークジョブの現実

では、それぞれについて説明していきます。

スポンサーリンク

教室で開催されたイベントに潜入

今回は、「ギークジョブ」の四谷教室で開催されたイベントに潜入してきました。

ギークジョブの実態

これはギークジョブの卒業生が在学生に「プログラマーとして働くこと」、「ギークジョブの感想」を語るもの

ここでは、卒業後にプログラマーとしてやる仕事、そのリアルについていろいろ聞けたので、まとめてみます。

※卒業生は4人が登壇し、客席にも4人いました。その人からも感想を聞けました(1人だけ19歳で、残り7人は20代でした)

スポンサーリンク

自己紹介:卒業生が前職までにやってた仕事

イベントは、登壇者(卒業生)の自己紹介から始まりました。(以下、箇条書き)

【1人目:Nさん。女性】
会社を辞めて、2019年1月にギークジョブ入学、3月末に卒業し就業。前職は不動産の営業をやっていた

【2人目:Sさん。男性】
19歳。青森から東京の大学に入ったが、すぐやめてギークジョブに来た

※2人以外の登壇者は仕事で遅れていたため、まずは2人の話が語られました(開催は金曜日)

>>【評判】無料プログラミングスクールのおすすめは?(エンジニア志望の大学生、20代向け)

ギークジョブを卒業してどんな仕事をしてる?

次に、2人が今している仕事について語られました。(まず、Nさんから)

アパレル通販会社のバックシステムを作ってる

・バックシステムとは在庫管理など。社員さんが業務で使う管理画面も作成。それを入社2ヶ月後から今までやっている

今仕事がめっちゃ楽しい。メンバーがよく、ドキュメントもしっかりしてる。未経験から入るにはかなりいい現場

・わからないことはあるが、あまり困らない。わからないことがあっても、誰かに聞けば解決する。

定時で帰れる。保守の仕事なので、遅くまで働くことがない

こんな感じで、かなりホワイトな労働環境でした。(ギークジョブで就職できる企業を知る

Nさん:内定をもらった後には勉強も

なお、ギークジョブではJavaを学んでいましたが、

内定先の企業からは「PHPをやるかも」と言われていたので、入社までにPHPを勉強していたそうです。

JavaよりもPHPは習得しやすいため、Nさんはスムーズに学べました

逆に、PHPを学んでからJavaをやるのは大変なので、「ギークジョブJavaからやれてよかった」とNさんは話していました。

Sさん:大手食品の電子クーポンなどを作成

続いて、19歳のSさんが今してる仕事の話。

・自社開発をしているIT・Web企業に内定(仕様書もなく、すべて0から自社で全部作る)

Twitterでの電子クーポンもやっている(大手食品メーカーのクーポンを5万本配布し、やりがいを感じられる)

・HTML、CSS、Linux、PHP、MySQLなども触る

仕事は楽しい。システム部門は3人しかいない。大変だけど、学んでやれることが増えていき、おもしろい

・自分で技術が伸びていくのが楽しい。サーバーをいじれるようになったり(バグ対応など、大変なこともあるが)

3人目が遅れて登場:今はRPAをやってる

そして、2人の仕事について話されたタイミングで、3人目のRさん(男性)が登場。(以下、仕事内容などの箇条書き)

・今は、RPA(ロボットによる業務の自動化)の仕事をやってる

・ベンチャーで仕様書を作るところから保守とかもやってる。SIerとの違いは「規模が違うので、全部自分でやれるところ」

前職は千葉での製造業(5年働いた後、退職して東京に引っ越しギークジョブへ)

・ギークジョブの担当者いわく「いっぱい内定を持っており、企業からかなり人気だった

・人によっては大変な仕事かもしれないが、やるがいがあるので、自分には合っている

というわけで、Rさんの話はこんな感じ。

プログラミングを身につけてよかったこと

続いて、「プログラミングが身についてどんな変化があったか」という話へ。

Rさん:2つあり、1つは技術(スキル)的なメリット。もう1つは最適化、効率化を考えられるようになった。仕事で生きる能力

Sさん:プロセスを説明できるようになった。上司に仕事の報告をする際に役立つ

>>未経験から独学で新卒ゲームプログラマーになれたので、やりがいや仕事内容、転職状況まとめとく

ギークジョブで学んだことは仕事でどれくらい役立っているか?

