スノボーに必要なものリスト!僕のように後悔しないよう注意

公開日: : 最終更新日:2015/04/12 雑学・豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。先日スノボーに行き、寒さのため早々とリタイアしたものです。あの時の友人達の冷たい目と、彼らへの申し訳なさは忘れる事ができません。

皆さんは、そんな思いをしないように、持っていってよかったものと、これも必要だったと後悔したものを紹介していきます。ゲレンデ(雪山)というモンスターに臨む際は必須ですよ。

スノボーに必要な前提知識

今回、東京から東北のゲレンデに行ったわけですが、完全に雪山をなめていました。まず、東北の雪山は都心の30倍寒いという事を知っておきましょう。

私が行った時は、ゲレンデの入り口で既にマイナス8度を観測していました。リフトで標高の高い所に行けば、当然気温は下がり、間違いなくマイナス10度に到達します。

それぐらいヤバい所という事を認識して、スノボーの準備をしてください。

スポンサーリンク

スノボーに必要なもの1「サポーター付きのスパッツ」

ヒッププロテクターと呼ばれるものです。スノボーは最初のうちとにかくコケます。「こけた分だけ上達する」という言葉があるほどです。何度も何度もこけていると、お尻に味わった事もないような痛みが走りスノボーを続けるのが苦痛になってしまいます。

そんなときのためにプロテクターを用意しておきましょう。サポーターがあるだけで痛みが軽減され、痛みの蓄積を和らげてくれます。また、前からこける事もあるので、膝にもサポーターがついているものを準備しましょう。

スポンサーリンク

スノボーに必要なもの2「ネックウォーマー」

これ、マジで大事です。東京にいる時は、身につけた事もなかったアイテムですが、雪山では本当に重宝しました。ネックウォーマーを持っていかなかった友人はブルブル震えて、しんどそうだったので、こちらも必須アイテムと言えます。

持っていけばよかったと後悔したもの

続いて、持って行けばよかったと思ったものの紹介です。

スノボーに必要なもの3「カイロ」

私は、ウェアの下にヒートテックとTシャツしか来ていなかったので、リフトに乗っている時は地獄でした。厚着はもちろんの事、カイロをべたべた張って暖をとりましょう。

スノボーに必要なもの4「あったかいセーター」

今回、薄着すぎたのでマジで後悔しました。こんなにもニット製品がほしいと思ったのは今回が初めてです。できれば、ハイネックのセーターを用意しましょう。

スノボーに必要なもの5「いい素材の手袋」

中古で安物のグローブを持っていったので、手の指が冷たすぎて死にそうでした。本当に満身創痍でしたよ。今回の失敗で手袋の大切さを痛感しましたね。

手袋は思っている以上に大切なので、ケチらずにいいヤツを買った方がいいです。友だちが持っていたバートンのグローブがあったかくて良さそうでした。

スノボーに必要なものリストをチェックしてゲレンデを満喫しよう

・雪山をなめたらあかん
・装備は十分すぎるほど厚く!
・グローブをケチるとろくな事がない。いいモノ買おう
・お尻と膝のサポーターは必須。ないと後で、痛い目見る

これらを今後の楽しい思い出づくりに活かしてほしいと思います。それでは!

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!