ブラック企業の特徴「過剰な残業」に有効な対策は会社に留まろうとしない事なのでは?

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 仕事・キャリア, 就職・転職, 楽しい仕事を, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』を読んでいたら、日本で主流となっている終身雇用にもデメリットがある事に気づきました。意外な事実だったので、該当箇所を紹介してみます。このデメリットには多くの方が気づいていないので、ぜひとも知っておきましょう。

終身雇用が不利に働く場合もある

それが以下の一節。

従来から日本の企業の「命令の権利」は諸外国から見て際立って強いものであった。その理由は、日本型雇用においては、終身雇用と年功賃金と引き換えに、柔軟に命令を引き受けるという体質が身についていたからである

日本型雇用の特徴として「終身雇用」と「年功賃金」を思いつく方は多いことだろう。しかし、実はこれらと「対」の関係にある巨大な企業の命令権限こそが、それら以上に重大な、日本型雇用の特徴なのである。  

命令に制限が少なく、その分雇用が保障されるシステムは、非常に合理的に思えるかもしれない。だが命令の契約内容に制限がない状態は、世界的に見てもかなり特殊であり、働く者には相当の負担がかかるシステムだといってよい。

逆に、仕事の内容がはっきりしている欧米型の場合には、解雇されやすい(と一般的に考えられている)代わりに、転職の際に自分のもつ専門性がはっきりしているので、他の企業からも評価されやすい。

終身雇用という、ずっと安心して働けてお金がもらえる契約と引き換えに、雇い主の命令には逆らえないという不自由さを受け入れなければならないという話です。

僕はこれまで会社員にはたくさんメリットがあって安定した給料も貰えるし、最高の働き方だと思っていたのですが、本書をキッカケに考えを改めました。

終身雇用と自由はトレードオフである

雇い主に養ってもらう替わりに、自由も失うのです。それ故、ブラック企業にありがちな「過剰な残業」を強いられ、心身ともに疲弊してしまう事もあります。

実際、本書では会社からの不当な命令により残業を強いられ、身体を壊して働けなくなってしまった方の事例も報告されていました。それを考えると、事例のような辛い状態に陥らないためにも、何らかの対策をしていかなければならないと思ったのです。

スポンサーリンク

終身雇用がなくても生きていける状態が理想

では、その対策とは何か。
僕は、会社から抜け出せる状態を作っておく事だと思っています。

前述したように、会社と「ずっと働かせて下さい。その分のお給料を下さい。その代わりに会社のために働きますから。」という契約をしていると、本書で報告されているようなブラック企業特有のハードワークを強いられる事になります。

働いている当人は、勤めている会社からしかお金がもらえないので、泣く泣くそれを受け入れるしかありません。

ハードワークを断るために会社員以外の収入源を

しかし、会社以外からもお金をもらえる状況を作っていたらどうでしょうか。きっと、ハードワークを強いられた際も「嫌です」と断れるはずです。

仮に、断って会社を辞めさせられても、いくらかの収入があります。それ故、またどこかで働く、もしくは他に生業をつくって収入源を増やしていくという選択肢を取れるのです。

このように、会社以外にも収入源を持っておいて、いつでも会社を離れられるように準備しておけば、辛い労働を強いられなくても済むのです。

これはリスクヘッジとして非常に有効だと思うのです。所属している組織がイヤになったら、また別の所属に移るという流動性の高い状態を作れるのです。

スポンサーリンク

得意な事をお金に換える練習をしておく

辛いハードワークから逃れるために流動性を高くするには、収入源を複数持っておく事が必要と述べました。では、収入源はいかにして確保していけば良いのでしょうか。

そのためには、自分が得意な事で個人でできるレベルの事業を展開していく必要があります。僕で言えば、ブログ収入のように。他にも自分の得意な事で稼ぐためのサービスはたくさんありますから、それらを利用していけば良いのです。

参照:好きな事で飯を食うために利用したいWebサービス35選
参照:自由に働けて個人で稼げる環境が整ってるのになぜ苦しみながら働くの?

これらのサービスを利用すれば、リスクヘッジするために必要なお金を稼げるはずです。

ブログ以外にも個人で稼ぐ方法は存在している

最近は、ブログに限らず、個人で稼ぐ事例も現れています。

参照:ネットで収入を得るなら1億人向けに2000文字書くより60億人向けに写真を撮った方がいいよね
参照:これから個人がネットでお金を稼ぐにはブログ並の長文は不要?
参照:Vine飯!?広告効果が高まるであろうメディアで稼いでいくのは「Viner」だ!

こうした事例を参考にして、会社の収入以外の柱を立てて、ブラック企業の過剰な残業を回避できるようにしておきましょう。終身雇用という仕組みは素晴らしい仕組みではありますが、「自由」を引き換えにするものという認識を持っておいた方がいいです。

そうすることで、会社員以外の選択肢がある事に気づき、辛い状態から抜け出せるはずですので。

選択肢は多い方が良いです。ぜひとも覚えておきましょう。

ではまた!(提供:らふらく^^

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!