餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子に挑戦してきた!肉汁ヤバし!@神楽坂飯店

先日、飯田橋にある「神楽坂飯店」で餃子100個分の餃子を食べてきました。満腹になって、しかも美味しかったので、レポートします。

これは、BBQに匹敵するInstaジェニックコンテンツですよ。

複数人でチャレンジOK!持ち帰りも可

今回訪れた「神楽坂飯店」は店構えからして、豪快。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

しかも、大盛りは餃子だけじゃなくチャーハンや

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

ラーメンにも横展開しているんです。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

そして、こちらが今回の主役であるジャンボ餃子。その量は100人分で、重さは2キロオーバーとのこと。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

こちら、通常は60分で食べきれたら、無料になるチャレンジ企画で提供されるものですが、複数人で食べることもできます。今回は、7名による実食でした。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

この感じ、その辺のクッションよりもボリュームありますよね。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

これは、もはや枕です。餃子じゃありません。安眠効果は定かではありませんが、餃子ファンからしたらこんなに素敵な枕はないでしょう。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

では、切り分けていきます。

餃子を切り分けるのも一苦労。

肉汁のジュンジュワー感がすごかったです。

切り分けたのがこちら。餡がぎっしり詰まっています。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

餡を包む皮も分厚い。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

もう、ハンバーガーのバンズですよ。

餃子100個分!重さ2.5キロのジャンボ餃子を飯田橋の「神楽坂飯店」で食ってきた

これ見て、確信しました。「餃子定食のご飯て必要ないな」と。餃子の皮に”炭水化物”を感じたのは初めてです。

なお、ジャンボ餃子自体は美味しく非常に満足でした。こういうチャレンジ系の食べ物って味が微妙という話もあるんですが、美味でした。

スポンサーリンク

注意事項「2日前まで予約と支払いを」「餃子以外に1人1品頼む必要あり」

なお、こちらの餃子を食べる際、以下のことは必ず知っておきましょう。

まず、前金制であること。これだけの餃子を用意するのは大変なので、前もってお店に申し込んでおく必要があります。さらに、2日前まで餃子代9600円をお店に行って払わなければいけません。

また、複数人で食べる場合は、ジャンボ餃子以外に1人1品頼む必要があります。お店には、杏仁豆腐のような優しい料理がなかったので、ピータンなど軽めのものを頼むことをお勧めしておきます。

もちろん、お酒はあります。

これらのルールを知った上で、ぜひ美味しいジャンボ餃子を食べてみてください。餃子は持ち帰り可能ですし、他の料理も美味しくて素敵なお店です。

ぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク

お店の情報

住所
東京都新宿区神楽坂1-14 (地下鉄はB4a出口からが近いよ)

営業時間
[月~金]
11:00~23:00

[土・祝]
11:00~22:00

定休日
日曜日

ちなみに、この後は近くの「ざ・ワタミ」の飯田橋東口外堀通り店で二次会をしました。飯田橋周辺は店が少ないので、ここに落ち着くのがいいかもですね。

ではまた!(提供:らふらく^^(@TwinTKchan)

次回予告「餃子定食におけるライスへの”ワンバン”について徹底討論」

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。