定時で帰れる仕事&休みが多い仕事はここにありました

公開日: : 最終更新日:2016/08/18 仕事・キャリア, 楽しい仕事を

このエントリーをはてなブックマークに追加

定時で帰れる仕事、休みが多い会社をまとめました。その代表例は、「未来工業」です。この会社は、非常識なやり方で社員満足度を高めています。

では、詳細を社長である山田氏の著書「日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”」から紹介していきます。

休みが多い仕事を探している方は参考にしてみてください。

残業や営業ノルマの禁止

まず、未来工業の基本ルールを紹介しておきます。めちゃくちゃホワイト企業なんですよ。

残業や営業ノルマの禁止、定年は70歳、全員が正社員。

育児休暇は3年(何度でも取得可)、休みは有給休暇を除いて140日。

このように定時で帰れて、休みも多い仕事を提供しているんです。結果、社員満足度を高めています。

未来工業が素晴らしいのはこれだけではありません。

スポンサーリンク

給料の代わりに休みを多くする

未来工業では、社員の幸せのために高水準の給料を出していますが、それでもトヨタなどの大手にはかなわないそうです。

だから、その分は休みを多くして社員満足度を高めているんだとか。

出せる給料には限度がある。だから、その分、未来工業では休みを多くしているわけだ。

給料もいいのに休みが多い仕事とか、最高すぎますね。

スポンサーリンク

年末年始も20日間休み

さらに、驚くべきは休みの多さと、その内容。年末年始にこれだけ休める会社はないんじゃないですかね?

うちは年間の休日(有給休暇を除く)は140日あって、「日本一休みが多い会社」と言われている。休みが多いと社員は絶対に喜ぶ。

喜ぶ事は幸せにつながるから、休みを多くしたんだ。年末年始も20日間休みにした。

この優良企業っぷりはうらやましすぎます。

大切な時間を、くだらない会社の残業に使ってどうするの?

また、残業に関する哲学も素晴らしいのです。人間が仕事、睡眠以外で使える時間は1日4時間しかない、というくだりで語られたこと。

大切な4時間を、くだらない会社の残業に使ってどうするの?働いて、食って、寝るだけの毎日だったら、動物と同じじゃないか

やはり人間というのは、「生きていてよかったなあ」と思える事が幸せだと思う。社員にはそう感じてもらいたい。

時間は自分の好きな事に使ってほしいし、「あっという間にすぎてしまう。人生の時間を大切にしなさいよ」と言いたい。

こうしたことは、定時に帰れる仕事に就いていないと、考える機会すらありませんよね。

山田さんの本を読んで、楽しい時間を犠牲にしてまで、遅くまで残業する事に意味はあるのか?を考えるようになりました

やはり、人生の幸福度を考えるためにも、定時で帰れる仕事、休みが多い仕事というのは意識すべきですね。

時間は有限ですから。

参照:憂うつな仕事、まだ続けるんですか?

能力アップの仕組みで残業させないように

また、残業をさせない仕組みも素晴らしかったですね。

未来工業の開発チームは、競合メーカーとの差別化に頭を悩ませる事もあるようです。

そんなとき社長は、怒るのではなく、「給料を上げるから遊んでいろ」と声をかけ能率を上げようとするのだとか。

会社からこれだけたくさん休みをもらい、少ない出勤日の中で残業もできないとなると、ふつうは「これはやばいぞ」と怖くなるよ

怖くなるから、能率が上がるようにがんばるはず。

夕方から趣味の時間を持てたり、毎晩6時に家族とご飯が食べられたら幸せ

そのために、社員は「なんとしても勤務時間内に仕事を終わらせよう」とがんばると思うんだよ。

この効果もあり、未来工業は意匠登録件数においてTOP20にランクインしています(2010年時点)。ちなみに、他のランクイン企業はパナソニック、シャープ、ソニーなど大手メーカーばかり。

