ただの流行じゃない!間違いなく将来有望なデータサイエンティストという仕事 【求人もすごい】

公開日: : 最終更新日:2015/03/02 仕事・キャリア, 就職・転職, 楽しい仕事を

このエントリーをはてなブックマークに追加

最強の学問と言われ、なにかとデータ分析、統計学に注目が集まっています。
一時的なブームかと思いきや、よく考えると非常に汎用的である事に気づきました。
これからきっと求人数も伸びていくと思うので、この機会にデータサイエンティストについて知っておきましょう。

データサイエンティストとは?

転職求人メディアのIT・インターネット・ゲーム業界専門のWORKPORTでも、求人数が増加しているように、現在データ分析という仕事の需要が高まっています。

統計学が最強の学問である
という本が話題を集めたように、世間的にもいま注目されている職種なのです。
職種名は、データサイエンティスト、データアナリスト、データ分析など様々な呼ばれ方があります。

ユーザーが残した様々なデータを分析して自社サービスの改善に貢献するのが主な仕事です。
具体例)
・ソーシャルゲームでのデータ解析
・小売りが提供するポイントカードの利用履歴から売り上げをいかに上げていくかを分析

これらの事に貢献しているのが、データアナリストと呼ばれる方々なのです。
もともとは、海外のソーシャルゲーム会社Zyngaがデータ分析を使って飛躍的に売り上げを伸ばした事で、それ以来幅広い分野でデータ分析というものが注目されるようになりました。

大学などの統計学専攻や、データベスエンジニア、マーケティングの分析部門から分析の道に進む人が多いようです。

スポンサーリンク

必要な知識

統計学を勉強するときに知っておきたい7つのポイントによると、
・微分積分と線形代数
RやStata、SPSS等の統計解析パッケージ
・分析パターン
などが必要だそうです。だいぶ重いですねw

また、統計学を勉強するときに知っておきたい10ポイントでも共通して書いてあった事が、実際にデータ解析をしながら勉強すると学習効率が上がるとの事です。習うより慣れろという事ですね。
ちなみに、この2つが入門書としてオススメだそうです。
他にも、学習には統計学を勉強するのにつかえるeラーニングサイトの参照サイトが役に立つので、ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

最後に

データサイエンティスト、データスペシャリストのようなデータ分析職種はプログラミングと違って言語のブームが変わりにくいですし、IT・Web業界以外でもニーズがあるので、習得したら長く使えるスキルです。
下手によくわからない資格に手を出すよりも圧倒的に有益ですので、興味を持った方はぜひ勉強してみて下さい。

ただし、スペシャリストになるには相当な学習が必要です。

WORKPORTのサイトはこちら

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!