DIYで空き家活用を考える際は「負の遺産を引き継ぐこと」を忘れちゃいけない

公開日: : 最終更新日:2017/10/09 仕事・キャリア, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

広島県の尾道にて、DIYによる空き家活用で安く家を手に入れた人に話を伺ってきました。

答えてくれたのは漫画家のつるけんたろうさん。『0円で空き家をもらって東京脱出!』を描いた方です。

尾道には、この漫画を読んで、つるけんたろうさんに会いに来る人が多く、中には空き家活用を夢見て訪れてくる方もいるんだとか。

それくらい空き家活用に関して有名なつるさん。

しかし、彼は一般人に空き家をおすすめしないと言います。そこには納得せざるを得ない理由がありました。

昨今の空き家ブームで、「簡単に家が手に入るなんて最高!」と甘く見ている人は絶対にこの事実を知っておきましょう

住める状態までかかったのは50万円だったが、、

空き家活用の大変さに気づいた「あなごのねどこ」
(インタビューで利用したゲストハウス「あなごのねどこ」)

まず、つるさんの実績を書いておきます。彼は50万円で住める家を手に入れました。

そこまでに必要な段階を分けると以下のようになります。

1 空き家を手に入れる
2 譲渡、登記
3 改修

つるさんは空き家をタダで譲り受けたので、1に関する費用は0。ただし、人から譲り受けたものなので、ちゃんとした機関での手続きが必要だったようです。(譲渡など)

そこでかかった費用(2の手続き)は20万円程度。さらに、改修でかかった費用は30万円だったそうです。

スポンサーリンク

助成金があるからこそ安く回収できたが、条件がある

ここで忘れてはいけないのは、空き家改修で行政から助成金が出たこと

助成金をもらうためには条件をクリアしている必要があるらしいので、改修にはもっとお金がかかると思っておいた方がいいです。

空き家助成金には条件がある

ここまで来て、やっと空き家に住める状態になるのです。しかし、これで一件落着ではありません。

スポンサーリンク

空き家は改修と一生向き合っていく必要がある

空き家改修の場合、住んでからも作業を続けていく必要があるんですね。

空き家活用に成功したように見えるつるさんでさえ「まだ改修途中」と語っていました。

しかも、腕のない人であれば改修にもっとお金がかかるようです。漫画からもわかるように、つるさんは物作りが好きでDIYのスキルが高いです。だからこそ、改修のコストを抑えられました。

しかし、そうしたスキルを持っていない人なら住むまでの改修にもっとお金がかかるし、その後の運用に伴う改修コストも多くかかります。

こうしたこともあって、つるさんは「空き家はおすすめできない」と語っているんですね。なので、軽すぎる気持ちで空き家に手を出すのは危険なんです。

こうした意見は他の人からも聞かれました。漫画にも登場した移住者のN上さん(奥さん)です。

広島県尾道市に移住した大工さん

奥さんは、「あなごのねどこ」でスタッフとして働いているのですが、つるさんと話をしているときにリアルな声を聞かせてくれました。

空き家は難しいからアパートに住んだ方がいい

N上さんの家は空き家を活用したもので、船大工である旦那さんが改修してくれたそうです。

N上さんのお話で印象に残っているのは「旦那さんが(物作り)好きだから改修して空き家に住めたけど、そうでないと厳しい」というもの。

前述したように、空き家改修にはスキルが必要です。それに加えて、作業が好きであることが必須なんですね。

IMG 5877
(尾道の山手と言われるエリアにある家。ここに空き家が多い(古い)。坂道がきついのも特徴)

DIYは解体業者に頼むという選択肢もある

ということで、ここまでの説明を読んで「空き家DIYがめんどくさそう」と思った方は、

解体業者にお願いするという選択肢もあることを理解しておきましょう。

解体王」というサイトがあり、ここでは解体業者さんを見つけられるんですよ。

スクリーンショット 2017 10 09 18 15 59  1

こちらは、解体をお願いしたい「依頼主」が発注するのはもちろん、

解体のできる「業者さん」が登録しておいて仕事を請け負うことができますので、興味のある方はサイトへぜひ。

>>「解体王」のサイト

空き家に住むのは終わりなき旅

さらに、「空き家に住むことは終わりのない旅」との名言も残してくれました。それは、家に問題があるたびに直す必要があり、一生作業していく必要があるから。

こうしたこともあって、奥さんは実家(北海道)に帰ると「なんて便利な家なんだ」と思うことがあるそうです。

そもそも、N上さんの上は旅館だったところの一部を改修しています。だから、不便でおかしな所がたくさんあるといいます。例えば、台所がない。風呂が大きい、お湯を溜めるのに時間がかかるなど。

最初の方はインフラがしっかりしておらず、ガスの給湯器から出るお湯で体を洗っていたこともあったそうです。

空き家には改修以外でもネックがある

さらに、空き家に住むことで考えたいのは改修以外の部分です。それは虫や生き物。

尾道の空き家が多いエリアは坂が多く、ガチで自然を感じられる地域です。そうした地域には虫や変な生き物がたくさんいます。

IMG 5875
(尾道の空き家が多い地域。自然いっぱいということは。。アレもたくさん。。)

例えば、ネズミ。最初のうちは驚きまくっていたようですが、最近は小慣れてきたそうです。(台所までのの通路でしとめるのが最近の流行りらしい。笑)

虫だと、ムカデなどが出るそうです。この件に関しては、つるさんと2人で殺す方法を熱く議論していました。最近だと、凍らせる便利なツールがあるらしいです。

さらに、G(あえて名前は出しません。黒いやつです)も出るそうです。N上さんは北海道出身なので、Gを見たことがなかったそうですが、初めて見たときの衝撃は相当なものと話してくれました。

自然への耐性がないならマンションに住もう

他にも、クモは虫を食べてくれるから無視。哺乳類はきつい、ムカデは人を刺すから絶対殺すなどの「尾道空き家メソッド」を語ってくれました。

こうした恐ろしい事実があるため、DIYのスキルのない人や虫、生き物への耐性がない人はマンションやアパートに住んだほうがいいと力説してくれました。

実際、尾道にも平地はあって、マンションなどもあり、少し離れた島には住宅地が広がっているそうです。

空き家に住むということは「負の遺産を引き継ぐ」ということ

2人の話を聞いてみて、一番印象に残ったのはつるさんの「負の遺産を引き継ぐわけだから、覚悟が必要」という言葉。

よく考えれば当然ですが、長年空き家だったということはなんらかの問題があるわけです。それこそ「負の問題」ですよ。空き家に住むということはそうした「負の遺産」を引き継ぐということなんです。

最近は、空き家に対する取り組みも盛り上がってきて、ポジティブな面も取り上げられていますが、「空き家は空き家」です。

現実的に考えると、古くてさびれた家です。改修が必要だし、そこにはDIYのスキルも必要です。

空き家はただの古い家

空き家を活用して家を手に入れるコストって高い

さらに、空き家がある地域はたいてい山の中なので、生き物や虫にも耐えなければなりません。

そうした事実があるのですから、空き家に対して夢を抱いていた人は一度冷静になってみてください。

改修の手間、コスト、運用のめんどくささ、虫へのストレスなどを考えたら、マンションやアパート、普通の家に住んだ方がいいのです。

賃貸アプリでリノベ物件を探す

あと、最近だとリノベーション(改築・改修された)物件が全国にあり、賃貸アプリでも探せるようになりました

なので、リノベーションするのでなく、そういった物件に住むという選択肢も知っておきましょう

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!