プレッシャーをかけずに残業を少なくする取り組み

普通の会社では、アイデアが出なければ、強くプレッシャーをかけます。それ故、いいアイデアが浮かばず遅くまで残業する事になってしまうのです。

それを防ぐために、あえて「遊べ」と指導するスタイルは、残業の多い会社であれば見習うべきでしょう。

残業したくないなら定時に帰れる仕事を選ぼう

未来工業の例を見て分かるように、定時に帰れる仕事なら、人間はがんばって知恵を出すようになります。さらに、残業禁止が社員の作業効率を高めます。

その結果、仕事を早く終わらせる事ができ、休みを多くとる事ができます。

こうした事実をみると、定時に帰れる仕事の素晴らしさが分かりますよね。残業で人生を浪費してしまうのは本当にもったいないです。

これから先、今まで同じ働き方をする必要はありません。

未来工業を見習って今までの仕事を見直した方が良いんです

参照:残業のない仕事が結構あることに最近気づいた

定時に帰れる仕事など色んな会社を知っておく必要が

楽しい時間を増やすためにも今の環境を疑うことは必須です。

今であれば、転職によって「定時に帰れる仕事」や「休みが多い仕事」を見つける事ができます。中には、未来工業のように定時で帰れて、休みが多い会社もあります。

それはメーカーに多いです。現に、トヨタの工場勤務の方は定時上がりで環境がホワイトすぎると聞きます。

工場の仕事は休みが多い

工場の仕事であれば、トヨタに限らずいろんな会社で休みが多い傾向にあります。この理由は、お盆や正月など日本人が休む期間に工場の稼働を停止するからです。

なので、工場で働いていれば、暦通りの休みが取れるのです

また、有給をちゃんと消化させる会社もあるので、工場で働くとお盆や年末年始は1週間くらい休める場合もあります。

休みの多いホワイト企業を見つけてみよう

僕の知人はメーカー勤務でゴールデンウィークに10連休を作っていました。なので、休みが多い職場で働きたいなら工場も狙ってみるといいですね。

なお、そういった会社を探す際は転職求人サイト「リクナビNEXT」を活用するといいです。

リクナビNEXTの掲載求人数は、業界最大級ですし、残業の少ない求人、短時間労働の求人などゆるく働ける仕事もまとめてくれています

短時間勤務、残業がない求人

登録も1分で終わるので、この機会にぜひ使ってみてください。(以下のリンクからどうぞ)

リクナビNEXTの登録はこちらから>>http://next.rikunabi.com/

歴史、伝統のある会社は休みが多い

また、歴史ある大企業に勤めるのもアリです。昔ながらの日本企業は、社員を大事にしてくれます。

先日、大手の海運会社で働いている同世代の方に話を聞きましたが、ちゃんと有休が取れる、定時で帰れる、夏休みも長いなど、休みも多く、めちゃくちゃ羨ましかったです。

このように、伝統的な企業でもホワイトな労働環境を手に入れられます。

NTTデータなどのIT系も休みが多い

意外かもしれませんが、NTTデータなどIT系の企業でも休みが多い会社はあるんです。実際、NTTデータに勤める先輩と飲んだ時は、19時から飲めました。笑

時期によって忙しいときもありますが、落ち着けば、ほぼ定時で帰れるとのこと。さらに、残業してもきっちり残業代がつきますから給料もいいです。

さらに、休みも多いです。その先輩はシルバーウィークと絡めて1週間以上海外旅行をすると言っていました

休みが少なくて残業が多そうに思えるIT業界でも、そういった会社はあるんですね。

食品メーカーも伝統があるから残業なしで休みが多い

さらに、食品メーカーも残業なしで帰れるようです。大学の先輩が技術系の仕事をしているんですが、残業はほぼないと言っていました。

そもそも、残業をしてはいけないようで、どうしても必要な時だけ申請を出して行うようです。もちろん、休みも多いです。

こうした例からわかるように、残業がなくて休みが多い仕事を探すには、「メーカー」「歴史、伝統のある会社」「歴史ある大手の子会社」を狙っていくのがいいです。

定時で帰れる仕事は他にもある

上記以外だと、電力会社やJRなども定時で帰れて、休みも多い仕事です。地方公務員もそうですね。あとは、化学系メーカー、素材系メーカーも定時で帰れます

職種で言うと、事務作業員、警備員も残業が少ないです。

あまり知られていませんが、警備員は休みが多くて残業が少ない上に給料もいいです。しかも、最初の方は会社のお金で研修をしながら給料をもらえます

なので、意外とアツい職種だということは知っておくべきでしょう。

toCは休みが少なくて、toBは休みが多い

ここまで見てきてお気づきの方もいるかもしれませんが、休みが多い仕事・業界には共通点があります。それは、企業を相手にビジネスをする業種(BtoB)であること。

例えば、化学系メーカー、未来工業のような部品メーカーは、企業に作った商品を提供します。お客さんが企業だと、相手が休みの時は休みにする、というやり方でいけるんですよ

だから、一般的な「土日休み」「年間休日120日以上」を守れるのです。

小売、サービス業は休みが少ない

逆に、「BtoC」で一般消費者向けに商品(サービス)を提供する業種だと、休みが少なくなりがちです。例えば、コンビニ・百貨店などの小売業や、サロン(美容師、ネイル、マッサージ)など。

こういった業種は、土日に売り上げがアップするため、そこで休みを取れないのです。また、お客さんが困らないように、ほぼ毎日開けていなければいけないので、結果休みが少なくなってしまうのです

なので、休みの多い仕事を探す際は、「toBかtoCか」という観点でも見てみましょう。

最大級の求人が掲載されているサイト

なお、ここまで紹介してきたような、休みが多くてゆとりのある仕事に就きたいなら、先ほども紹介した「リクナビNEXT」に登録しておくといいですよ。

リクナビはリクルートが運営するサイト。業界最大規模ですから、掲載されている求人数もトップクラスです。

そうした中には、あなたの求める求人があるはずです。なので、以下のサイトから会員登録して利用してみてください。登録は1分で簡単に行えますので。

>>リクナビNEXTのサイトはこちら

もちろん、登録したからといって今の会社からバレることはなく、安心して使えます。辛い仕事から抜け出すためにも今すぐどうぞ

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!