【拡散希望】じゃ拡散しない

公開日: : 最終更新日:2016/08/18 アクセス・集客, ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

今回は、Twitterでツイートを広めるためのテクニックを紹介してみます。これを使って、Twitterのアンケートで1344票も投票してもらえました。

企業のSNS運用担当者や、SNSをうまく活用したい方は参考にしてみてください。【拡散希望】と冒頭につけるのは、効果がなくなっていますよ。

2万5千人にツイートが見られたよ

僕が投稿したアンケートはこちら。お盆の時、疑問に思ったのでアンケート機能を使ってみたのでした。

結果はこんな感じ。

IMG 5596

1344票の投稿があって一番多かったのは、「お盆休みなんてありませんでした」

これは意外な結果でしたが、おそらく以下の状態の人が多かったのでしょう。僕が前にいた会社もこれでしたからね。

ちなみに、アンケートのツイートのインプレッションなどは以下の通り。

IMG 5597

RT(リツイート)が113で、インプレッションがだいたい2万5千。多くの人に見られましたね

また、アンケートの票数も驚きでした。100票くらい集まればいいと思っていたので、予想以上の出来でした。

では、なぜこれだけの結果を出せたのか。それは、ツイートする際に、ある工夫をしたからです

スポンサーリンク

「RTしてくれたら〜」とメリットを提示しよう

その工夫とは、RTしてくれた人にメリットを提示するというもの。今回でいえば、「RTしてくれた人のブログに一言」がそれにあたります

これがあったから、上記のアンケートで予想以上の結果が得られたのです。

というか、この手法を使わず、よくある【拡散希望】を冒頭につけただけのツイートであれば、RT数と票数は伸びなかったんですよ、きっと。

その理由は、考えればすぐにわかりますね。【拡散希望】には、RTする側のメリットが全くないんですよ

スポンサーリンク

行動するきっかけを与えよう

ツイート主が知り合いであれば、RTしてあげるのかもしれませんが、会ったこともなくなんとなくフォローしている人であれば、行動を起こすキッカケとしては弱いわけですね

ただし、【拡散希望】というのは、Twitter黎明期、震災の頃は効果がありました(デマも含め)。なぜなら、当時はこの手法を使う人が少なく、珍しいものだったからです。

なので、ガラケー初期のチェーンメールみたいな感じで、みんなが興味を持って拡散していたわけですよ。

拡散希望にみんな飽きている

しかし、このやり方は使い古され、誰もが日常で使うようになりました。それによって、多くのTwitterユーザーが慣れてしまって、ツイートに反応しなくなったんです。

だから、本当にツイートを拡散させたいなら、別の工夫が必要になるわけです。そして、その工夫として、効果的なのがぼくが試したものなんですね。

このように、情報を多くの人に広めてほしいなら、広める側のメリットをしっかりと提示しなければいけないのです

イラスト描きます、一言診断などなんでもいい

メリットは何でもいいです。自分のできること、相手が喜ぶことであれば

参照:やりがいのある仕事に必要なのは「やりたいこと」「やれること」「人の役に立つこと」

僕の場合だと、プロのブロガーなので「ブログに一言」でした。これがイラストレーターさんなら、「アイコンの似顔絵をざっくり描く」のようにするといいですね。

音楽活動をされている人なら、「プロフィールから歌詞を1フレーズ作ります」とか、小説家さんだったら「プロフィールから小説のタイトルをつけます」とかでも面白いですね

このように、情報を広めたいならば、自分都合の「拡散してください」だけじゃダメで、広めてくれる相手への気配りが必要なのです

自分都合のツイートをするアカウントが多すぎる

今回こうした記事を書いたのは、【拡散希望】のような、自分の都合だけを考えたツイートばかりの企業アカウントが多いなと思ったからです。

このツイートで示したように。

見ていて、「え、それでお金もらってるの?」みたいなSNS運用担当者がちょこちょこいたので、ここらで適正な伝え方を提示した方がいいじゃないかと思って、アンケートで実験をしてみたのでした

なので、これを見ている方は、イケてないSNS担当者のようにならないために、紹介したことを実践してみてください。

もちろん応援している人にはRTするよ

なお、「リツイートしてください」がダメというわけではありません。やりすぎがダメということなのです。

実際、ぼくは、応援してる人が「本を出しました」「メディア立ち上げました」ってツイートしてたら、RTしますし

この辺は勘違いしないようにしたいですね。何事もバランスよく。

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「ぬるいことしてお金をもらえていた会社員時代の自分に説教したいこと」

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!