自由に生きるために意識したい!仕事とお金に関する10のこと

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 仕事・キャリア, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

このまま定年まで、会社勤めをしたいと思っている人はどれくらいいるのでしょうか?きっと少ないはず。できることなら、会社をやめて自由に生きたい。それが本音だと思います

私も同じ考えです。では、自由に生きるにはどうすれば良いのか?

そのヒントがノマドである本田さんの著書「7つの制約にしばられない生き方」に書いてありました。では、特に心に残った言葉を紹介していきます。

自由に生きるために

1 前提を疑う

まずは、世間で常識とされている価値観を疑うことが大切です。例えば、「満員電車は当たり前」とか、「8時間労働は当たり前」といったものです。

これらが本当に正しいのか疑って、その常識を壊す方法を考えるのです。

自分を縛るものは何も無い、という状態を想像してみましょう。時間や場所、人間関係、お金、働き方など、ありとあらゆる制約を一度全部外してみるのです。

当然と思っていた事だけど、もしかしたらこれは「思い込み」じゃないだろうか、といったん疑ってみる

好きな場所で好きな時間に好きな服装で、人間関係に煩わされることもなく働くためには、どういう仕事や働き方をすべきなのか。

あるいは、どうやってそのような働き方でビジネスを成り立たせていくのか。これを私がずっと考えていました

満員電車のストレスはなくせる

僕も「満員電車に乗らずに働く」と決めて、就職活動から動いていました。東京で働くなら、満員電車は必須と考えられていますが、そんなことはありません。

家賃補助のある会社に努めれば、会社の徒歩圏内に住めます。そうすれば、満員電車に乗ってイライラすることもありません。

また、今の僕のようにオフィスがなくても働ける環境を作れば、電車が不要になります。このように、常識を疑って制約の無い状態をイメージできれば、今よりもっと自由に生きれるようになります。

2 足りない部分を知って穴埋めの努力をする

自由に生きると言っても、何もせず、ダラダラ生きていく訳ではありません。生活するにはお金が必要で、稼ぐために何をすべきか(目標、プラン)知る必要があります

目標達成のために足りない部分があるなら、努力して埋めていく必要があるのです。

実は不自由な方が安定して生きられる

目標やプランがなければ、どこに向かってゴールしていいかわかりません。

それなしに、「今すぐ自由がほしいから何にもしばられずに生きるんだ」といって会社をやめてしまったり、努力することを途中で放棄してしまったら、ただの自堕落な生活しか待っていません

自由でいたい、制約設けたくない、だから目標もプランもつくらないという考え方は本末転倒と言わざるをえないでしょう。

自由に生きるとは、楽をすることではありません。本当に欲しいものを手に入れるために努力することなのです。というか、実は不自由な方が安心して生きられるのです。

これは、会社員を思い浮かべるとわかります。

自由を獲得するにはリスクを負わなければならない

会社員は、月〜金曜日まで働かなければいけません。時間で考えれば、不自由です。

しかし、オフィスにいさえすれば給料がもらえるんです。これは不自由と引き換えに、お金がもらえるということです。

反面、会社員を辞めてしまえば、時間的自由を手に入れられますが、自分で稼がなければなりません。

そのためには、目標設定して努力していくしかないんです。ダラダラしている暇なんてありません。誤解されがちですが、自由とは責任を伴うリスキーなものなのです。

会社で自由に生きる方法もある

このように、独立するのはリスキーなので、会社を辞めずに社内で自由に生きるという手もあります。そのためには、何をやっても文句を言われないように、成果を出す必要があります

例えば、株式会社LINEの社員には、社外でも活躍する人たちがいます。副業をしているわけです。

しかし、それについて咎められることはありません。その理由は、彼らが会社内で成果を出しているからですね

なので、会社内でやりたい仕事をやれるように、まずは成果を出すために動いていきましょう。

同時に、やりたいことをやらせてくれる会社を選ぶといいです。リクルートやサイバーエージェントのように、優秀な社員には自由にやれる環境を与えてくれる会社があります

そういったところで働くと、理想的な仕事ができるようになりますよ。

スポンサーリンク

3 他人と比べない

自由に生きるには、人と違うことをしなければならない、と覚えておきましょう。

周りの目を気にしても、他人をうらやましがっても、仕方がありません。それよりも、自分が楽しく生きるにはどうすれば良いかを考えるべきでしょう。

ある人のことが幸せに見えてうらやましく思ったとして、その人と同じことを実際にやってみても、同じように幸せになれるとは限りません

自由に生きるには少数派になろう

世間的には、自由を手に入れるために行動している人は少数派です。

ほとんどの人は、組織に所属し、週5日働いて時間的な自由と引き換えに給料を得ています。

そうした人と自分を比較しても、思い通りの生き方はできません。自由に生きるには、自分はどうしたいかを考え、そのために必要な努力を続けるしかないのです

スポンサーリンク

4 覚悟を決めて勉強することが必要

自由に生きると言っても、必ず何かを徹底的に深める時間を確保しなければなりません。自分の武器を伸ばすことに打ち込む期間が必要です。

本田さんは、留学期間中、スキルを磨くことにストイックに打ち込んだようです。

人生には何かに焦点を合わせて、徹底的に頑張る時期が必要です。

それをやらずに「今が楽しければ良い」と思って刹那に生きていたら、今の自分の土台となっているビジネス能力やセルフマネジメント力、営業力などは身に付かなかったでしょう。

