仕事が苦痛な時に知っておきたいこと

公開日: : 最終更新日:2017/04/19 ためになる話, 辛い時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

色んな方の話を聞いてわかったのですが、仕事を深刻に考えすぎる人って多いんですね。仕事を苦痛に感じているなら、もっと楽に考えましょう。

ということで、今回は仕事で悩んでいる方向けに書きます。これを読んで少しでも楽になってもらえたら幸いです。

「仕事がすべて」と思うから仕事が苦痛になる

仕事をしていて疑問を感じる事は「今日までのタスクが終わりそうにない」「納期に間に合うか不安」「ノルマが達成できない」と悩んでいる人がたくさんいる事です。確かに、与えられた仕事を全うする事はビジネスマンとしてあるべき姿です。

ですが、いま与えられている仕事が自分の限界を超えているものだとしたら「納期に間に合わせる」、「ノルマを達成する」ことは可能なのでしょうか?

そんな無理ゲーをこなす必要はあるのでしょうか。そんな仕事のムチャぶり、やる必要ありますか。

そんなのは日本の悪い文化「根性論」によるものなので、深刻に考えすぎなくても良いんです。そもそも自分のスペック以上の仕事を振られているわけですから。「できません。助けて下さい。」でいいのです。

仕事を苦痛に感じてしまう人は、まじめに考えすぎてしまうのです。もっと楽になって助けてもらう事を検討しましょう。そうすれば、苦痛に感じなくなります。

参照:憂うつな仕事、まだ続けるんですか? <<おすすめ

スポンサーリンク

無理な仕事をこなそうとして苦痛になってしまう日本人

それでも、多くの仕事人間はやり切ろうとします。

友人や恋人、家族と過ごす貴重な時間を犠牲にしてまで。仮に、与えられた仕事を達成できたとしても、残るのは社内の非常に狭い空間内の評価だけです。

「得た評価」は「そのときにしか経験できない楽しい時間」を埋められるほど価値あるものではありません。仕事を苦痛に感じているなら、こうした点も考えてみましょう。

スポンサーリンク

苦痛な仕事により健康状態も損なわれる

さらに、ハードワークにより、食生活が乱れて健康に支障をきたしているかもしれません。私の会社で遅くまで残っているほとんどの人は夕食にカップラーメンを食べています。

家で過ごす時間もないため、朝はコンビニのパン、昼はコンビニ弁当なのですから間違いなく体を壊すでしょう。他にも仕事のストレスにより、体のあちこちが痛めつけられている可能性だってあります。

仕事が苦痛な上に健康状態にも影響が出る、これは防ぎたい所です。

仕事が苦痛なら「断る」「謝れば何とかなる」を意識して

苦痛なまま仕事をして、貴重なものを失っては元も子もありません。一番大切なのは人生です。仕事ではありません。

仕事ができなくても「ごめんなさい」と言えば何とかなります。仕事を苦痛に感じたら、こうした素直な姿勢を大切にしてみて下さい。

もし、できなくても死ぬ事はないです。誠意をもって「ごめんなさい」すればいいのです。「最悪、謝ればいい」という保険を持っておく事で、苦痛な仕事による自殺や病気は防げるはずです。

仕事が苦痛になったらザキヤマの言葉を聞こう

人生の一部でしかない仕事。それを苦痛に感じているなら、テキトーなのに力強いザキヤマの名言を参考にしましょう。彼の言葉を聞くば、仕事を苦痛に感じている事がバカバカしくなり、気楽な気持ちになれますよ。

これから、特に好きな言葉を紹介していきます。

「みんなどうしても自分に厳しくなっちゃうんで」

「人に対しても、自分に対しても、言い訳していこう!」

「頭を下げるのなんて、なんとも思わないからね」

「言い訳こそ人生」

「仕事で嫌なことがあったら、“これは後で話のネタにできるな”と考えるようにしてる」

「嫌なことがあっても寝れば忘れる。
寝る前に解決策が思い浮かなければ、それで考えるのは終わり」

苦痛な仕事で悩むよりも気楽に考えた方がいい

どうでしょう?これだけテキトーに楽しく生きても、許されてしまう人って魅力的だと思いませんか?

これこそまさに「人生を楽しんでいる」状態です。私もザキヤマさんの言葉に救われて、こういった人になりたいと思うようになりました。この言葉が、みなさんの気持ちを楽にするきっかけになれば幸いです。

仕事が苦痛なら、違う仕事を選ぶことも

どうしても仕事を気楽に考えられないなら、今の仕事をやるべきか考え直しましょう。

その上で合っていない、これ以上続けるべきでないと判断したら、違う仕事をやった方が自分のためになります。

僕もそうでしたが、仕事を変えることで毎日の充実度は大きく変わりますし、苦痛な仕事を続ける必要はありません。

苦痛を感じずにやれる仕事はある

大変とやれずにできる仕事はきっとあります。

僕は会社員時代、プログラマーとして毎日辞めたいと思いながら仕事をしていました。当時は悩みがたくさんありました。

参照:Webプログラマーになるには独学でもOK?未経験可?←経験者として答えておきます

参照:年収が高いwebベンチャーにおけるエンジニアの仕事内容がエグすぎる件

辛い状態を変えるために職種を変えようとした

そんな状態でしたから、仕事をやる時と家で明日からの仕事を考えるときはストレスでしかありませんでした。

そこで、その状況を変えるため、副業でやっていたブログを頑張って独立することにしたのです。

参照;ブログのおすすめ!収入を得たい初心者のために6サービス(無料&有料)を比較しました!

