転職なら学歴関係なしのWeb業界が非常におすすめ

私は、Web(ネット)業界で働いていました。そこで面白かったのは、いろんな経歴を持った人がたくさんいたこと。

お堅い業界(特に金融)では、絶対許容されないであろうキャリアを歩んできた人でも評価されるのです。学歴なんて関係ないので、高学歴でなくても就職・転職できます。

学歴関係なく、評価されたい方は注目してみましょう。

コンビニ店長からソーシャルゲームの名プランナーに

面白い事例として、元コンビニの店長の話があります。彼は、遊んでいたゲームで一発逆転を起こしました。

大学を中退した後、ゲーム会社に入ろうとしていた彼、そういった学歴だからこそ、就職することなく、コンビニ店長をやっていたそうです。

そこから10年して、ある時、ソーシャルゲームの会社を受けることに。そこに、これまで遊んだタイトルや情熱を書き綴ったんです

そうしたら、なんと合格。そこからヒットゲームを生み出すプランナーになったんです。まさに学歴問わず、関係なし。これだけキャリアに対して寛容なWeb業界って面白いと思いませんか?

スポンサーリンク

秋葉原の電気屋でアルバイト後、上場企業のエンジニアに

他にも、Web業界では学歴関係なしのキャリア事例があります。

秋葉原の電気屋さんでアルバイトをしていた人が上場企業のエンジニアになったという話を聞きました。

その方は、競合他社で、勉強会で知り合ったのですが、数あるエンジニアがいる中、登壇して技術の発表をしていたのです。勉強会で登壇できるということは、それだけ社内で評価されているということ。

アルバイトという学歴の関係ないところから、ここまで上りつめた彼。こうしたことも学歴不問のWeb業界だから、成せることなのでしょう。

スポンサーリンク

フリーターから上場企業の役員に

Web系の上場企業でアルバイトをしていた人がそこで活躍してお偉いさんになるなんて話も聞きました。その会社は、ガラケーの着メロなどを扱う会社でした。(時代を感じますね)

そこで、彼は昼間から渋谷の街中に出て、ヒット作をつくるべく若い女性に声をかけ、インタビューをしていたそうです。それが功を奏し、ヒット作を生むことになりました。

その後、彼は他のWeb系上場企業に引き抜かれ、またもやモバイルコンテンツに関わることになったのです。そして、転職した会社でも結果を出し、役員になりました。

学歴を気にしない、Web業界だとこんなアメリカンドリームも起こせるのです。

元ホストやパチプロがゲームプランナーに

他にも、元ホストやパチプロがゲームプランナーになったり、大学に行かず、専門学校出身でもゲームプロデューサーになったりと、多様なキャリアを受容してくれるのがネット(Web)業界なのです。

就活でも、既卒・新卒のくくりをなくしている会社はWeb業界にたくさんあります。

在職中は、その忙しさから「ブラックだ」とつぶやいていましたが、仕事自体は楽しいし、若い人が多いから人間関係で悩む事はないし、悪くはない業界だと思っています(私服では働けるし)。

なので、就職、転職活動中の方々にはWeb(ネット)という選択肢を持ってほしいですね。特に、学歴で悩んでいる方はぜひWeb業界への転職・就職おすすめです。

学歴がなくても転職できるか相談すれば前に進める

実際、WEb業界に特化した求人サイトもありますから、そのサイトを利用してみてください。そこには、転職の相談ができる専門家がいます。

その方に、自分の学歴でも転職できるか聞いてみましょう。動くことで、今の悩みが解決するかわかりませんが、前に進むことは確実です。

一番良くないのは、何も行動しないことです。それよりもまずは、転職の相談をして、前に進みましょう。そうすれば、学歴は関係ないとわかるはずですので。

参考サイト:Web業界に特化した求人サイト「レバテックキャリア」

参考サイト:Web業界から成長した求人サイト「ワークポート」

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。