自由は高度なスキルの上にあるものだ

思い通りの生活をするためには、稼ぐためのスキルをつけなければなりません。僕の場合は、ライティングになるわけですが、そうしたスキルを高めるために徹底的に勉強する必要があるのです。

例えば、参考書を読む、マネタイズのために成功者に話を聞く、などして投資をした上でスキルを高めていく必要があります。

5 複数の仕事をこなすことでリスク回避

日本では1つのことをやり通すことが美徳とされていますが、本田さんが薦めているのは、いろんなことを同時にやってみることです。

剣術の達人・宮本武蔵も実は、農業と兼業していた時期があり、そのおかげで、自然の理がわかり剣術に活かすことができたとも語っています。

いろんなことをやることで、やれることの幅を広げることができるのです。

1つの仕事にしがみつくのはやめよう

同時にいくつもの仕事をすることが、制約のないライフスタイル作りの役に立ったのだと思います。

一つの仕事にしがみついていると、その会社を首にならないように、会社の言いなりになって制約を受けざるをえない状況になってしまいます。

そのようにならないためにも、職業を一つに限定せず、いくつか持つことを考える時代になっていると思います。

複数と聞くと難しいように思いますが、現代なら、兼業は簡単にできます。

複業するなら、ITスキルに目を向けよう

エンジニアとしてのスキルがあれば、フリーエンジニア向けの求人サイト「レバテックフリーランス」で仕事を受注して稼げます。

また、転職支援サービス「レバテックキャリア」を使って副業OKの会社を見つけるのも手です。

IT系は副業に関してゆるい企業が多いです。転職して、複数の仕事を見つけるのも大いにアリなのです。

リモート勤務OKの会社に入れば、場所に縛られない

また、リモート勤務OKの会社も探してみましょう。そこで働けば、1社の仕事をこなしつつ、別プロジェクトにも関われます。

自由に生きるためにリモートOKの会社を探してみる
(リモート勤務OKの会社)

このようにして、寛容な会社に入って複数の仕事をこなせるようになりましょう

6 ブランディングを大事に

自由な時間を過ごすためには、ある程度のお金が必要です。そして、お金を得るには仕事が重要になります。できれば、高単価・高収入の仕事をしたほうがいいわけです。

そこで大事になるのがブランド力です。自分をブランド化すれば、いい条件の仕事依頼が来るようになります

売り込みをしないで、お客さんが向こうから来てくれるようにするには、自分のパーソナルブランド力をつけることが大切です。

世の中に自分のことを知ってもらうには、売り込みではなく情報やノウハウを提供することが大事なのです。

ブランド力をつけるには、有益な専門情報をブログやTwitterなどを使って提供し続ける必要があるんですね。

実際、僕はブログで「仕事」に関する情報を発信し続けたことで、外部メディアから執筆依頼が来るようになりました

7 他人に流されてみる

自分の向いている事を決めつけず、いろんな事をやってみる(流される)のは大切です。

「流される=軸を持たない」ではなく、柔軟に変化に対応していくという意味ですから、自由に生きるために何をすべきかわかってない人は、ひたすら流されてみましょう。それはポジティブな行為なんです。

スタンフォード大学のクランボルツ教授もこう語っていますし、偶然を愛することは意識すべきです。

偶然の出会いや出来事を自分の可能性を広げるチャンスとして活かすことが大切

また、キャリアの8割が予想しない事によって形成されたというデータも出ていますし、人からのアドバイスも大事にしましょう。

自分がやりたいと思っていた仕事でなくても、上司から「この仕事をやってみないか」と言われたら、拒否するのではなく、自分の新しい可能性を試すチャンスだと考えて、積極的に引き受けてみるのです。

