【Mac】ターミナルなどのコマンドラインで長いコマンドを短く省略する方法

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 エンジニア時代のプログラミング開発メモ ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンジニアは怠惰であれ」という言葉があるようにエンジニアは自動化できるものは自動化し、
省略できる作業は省略するとうのがイケてるエンジニアの条件らしいです。
そこで、今回は怠惰なエンジニアに近づくために、Macターミナルなどのコマンドラインで長いコマンド名をエイリアスの設定により、
短くする方法を紹介します。
非エンジに名の方も使うと、便利ですので、ぜひ導入してみて下さい。

設定方法

.bashrc ファイルに設定を書き込んでいきます。

$ vi ~/.bashrc 

alias エイリアス名(省略する名前)=’コマンド’ のように記述。

記述したら、

$ vi ~/.bash_profile

 
で、bash_profileを編集。
source .bashrc を追加。

$ source ~/.bash_profile

で変更を反映。

流れはこんな感じです。
では、省略(短く)すると便利なコマンドを紹介していきます。

スポンサーリンク

rmdir

alias rmdir='rm -rf'

「rm ディレクトリ名」でよく、中身があるディレクトリですよと注意され、
-rfオプションを忘れていることに気づくので、これを登録しました。
rmdir を使えば、簡単に不要なディレクトリを削除できるようになります。

スポンサーリンク

ps aux

alias psa='ps aux'
$ ps aux | grep http

のように、grepで絞り込んだプロセスが動いているかを確認するときによく使います。

ls -l

alias ls='ls -l'

権限周りを確認したいときに、lオプションをよく使うので、エイリアスとして登録しています。

alias la='ls -la'

これも登録しておくと便利です。
.から始まるファイルやディレクトリも表示してくれます。

macのターミナルなどで登録しておける短くできるエイリアス

bundle exec

alias be='>bundle exec'

Railsでbendle exec を打つのは面倒なので登録しています。

log

alias log='tail -f /var/log/'

これを登録しておくだけで、log のあとに見たいログを指定してあげればログをリアルタイムで垂れ流してくれます。

sourceを忘れずに!

編集したら、

$ source ~/.bash_profile

を忘れずに!

まとめ

自分でいくらでもエイリアスを登録できるので、長いコマンドを打つのが面倒で省略したいときはぜひ利用してみて下さい!

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!