なお、会社員時代から「ブログを書くこと」は天職だと気づいていました。なので、これを本業にしたら仕事が苦痛でなくなるとわかっていたのです。

実際、続けているうちに会社員としての収入を越してブログを本業にすることができました。

参照:【随時更新】note有料マガジン「サラリーマンが副業ブログで35万稼ぐまでの奮闘記」のタイトルを全て公開します

このように、「仕事内容が苦痛」の状態を抜け出すには、自分の得意なことを生かせる仕事に就くのがいいのです。

参照:仕事はゲームだ!ハマれたら面白い。ハマれなかったらやめればいいだけ

得意なことはいろんな仕事に挑戦してみて分かる

じゃ、その得意なこと、得意なことを生かせる仕事ってどうやって見つけるのよ?という話ですが、そのためには複数の仕事をまずやってみるのがいいです。

僕は、「ブログを書くこと」の前に、研究(理系の研究室時代)、アプリの企画、webプログラマーを経験しました。

そして、プログラマーの次に経験した「ブロガー」という仕事で得意なことと、それを生かせる仕事を見つけたのです。

なので、まずはいろんな職種に副業レベルで挑戦してみるといいですよ。

得意なことは「自然とやってしまっていること」

で、得意なことの見つけ方ですが、その際は日常の行動に目を向けるといいです。

そこで、「誰に言われなくても自然とやってしまっていることがあれば、それが得意なこと」です。そして、それを仕事に活かせば、ほとんどの確率で成功します。

僕の場合であれば、それが「書くこと、伝えること」でした。他の人であれば、プログラムを書くこと、ベランダ菜園、手芸品を作るなど。

これらは、今の時代にある便利なサービスを使えば、仕事に結びつけることができます。それは、僕のブログのように。

得意なこと、強みを見つけるのに役立つサービス

そうは言っても、得意なことや強みを見つけるのが難しいという人もいるかと思います。そういったかたは転職サイト「リクナビNEXT」のグッドポイント診断を使ってみるといいですよ。

苦痛な仕事から逃れる方法

これを使えば、仕事に活かせそうな強みを知ることができます。そこから、日常の行動に照らし合わせて「自然とやってしまっている作業」にも気づけます

なので、リクナビのサイトから受診してみてください。

強みをサイトから見つける>>グッドポイント診断“”

仕事が暇で苦痛なら裁量のある会社に行った方がいい

あと、職種でなく、仕事が暇すぎて苦痛と感じる人もいます。特に、大企業でやることが決まっている会社にいる人に多いですね。

そういった場合は、裁量のある会社に転職した方がいいです。

「仕事が暇=苦痛」と感じられる人は、暇があれば仕事を作り出して、生産性を上げようと努力できる人です。

そういった人は、仕事を任せてもらえて、自分の考えで仕事を進めさせてもらえる会社にいる方が活躍できます。

自分がいたベンチャーはそういう会社で、競合他社のネットベンチャーもそんな感じです。なので、まずはベンチャーをチェックしてみるといいですよ。

参照:【大企業とITベンチャー】リクルートなど副業OKな会社31社まとめ

エージェントに相談することで選択肢が広がる

なお、その際はベンチャーに特化したエージェントに相談することも有効です。

参照:【評判・口コミ】社会人2年目で転職活動をした時にレバテックキャリアを使ったから感想書いとく

参照:転職エージェントと面談してきた!おすすめの非公開求人とか服装についてメモしとく

会社員時代は、僕も相談していろんな会社をしることができて便利でした。

人間関係で仕事が苦痛な時の対処法

あと、人間関係が苦痛で仕事が嫌になるパターンもあります。会社員時代の僕は、研修中にそういった状態になっていました。

参照:新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

参照:仕事で落ち込んだ時の対処法

この場合、数ヶ月ほどして異動、別のチームに行けるようであれば、転職せずにその会社にいた方がいいです。

ですが、それが無理なようであれば転職した方がいいですね。人間関係は仕事への満足度を決める重要な要素なのですから。

なので、我慢せず次の環境へ行きましょう。

参照:在職中の転職活動はバレる?そんなことはありません。バレない方法を紹介します

大事なのは選択肢を持つこと

後半では、転職を勧めてきましたが、仕事が辛い時は環境を変えることも選択肢に入れた方がいいです。

今よりも楽しく働ける環境はたくさんあるのですから。

参照:楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

なので、そういった選択肢を知るために、とりあえず転職サイト「リクナビNEXT」に登録していろんな求人をみておくといいですよ。

そうすれば、今の悩みがいかに無用であるかわかりますから。


>>リクナビNEXTのサイトはこちら

1つ言えることは、現状を変えたいなら今動く必要があるということです。今変われない人は一生変われません。

こちらも覚えておいていただけると。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!