クリエイターが長生きするのに必要な「1000人の村説」とは?

公開日: : 最終更新日:2015/07/22 おすすめ本, お金の本のおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイターとして長生きしたいなら、濃く繋がれるファンを増やした方がいいと考えさせられました。キッカケは『電子書籍で1000万円儲かる方法』で登場した「1000人の村説」という概念です。

目から鱗ですので、クリエイターは知っておきましょう。

たまにしか見てくれない1万人よりも毎日熱心に見てくれる濃い1000人

本書の中で、漫画家の鈴木みそ先生、小沢高広先生がこんな風に語っていました。

鈴木 「1000人の村説」っていうのは、自分と同じ考えをもっている人が、世界中を探せば1000人くらいはいるだろうな、っていう考え方。

その人たちに向けて発信することができるような場所を作れば、濃く長く、作家活動を続けることができるんじゃないかと思っているんですよ。noteを使えば、かなりそれに近いことができるんですね。

クリエイターの個性、人間性をコンテンツにする

鈴木 「鈴木みそ」という人間の個性が発揮されているものであれば、コンテンツとして価値があるわけですから。noteを使うと、そういうことが簡単にできるようになるんですよね。自分をパッケージ化して販売するというか、そういうことを今は考えているんです

小沢 その発想は、明らかにこれからのマンガ家が選択できるプロデュースのひとつですよね。雑誌というパッケージにあわせて描く必要がなくなって、さらに、自分の読者と密接な関係を保ちながら生き残ることができる

ただ、それを永続させるのが難しいところ。

継続していくための仕組みは必要だが、

鈴木 そう。立ち上げ当初にある程度盛り上げることは簡単なんです。たとえば、もう出版社はいらない!とか攻撃的な態度をアピールすれば炎上して話題を得ることもできるだろうし。

あとは、読者数が安定するまで無料でやっちゃうという手もある。でも、そこから先が続くようにするのは、結局コンテンツの魅力しかないからね。

「1000人の村説」っていうのは、必ずしも1000人でなくてもいいんですけど、自分にあった仲間の数を想定して、その人たちにあわせて動くっていう考え方でもあるんですよ

クリエイターが生き残っていくには、自分の作品や考え方に共感してくれるファンが1000人いれば十分なのでは?、という意見です。こうしたことはnoteを運営する加藤さんも語っていました。

1000人の村なら月額300円の課金があれば生活できる

加藤 月額1,000円払ってくれるファンが300人いたら30万、もうバイトする必要ないですよね? 

もちろん、300人って簡単な数字ではないですけど、本気でやりたいと思ってる人であれば、集められないことはない。CD何千枚売るよりは、遥かに現実的じゃないですか?

引用元:岸田繁(くるり)×加藤貞顕対談 音楽市場の変化をチャンスに転換 – 音楽インタビュー : CINRA.NET

特定のファンに対して、特別なコンテンツを提供して月額でお金を払ってもらえば、確かに暮らしていけそうです。上記「1000人の村説」で言ったら、1人に300円を課金してもらえば、30万円になりますから、十分暮らしていける額になりますからね。

スポンサーリンク

サロンよりもハードルの低い課金方法として利用したい

実際、こうしたモデルは利用されていて、はあちゅうさんなど著名な方々が月額数千円でサロンを開いています。サロンでは、お金を払ったファンしか見られないコンテンツを提供されています。

中には、登録者が数百人規模で満員になっているものもあり、著名な人であるほど景気のいいビジネスになっているんです。

しかし、相当有名でない限り、数千円も払ってもらってもらうことは難しく、信者と呼ばれるファンを抱えている人間でなければ、サロンが成り立たなくなっているのが現状です。

月額数百円なら成り立ち得るモデル

では、上記のような著名人でなければ月額課金モデルは無理なのか。

僕はそんなことないと思います。濃くつながっているファンを抱えている人であれば、「1000人の村説」で語られた数百円規模の月額課金は成り立ち得るはずです。

そこで思いついたのがこおろぎ(@Kohrogi34)さんです。彼くらい濃いファンを抱えていたら、成り立つモデルだと思いますので、ぜひとも実践してほしいなと思っている所です。もちろん、僕は課金しますし。

ということで、これから長生きしたいと思っているクリエイターは「1000人の村説」を覚えておくと、これからの活動に役立ちますので、ぜひチェックを。

なお、本書には他にもクリエイターが食っていくためのアイデアが紹介されていますので、読んでおくと勉強になりますよ。

ではまた!(提供:らふらく^^

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!