便利なアプリ「Pocket」が情報収集で必須と話題に

便利なアプリとして存在感を高めているPocketを紹介します。

使っている人にとっては「今さら?」という感じかもしれませんが、まだ導入していない方にも利用してほしいので、ご覧下さい。情報収集の際に非常に役立ちますよ。

時間がなくて読めない記事を「後で読む」ことができる

Pocketは以前、「Read it later」という名前でしたが、現在は「Pocket」という名前に変更されています。

Pocketの何がスゴいかと言うと、「時間がなくて読めない記事を”あとで読むもの”として登録できる点」です。一元管理できるようになるのです。しかも、twitterなどのSNS連携も可能なので、Pocket内でシェアすることもできます。

私は趣味が情報収集で、面白そうな記事を探すのですが、いい記事を見つけたとしても、スマホの画面だと見づらくて断念するときがあります。こういう時って、PCで見たいですよね。

そんな時に、Pocketを使えば、記事を”あとで読むもの”として保存でき、PocketがインストールされているPCで読む事が可能になります。

スポンサーリンク

便利なアプリで情報収集用のブックマークも整理できた

今までは、後で読もうと思う記事ははてなブックマークで登録していたのですが、それだと、ブックマークがたまりすぎてしまい、再び読もうと思うときに見つけづらくなっていました。

そんな悩みもPocketによって解決してしまいます。アプリ内で、既読の記事は削除できるので、情報の選別も楽になるのです。また、削除以外にも、お気に入り機能やタグ機能もあって、記事ストックにも向いています。

ちなみに、Pocketの使い方はこちらが参考になりますので、目を通しておいてください。

参照:iPhoneでウェブクリッピングしよう。あとで読むアプリPocketの使い方。

スポンサーリンク

iPhone, Manアプリがあって情報収集で重宝する

iPhoneアプリはこんな感じで↓
Pocket

Macアプリはこんな感じ↓
スクリーンショット 2013 04 13 11 16 26

便利なアプリ「Pocket」にはブラウザの拡張機能もある!

アプリ以外にもブラウザの拡張機能も便利です。主要ブラウザであるfirefox, Chrome, Safariにも対応しています。

firefoxだと、こんな感じです↓
firefox拡張 pocket

右クリックで開くダイアログで「Save to Pocket」を押すだけで、アプリの方に反映されます。他にも、上部バーを使うという方法もあります。

firefox拡張 pocket

上部バーでは、今までにストックした記事一覧も見る事ができますよ。これはありがたいですね。便利なアプリとして話題の「Pocket」さん。さすがです。

firefox拡張 pocket

Pocketを使うとブログのネタ探しにも役立ちますし、記事があちこちに散在する事もなくなります。だまされたと思って一度使ってみて下さい。これがない情報収集とか考えられません。

Pocketボタンを置くことであとで読んでもらえる可能性が高まる

さらに、記事のシェアボタンと一緒にPocketボタンを設置した所、良い効果がありました。

pocketボタン設置

みなさんも試してみてください。記事を読みにきてくれた人というのは、たいてい、スマホで通勤時間などに読んでいます。長文などはそのタイミングで読まれにくいです。

私もPocketであとで読む登録してしまいます。このように、長期的な視点で見れば、Pocketはサイトやブログに大きなメリットをもたらしてくれますので、設置しておきましょう。

もちろん、情報収集できる便利なアプリとしてもPocketは優秀なので、チェックしておきましょう。

Pocket

Pocket
無料
posted with アプリーチ

関連記事:ブログを作るときに利用したいサービスやPC11選

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。