人と関わらない仕事をするために必要なこと1つ

公開日: : 最終更新日:2017/01/25 仕事・キャリア, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事。』という本を読んだら、人と関わらない仕事をするために必要なことがわかりました。

ちなみに、この本は川村元気さん(『電車男』『モテキ』のプロデューサー)が、著名人へのインタビューをもとに「仕事」について考えるもの。

その中で、作家として活躍する沢木耕太郎さんのお話がすごく刺さったんです。

これから、一人でできる仕事、人と関わらないで仕事をしようと思っている方は参考にしましょう

なお、人と関わらない仕事仕事の一覧は後半にまとめているので、そこから読みたい方はこちらからクリックしてください。(ページ遷移せずスクロールします)

自由に好きなスタイルで、誰にも干渉されないでコントロールしたかった

インタビューの中で、沢木さんは作家という仕事についてこんな風に語っていたんです。

書くってことに関しては全部一人でやりたい。そこの楽しみを誰かに分け与えたくないっていうかね。

仕事場には誰もいないし、電話がかかってきて「沢木先生を呼んでください」って言われて「沢木です」って言うと、たいてい驚かれる(笑)。

仕事では誰かを使うとか一緒に組むってことをいっさいやらなかった。取材も一人。

とにかく自由に動きたくて、自分の興味のあることを、自分の好きなスタイルで、極端に言えば誰にも干渉されないで一人ですべてをコントロールしてやってきた。

これ、非常に共感できるんです。僕は、ブロガーという仕事をしていて、基本的に一人で仕事をしています。関わる方は、取材先、執筆している寄稿メディアの担当者くらいです。

まさに、沢木さんのような状況なんです。僕がこのスタイルを選んだのは、一人でやる仕事が好きで、そういったスタイルを獲得したいと思っていたからです。

スポンサーリンク

グループが苦手だったのでワガママに仕事がしたかった

僕は、もともとグループでやる仕事が苦手で、一人で黙々と作業するのが好きだし、得意でした。だから、会議とかは嫌いだし、就活のグループディスカッションとかマジで苦痛でした。

自分で良いと思ったことをそのままやりたいと思っていたんです。言ってしまえば、ワガママなんです。だから、人と関わらず、一人で仕事ができるように、ブロガーという職業を選びました。

もちろん、人と関わらない仕事をするのは簡単ではありません。

スポンサーリンク

一人でお金を稼ぐのは簡単じゃない

生きていくには、お金が必要です。そのために、人々は仕事をしていると言っても過言ではないでしょう。

そして、一人でお金を稼ぐというのは簡単なことじゃないんです。できることなら、複数の人と仕事をした方がお金は稼ぎやすいです。

それこそ、企業のように、営業、企画、マーケティング、開発と役割を分担するやり方。そうすることで、お金を稼ぎやすくなり、生きるために必要なお金も手に入りやすくなるんです。

自由を獲得するためには我慢が必要

だから、人と関わらないで仕事をするには、ある程度の修行をこなし、成果を出す必要があるんです。それを沢木さんは「土台を築く」という言葉を使って表現しています。

初めの話に戻るけど、35歳までにそれができる土台を築いたってことも大きいよね。「あとは自由にできる。それについて文句は言わせない」って。

その自由を獲得するために、単純なことでいえば金銭的な面とか、35歳までは不自由を若干我慢したとも言える

何でもやるんじゃなくて、仕事も原則的にはほとんど断わっていたし、なるべくやらないことによって自分を持して、方向性を決めていったっていうかね。

こうした苦労があったからこそ、今の仕事ができているんだとか。ですので、一人で仕事がしたい、人と関わらないで仕事したいと考えている人は、簡単じゃないことを知り、土台を築く必要があるんです。

土台を築きたいなら3年は頑張ってみよう

沢木さんは、そのために、3年歯を食いしばって仕事をする必要があると言います。

今の若いフリーランスのライターがある時期ぐっと我慢して、大きな仕事を一つするってことをどうしてできないんだろうって思ったりもするんですよ。

3年歯を食いしばって名刺の代わりになるような仕事を完成させれば、そこから自由が拓けるのに、それを耐える忍耐力が若い書き手には少ないんだろうかって

日本には「とりあえず3年続けろ」みたいな言葉があって、その思考停止ワードが嫌いだったんですが、沢木さんが言うんですから、”3年は〜”の説は正しいんです。

実際、僕も1つの分野で成功するには3年必要だと気付きました。だから、僕もあと半年くらいがんばる必要があるんですね(笑)