あと、「ギークジョブで教えてもらうことは、現場で役にたつか」「仕事で不足してる部分はあったか?」という質問への回答も。

Nん;ギークジョブでは人のコードを読む機会がなかったため、現場に出てから大変だったが、基礎が身についていたため、なんとかなった

Sさん:ギークジョブで学ぶことは役にたつが、基礎中の基礎なので、現場に出てからも学びは必要

4人目のKさんが登場(25歳の男性)

そして、このタイミングで4人目の卒業生Kさんが遅れて登壇しました。

25歳で、ギークジョブにきたのは2018年の7月。その後、就職し1年ほど社会人を経験

ギークジョブ来る前は何もしてなかった(働いてなかった)そうです。

プログラミング未経験でもすぐスキルがついた

ちなみに、Kさんは「歴代でトップレベルの実力だった」とのこと。(by 担当者)

ギークジョブに来る前はプログラミングやっていませんでした。

今は、光ファイバーの顧客情報を扱うシステムを開発してるそうです。

Kさんの「プログラミングを学んでからの変化」は、「同じことをしてると思ったら、効率化できるようになったこと」

スクールでの学習は今の仕事に生きてるか?

続いて、こちらに関する話が。

Rさん:すごい生きてる。プログラミングに関してもそうだが、実は面接とか勉強会などが生きている

面接だと「わかりやすい伝え方」の部分で。人と仕事する上でのコミュニケーション能力もギークスで身についた

・みんなで一緒に勉強する環境もよかった。現職のRPAは始まったばかりで、ノウハウを共有する場が多い。そこでの説明でスクールでの経験が役立ってる

ギークで仕事の進め方がわかり、採用でも有利に

女性のNさんは「ギークジョブでの経験で今に生きてること」について、以下のように語っていました。

・プログラミングもだが、日報が役立った。言語化する訓練になった

今の職場で、上司にわからないことを聞きに行く際に役立ってる。「ここまでわかってるけど、その先わからない」といった感じで

工数見積もりの練習ができたのは大きかった。目標設定のやり方、考え方も身につけられて、現職で助かってる

将来について考えるいい機会に:面接でも役立った

19歳のSさんは、以下のように話してくれました。

ギークジョブで、将来(10年後、20年後)について考える時間が役立った

・それのおかげでキャリアビジョンを面接で言えるようになった。それが内定にもつながった

担当者と話すことで、自分のやりたいことが明確になったのもメリット

・担当者(メンター)と今後どうなりたいかも考える。恩師ができた

話す力が身につき、選考で有利に

Kさんが語った「ギークジョブを使うメリット」はこちら↓

コミュニケーションが生きてる。担当者や同期とたくさん話すことで、伝える力が上がった

・担当いわく「Kさんは初期と比べると、相当しゃべれるようになった。技術力は高かったので、内定も多くもらえた」

・ギークジョブでは仲間もできて、卒業後も飲みにいくグループがある

ちなみに、ギークジョブに入学してほとんどの人が2ヶ月〜3ヶ月が内定をもらえてるそうです。

ギークジョブを卒業するまでにやっておけばよかったこと

「ちょっと後悔してること」では、以下のような回答が。

Rさん:勉強をもっとやっておけばよかった。ITの基礎を固めておくといい。サーバーとか、ITの基本情報とか

・それがわかってると、現場に入ってスムーズにいくと思う

>>無職やニートはプログラミングスクールで就職できない?厳しい現実まとめとく(30代は特に難しい)

