うつ病で仕事のやる気が出ない時に助けとなる言葉

公開日: : 最終更新日:2015/12/11 仕事・キャリア, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

大変な思いをして働く事が幸せなのでしょうか。そんな事を考えさせてくれる日本一有名な京大卒ニート「pha」さん。自身の著書「ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法」では独特な考え方を書いています。

その中で、「働く」について考え直した部分があったので、フレーズを紹介していきます。働きすぎて、うつ病など精神を病んでしまった方、病みそうな方は見ておきましょう。

うつ病なら無理にやる気を出す必要はない

職場に問題があって、うつ病など精神を病んでしまったとき、やる気を出そうと思っても、難しいですよね。そんな時はこの言葉を思い出してください。

自分の中から湧いてくる自発的な行動こそが本来人間がするべき事だし、辛いものを我慢して無理に何かをする必要は無いのだ。

良い仕事というものは、自発的に本人が楽しみながらやるような所から生まれてくるもので、無理をこらえて頑張って成し遂げられたものではない事が多いし。

日本人は努力とか頑張りとかを過剰にほめる傾向があって、それがこの社会の息苦しさをつくっているんだと思う。

フロー状態でこそ人間のパフォーマンスが発揮されるという考えは、頑張って努力して我慢して仕事を成し遂げるという価値観の正反対にあるものだ。

ちなみに、フロー状態とは「一流のアスリートが集中力を発揮した時、没頭して周りの事が気にならなくなる状態」の事です。川上哲治氏の「ボールが止まって見えた」などがそれにあたります。

頑張って力づくで無理矢理状況を変えようとするのってあんまり上手い方法じゃなくて、自分がそれほど力を入れなくても動ける状況を探すべきなのだ。

もしどうすれば楽になれるのか全く見えない状況だったら、あまり焦らずに何かが見えるまでじっと何もせずに待ってみてもいいんじゃないかと思う。

このようにして、無理にやる気を出そうとせず、やろうと自発的に思えた時に頑張ればいいのです。ですので、うつ病になった時、職場で問題があったときは、無理せず休みましょう。

スポンサーリンク

無理に頑張ろうとせずゆるく考える

真面目な人ほど、辛いことがあっても無理に頑張ろうとしてしまいます。しかし、やる気が出ない時はどうしても頑張れないのです。そんな時は、この言葉を思い出してください。

人間は誰でも何かに依存しているものだし、その状況が安定しているかどうかは程度問題に過ぎない。

何十年も先の事なんてどうなるかわからないし、とりあえず今なんとかなっているんならそれで良い。今考えてもどうしようもない事は、どうにもならなくなり始めてから考えよう、

人間なんてみんないろんな要素をランダムに並べた順列組み合わせに過ぎなくて、自分の意志で変えられる事なんてあまり無いし、自分でなければならない事なんて無いような気がしてくる。

全ては偶然の組み合わせに過ぎない。

もう流れに身を任せてしまって、なるようにしかならないと諦めてしまった方が楽です。こっちの方が楽しく生きられますので、心がけてみてください。

スポンサーリンク

仕事はもっと適当でいいし、頑張りすぎる必要もない

また、日本人の頑張りすぎる仕事への姿勢もphaさんは問題視しています。

日本の生活は確かに便利で快適だけど、その便利さは労働に対する同調圧力や責任感で支えられていて、そのせいで多くの人が心を病んだり、自殺したりしているのならば別にそこまでの便利さはいらないと思う。

もっと仕事が適当な人間が多い社会の方が社会全体の幸福度は上がるんじゃないだろうか。

世の中にはとても面白い事をやっているのにそれだけでは食えない、という人はいっぱいいる。

世の中が実用的なものばっかりだと息が詰まるし、無駄に見えるようなものがたくさんあるからこそ、社会に余裕ができたり、世界の多様性が保たれたり、混沌の中から今までに無いような新しいものが生まれたりするのだ。

著者のphaさんの意見は、一般的な考えの逆を語っています。始めのうちは「この人大丈夫か?」と思っていましたが、読み進めていくうちに「こんな考えもあるな」と広い視野を持てるようになりました。

これから、頑張っても報われにくい日本社会で、今までと違った所に幸せを求めて生活を送るのも選択肢としてありだと思います。今はまだ、少数派ですが、phaさんのような生き方をする人も増えていくのでしょう。

やる気が出ない今の環境を疑ってみる

日本人は確かに真面目で、それはいいことです。しかし、皆がそうある必要はありません。ですので、もし、周りと同じように頑張るのが疲れた、やる気が出ないといったときは、力を抜いてみてください。

そうすることで、きっと楽になるはずですから。

今回は、うつ病などメンタルがやられてしまった時、やる気が出ない時に聞きたい言葉を紹介してきました。これらの言葉で、無理に頑張る必要がないことがわかったでしょう。

ですので、辛すぎると思うほど仕事をしなければいけない環境にいるなら、その環境に疑問を持ってください。もっとゆるく働ける場所はあります。

今より良い職場環境をプロに相談しよう

そういった場所はいろんな職場を見てきたプロに相談すればわかります。これまで何人もの転職のお手伝いをしてきたエージェントと呼ばれる人たちに相談すればいいんです。

彼らは残業の少ない職場、離職者が少ない職場なども把握していますので、そうした職場で働くことができるか、まずは相談してみてください。

もちろん、利用は無料ですし、普段仕事が忙しい人のために、平日遅くや休日も面談の時間をとってくれます。また、地方在住者の方のために、電話やメールでも対応してくれますので、まずはお気軽に面談のアポ取りをしてみてください。

辛いと思うままいるのが一番良くないです。動くことで何かが変わります。動いて損することはありませんので、まずはサービスに頼ってみましょう。

試しに「ワークポート」で相談してみる

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!