東海道新幹線や飛行機で使えるWiFiまとめ!無料もある!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新幹線で移動する際は、基本的にブログを書く時間に当てています。ネットの接続はY!mobile(旧:イーモバイル)のポケットWiFiを使っているのですが、トンネルや山の中を通る際は、電波がなくネットに繋がらなくて不便を感じてしまいます。

「そんなときでも繋がる新幹線内のWiFiがあれば」なんて思っていたら、既に存在していました。そこで、今回は新幹線や飛行機などの交通機関で利用できるWiFiを紹介したいと思います。

東海道新幹線で無線LAN(WiFi)を利用できる

東海道新幹線N700系なら社内で無料無線LAN(WiFi)を使用できます。

N700A EN700Œn AŽÔ“àŒö?O–³?üLANƒT [ƒrƒX‚ɂ‚¢‚Ä b‚i‚q“ŒŠCN700A・N700系、車内公衆無線LANサービスについて

なお、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、山形新幹線、秋田新幹線では無料無線LAN(Wi-Fi)を利用できません。

新幹線内無線LANを利用する際の注意点

1 N700A・N700系車両でしか使えない
2 公衆無線LAN事業者【UQ Wi-Fi(UQコミュニケーションズ)など】と契約していなければ使えない

この2点を覚えておきましょう。

対象の公衆無線LAN事業者は以下の5つです。

docomo Wi-Fi

docomo Wi-Fi | サービス・機能 | NTTドコモdocomo Wi-Fi | サービス・機能 | NTTドコモ

2013-2014冬春モデル以降のドコモスマートフォン/タブレットにてdocomo Wi-Fiの契約をしていれば、本体設定のWi-FiをONにするだけでdocomo Wi-Fiに接続できます。

月額300円で利用し放題です。パソコン、iモード、spモード、お電話、ドコモショップにて申込み可能です。

UQコミュニケーションズ

WiMAXにて、オプションサービスの「UQ Wi-Fi」を契約すると、東海道新幹線(東京駅-新大阪駅間)のN700系車内でUQ Wi-Fiを利用できます。WiMAXを契約中であれば、登録料・月額利用料ともに無料で利用可能。

なお、東海道新幹線意外でも、UQ W-Fiを利用できます。

区分 エリア 詳細
鉄道 東海道新幹線
  • 山陽新幹線区間(新大阪~博多間)はSSIDを検出しますが接続できません。
  • 大きな容量を必要とする動画系コンテンツやファイルダウンロード等の通信については帯域が制限されます。
成田エクスプレス E259系の車内(成田エクスプレス運転区間全線)

  • トンネル区間を除く
スーパーひたち
フレッシュひたち
E657系の車内(上野~勝田間)

  • 上記区間で利用可能。
都営地下鉄 以下101駅の駅構内

UQ WiMAXの料金プラン1契約につき、UQ Wi-Fiを1つ契約可能。UQ Wi-Fiの利用に必要な設定情報(SSID、WEPキー)、ログインID、パスワードは、UQ Wi-Fi申込み完了後に発行されます。

なお、UQ WiMAX未契約の方でも、UQ Wi-Fiエリア内で申し込むことが可能です。僕のようにイーモバイルユーザーでも新幹線内でWiFiを使って作業したい場合は活用してみましょう。

UQ Wi-Fiエリア内でのお申し込みはこちらからどうぞ

なお、WiMAX2利用者であれば、「UQ Wi-Fiプレミアム」が利用できます。月額利用料、初期費用、通信料が無料なので、ぜひとも利用したい所です。

こちらも、WiMAX 2+料金プラン1契約につき、UQ Wi-Fiプレミアムを1契約できます。契約の際はMy UQからどうぞ。

NTT東日本フレッツスポット

NTTが提供する「フレッツスポット」を利用すれば、新幹線車内無線LANを利用できるようになります。

「フレッツ光回線」を家で契約している場合は、「フレッツ・スポット 初期工事費」として2,000円の初期費用が発生し、それ以降は回線の利用料金が月額200円かかります。

なお、フレッツ光を契約していない場合でも、「フレッツ・スポット」は利用できます。ただし、初期費用として、2,800円(契約料:800円 + 初期工事費:2,000円)がかかります。

それ以降の月額使用料は900円です。ですので、よっぽど新幹線に乗る方や街中でWiFiを利用する場合でない限り、WiMAXを契約してしまった方がいいです

NTT西日本のフレッツスポット

NTT東日本と同様。

どの事業者も自信のサービスを契約している事が前提です。docomoユーザーであれば、docomoの定額制をWiMAXユーザーであれば、「UQ Wi-Fi」、家にフレッツ光回線をひいているなら、「フレッツ・スポット」を使うのがいいですね。

なお、どのサービスも契約しておらず、新幹線でWiFiを活用したいと思っているなら、WiMAXを契約して「UQ Wi-Fi」を使うのが一番良いです。新幹線以外でも、モバイルWiFiとして利用できますし、速度制限がありませんので。

WiMAXのサイトはこちら

スポンサーリンク

au Wi-fi spotなら小田急電鉄、京成電鉄などで利用可能

電車で言ったら、auのWiFiスポットは幅広く交通機関をカバーしています。

主なご利用スポット | au Wi-Fi SPOT | au主なご利用スポット | au Wi-Fi SPOT | au

公式サイトによると、車両内なら小田急電鉄、京成電鉄、東京モノレールでWiFiを利用可能とのこと。他にも、いろんなカフェやレストランでも利用できるということで、非常に便利なサービスとなっています。

auユーザーであれば、以下のステッカーが張ってある場所では自動的にauのWiFiに接続されます。電車に乗る際はぜひ活用を。

新幹線で利用できるWiFi。WImAxがおすすめ

スポンサーリンク

JAL SKY Wi-Fi

無料ではありませんが、JALなら、飛行機の中でもWiFiを利用することができます。

利用料金は以下の通り。
■1時間プラン利用時間: 1時間利用料金: $11.95
■24時間プラン利用時間: 24時間利用料金: $21.95

支払いはクレジットカード払いです。なお、「JALカード」「JAL USA CARD」「JAL・上海浦東発展銀行クレジットカード」出の支払いなら、割引に成るキャンペーンも定期的に開催されているので、チェックしてみて下さい。

JAL国際線 - 国際線機内インターネットサービス JAL SKY Wi-FiJAL国際線 – 国際線機内インターネットサービス JAL SKY Wi-Fi

こちらの記事にて「JAL SKY Wi-Fi」の詳細が解説されていますのでご参考に。

新幹線のWiFiまとめ

・新幹線車内用の無線LANを利用するには通信事業者(UQ WiFiなど)のプランに申し込んでおく必要がある
・プランに申し込んでおけば、月額200円または無料(WiMAX)で新幹線の無線LANを利用できる
・飛行機でも有料のWi-Fiサービスがある

新幹線や飛行機のWi-Fiサービスも便利ですが、ベストは私のようにポケットWiFiを持ち歩くことです。今なら、月額4000円以下でイーモバイルのポケットWiFiで運用していけます。

4000円はネックに思えるかもしれませんが、家でのネット環境と兼ねて利用すれば実はお得なのです。速度も不満に感じたことはありません。どこでも仕事ができる環境を求めるなら必須ですよ。

ぜひご検討を。

イーモバイルのポケットWiFiのサイトはこちら

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!