その結果、その仕事が自分にとって天職と感じられる事もあるかもしれないのです。

自分の可能性を信じて、好奇心を持って様々な事に挑戦し、時には流されながら、自分の可能性を探っていく事で、自分の進むべき方向性が少しづつ見えてくるものなのです。

僕も独立してから、同じことを感じています。

いろんなところに片足だけ突っ込む

例えば、先輩ブロガーさんに「こういったことを書いてみれば?」と提案されて書いたところ、ファンが増えました

また、「色んなところに足を突っ込んでおいた方がいいよ」ということで、いくつかのコミュニティに参加してみたところ、思わぬ出会いが生まれ、仕事にもつながりました。

なので、「これだけをやる!」と決めずに柔軟に流されてみましょう。新たな道が見えてきます

8. 得意なことを見つける

以下のツイートのように、得意なことを見つけてそれを仕事に活かすとかなりの成果を出すことができます。

参照:ブログで稼ぐ方法と収入の仕組み(アドセンス、アフィリエイト)を基本から説明してみます

参照:【保存版】ブログでアフィリエイト収入を得るのは可能なのか?始め方から稼ぎ方までまとめてみます

あと、得意なことを見つけるために、今やっている不得意なことをやめることも大切なのです。

なお、得意なことは何かを発信していくと見つかります。

なので、まずはいろんなことに興味をもって都度発信していきましょう。僕にとってのブログもそんな感じでした。

9. お金の稼ぎ方を知る

得意なことを見つけたら、あとはそれを使ってどうすればお金を稼げるかを考えましょう。

得意なことを見つけて自由に生きられる人と、そうでない人の違いはそこにあります。生活するにはお金が必要です。

そのためには、得意なことで価値を提供して誰にお金をもらうか?を考える必要があるのです。

僕は記事を書いて広告主にお金をもらっている

僕の場合、書くのが得意なことです。これをお金に結び付けるために僕はブログで記事を書いています。

記事の中では、使ってみていいと思った商品を紹介し、リンクを掲載します。そして、そのリンクから商品が売れた場合、商品を売っている広告主に売り上げの数%をもらいます。

このようなやり方は成果報酬型でアフィリエイトと呼ばれるんですが、こういった仕組みを知ることも自由に生きるためには必要ですね。

「流行ってるから」でやるのはオススメしない

あと、お金を稼ぐ、商売をやる際は「流行ってるから」という理由でやるとうまくいきません。

こうしたことも覚えておいてください。

あと、「稼げるから」という理由で始めるのもダメですね。やはり、継続させるだけの動機がないといけません。

資格や英語はいらないと知る

あと、お金を稼ぐ際に知っておきたいのが「資格や英語にこだわる必要はない」ということ。

日本だと、妄信的に「給料を増やすためには英語だ!資格だ!」みたいな流れがありますが、これは不要です。

実際、僕は資格などをもってませんが、お金を稼げています。

大事なのは、どうすれば稼げるか?を知ることです。なので、ビジネスモデルも勉強した方がいいですね。

自己投資する

あと、自己投資の効果も知っておきましょう。自分の能力を高めてくれるものにお金をしっかり使うのです。

例えば、ノウハウを知るために本を買う、ブログを始めるためにパソコンを買う、といった感じで。

投資前は、「お金がもったいない」と思ってしまいますが、実際に投資してみると「それを回収しよう」ということで、頑張れるようになります。

なので、力をつけるために、力をつけてくれる道具にはちゃんとお金を使いましょう。

10. お金に働いてもらう(投資を学ぶ)

あと、お金のことを気にせず自由に生きるには、どうやったらお金を受け取れるか、増やせるかを知っておく必要があります。

このように、「働いてお金を増やす」「投資してお金を増やす」という2つを知っておく必要があるのです。

長期の資産運用でお金を増やしています

僕は「投資でお金を増やす」ために、現在200万円ほどのお金を運用しています。(もちろん、色々勉強してから)

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>ロボアドバイザーとは自動で長期の資産運用をしてくれる便利な仕組み(楽天、THEO、ウェルスナビなど比較)

>>融資型クラウドファンディング「クラウドバンク」のセミナーで気づいた重要事項

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

こうした手法があることも知っておくといいですよ。

自由に生きるために今から行動を

これまで書いてきたように、常識を疑い柔軟に動いていくことで、自由に生きるという目標に近づけます。

あとは行動あるのみです!

と、言いたいところですが、行動しようにもやりたいことがぼんやりしすぎていて動けない、何から始めたらいいかわからないよ、という方もいるはず

そんな時は、自分の向いていること・強みを理解するといいです。そうすれば、どんな行動をとればいいのかわかります。

強みである「発信」を続けていたら成功してた

僕は、発信することが強みだとわかっていたので、とりあえずブログを書いてみたのです。

そして、その取り組みを続けていたら、いつの間にか会社をやめてブロガーとして食っていけるようになっていました。

なので、どうすればいいかわかっていない方は、強みを知りましょう。そのために有効なのが、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」です。

強みを見つけるための無料診断サービス

受診することにより、強みがわかり、一歩目を踏み出せるようになります。無料でできてお得なので、まずは体験してみてください

>>リクナビNEXTのサイトはこちら

ではまた!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!