>>【講師に取材】テックキャンプとエキスパートの違い、イナズマの評判、セミナー内容を聞いてきた

もっと友達づくりをすればよかった

Nさんの「ちょっと後悔してること」はこれ↓

・入学時期(というか人)によって、仲間のできやすさが異なる

・ギークジョブ参加者同士でもっと交流すればよかった。横のつながりが欲しかった

・今はSESで働いており、勤務先は所属と違う会社

こうした環境にいると、未経験同士で一緒にがんばった仲間や同期の存在が重要だと身にしみる

>>無料でプログラミングを学べて、プログラマー就職(転職)できるスクール「ギークジョブ」の就職先や違約金を取材した

環境構築に慣れておくと、現場で役立つ

・あと、環境構築、サーバーの設定方法などもやっておけばよかった

・業務中、調べながらやっているが、これができるともっとスムーズに現場に入れる

>>20代〜30代女性がIT未経験からエンジニアになれる?メリット「手に職、リモートOK、復職しやすい」なども紹介

>>無駄で意味ない?プログラミングスクールの現実や失敗談から必要ないか検証(独学との比較あり)

上司といい関係を築く重要性も

「後悔してること」からは離れますが、現場に出て大事なこととして、「上司とうまくやる方法」も聞けました。

上司といい関係を築いてると、仕事でわからないことがあった時に聞きやすくなる

・上司といい関係を築くには、いい部下になるのがいい

常に笑顔でいるとか、かわいい部下でいると、スキルがなくてもなんとかなるので大事

取材してわかりましたが、実はプログラミング並みに「人柄」や「成長意欲」が採用で大事なんですね

今の会社に転職するまでのブランク期間はどれくらい?

あと、前職を辞めてギークジョブに来た人に対しては、ブランク期間についての質問もされました。

以下、Rさんの回答。

・メーカーに7年勤めていた。有休消化はせず

・ギークジョブに来る前に仕事を辞めて、東京に一人暮らしをしていた。引っ越してから内定までの「ブランク期間」は2ヶ月くらい

Nさん:2018年12月に退社して1月からギークにきた。やめてから入社までのブランク期間は4ヶ月

なので、これくらいの期間を乗り切るための貯金はあるといいですね。

>>【未経験からの転職保証も】プログラミングスクール卒業後の就職先や支援まとめ

ギークジョブキャンプで友達を作る方法

あと、受講生同士で仲良くなる方法も聞いてきました。

お昼、コンビニ行くまでの道で仲良くなる。「飯いく?」で仲良くなる

・勉強会も仲良くなるきっかけ。それとなく近くに座るとか。「今どんな感じ、どこまで進んだ?」とかで話しかけられる。

働いてからもギークジョブの同期と会う。違う会社の人と高め合っているのがすごくいい

なお、中には元ギークジョブ生同士で、プロジェクト一緒にやってるとか、現場でたまたま一緒になることがあるそうです。

ギークジョブから就職し、1年ほど働いてフリーランスになった人もいます(その事例は別記事で説明します)

他の卒業生から聞いた感想 by 20代の女性

あと、登壇した以外に聴衆側にも卒業生がいたので、話を聞いたところ、以下のような感想、体験記を知れました。

メンターの方が優しく、いろんな悩みを相談できた

・ギークに2018年4月の終わりにきて、内定&入社がその年の7月。メンターにお世話になった(女性のMさん)

・他の女性はMさんと同じ会社にいる。入学が5月の中盤、内定&入社は7月1日。これは早い方。面接練習が役に立った

・もう1人の女性の事例。5月に東京に引っ越してきて5月にギークジョブ入学。内定&入社は7月。今は検証、テスト業務をやっている

・登壇者含め5人目の女性の話。2018年秋にギークに来て、担当者に「就職できるから大丈夫」と言われて、安心して受講できた

このように、ギークジョブ女性にも利用されており、好評であることがわかりました。

「GEEK JOB キャンプ」の評価、口コミ

他だと、以下のような意見がありましたね。

「悪くない」というレビューも。

評判はだいたいこんな感じですね。

というわけで、興味がある人は無料相談もできるので、まずはそちらに参加してみるといいですよ

>>【IT・ゲーム】第二新卒の転職って成功するの?大手に行ける?未経験からWebエンジニアになれる?を取材

>>スキルなしからフリーランスになれた!生活できないと後悔しないために副業から独立する方法を紹介

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。