土台を築くには、それくらいの期間が必要なのです。

人と関わらない仕事は作家以外にもあるから探してみよう

ですので、これから似た道を歩もうとしている人は、3年で土台を築くことを念頭に置いて活動してみてください。

そうすれば、人と関わらないで自由に仕事ができるようになりますので。

なお、人と関わらない仕事は、ライター以外にもたくさんあります。その辺は転職求人サイト「リクナビNEXT」に登録するとわかりますので、ぜひチェックしておきましょう



>>リクナビNEXTのサイトはこちら

リクナビNEXTを見る前にどんな職種があるか知っておきたい方は、以降の文章を読んでください。

人と関わらない仕事の例

フリーのエンジニア、デザイナー

フリーランスのエンジニアやデザイナーであれば、人と関わらずに仕事ができます。その1つのやり方がシステムやデザインなどを受注するスタイル。

僕の前職にも、東北からチームに関わるデザイナーさんがいました。

その方は、フリーランスとして活躍していて、月1くらいのペースで会社に顔を出すだけで、あとはリモート作業していましたね。メンバーに関わるのはSkypeくらいでした。

また、他の会社の案件も抱えていてバリバリ仕事をしていました。その方は10年くらいデザイナーとしてのキャリアがあるので、相当なマッチョ戦士です。

エンジニアも交渉次第ではリモート勤務あり

エンジニアであれば、リモート勤務すれば、人と関わらずに仕事ができますね。

前職でも、九州にいながらリモートで働くエンジニアさんがいました。その方は、3か月に1回くらいのペースで東京のオフィスにくるくらいで、あとはSkypeを使って開発していましたね。

ちなみに、その方は業務委託のフリーランスでした。なので、そういった働き方を目指すなら、フリーエンジニア向けの求人サイト「レバテックフリーランス」でリモートOKの仕事を探すのもありですね。

関連記事:通勤せずに地方からのリモートワークで月40万円の収入を得られる時代

他だと、Webサイトやアプリを作りたい人と契約して、受注型でサービスを作ってお金を稼ぐやり方もあります。

個人で仕事を受注すれば1本100万円も

実際、最近はアプリ開発の需要が多く、個人で仕事を受ける自営業者も増えています。

しかも、単価がめっちゃ高いです。1本100万円近い仕事もあるので、がっつり稼ぎたいなら、スキルを積んでフリーになるのがいいですね。そうすれば、人と関わらなくても会社員時代以上に稼げます。

当然ですが、そうした仕事をするにはスキルが必要ですので、それを身につけられる企業で修行をすることをおすすめしておきます

エンジニアやデザイナー向けの求人が多い転職サイト「レバテックキャリア」を見ておくと、修行できる会社が見つかるはずです。将来的に、一人で仕事をしたいと思っているなら、チェックしておきましょう。

ネットショップ運営者

ネットショップを作って稼ぐのも、人と関わらずに仕事をする一つの例です。

実際、主婦が自分で作った手芸品を売る、商品を仕入れて売るなどしてネットショップで暮らせるだけのお金を稼いでいる事例はあります

商品を作るのが難しい場合は、電子コンテンツを販売することもできます。例えば、希少性の高い情報をテキストでまとめて、ネットショップで売るなど。

「私と〜〜する権利」も販売できる

他だと、ネットショップで「私と〜〜できる権利」などを販売している人もいます。例えば「私と焼肉を食べる権利」のように。

ネットショップであれば、そうした商品が自由に販売できるので、人と関わらずに仕事ができます。こちらも覚えておきましょう。

参照;【副業】月5万円稼ぐ方法23コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

参照:ネット副業で稼ぐ方法まとめ!在宅仕事の副収入でゆとりある生活を

ブログでアフィリエイトを

僕のように、ブログを作ってアフィリエイトを利用し、稼ぐ方法もあります。実際、この仕事で僕は人と関わることがほぼありません。

その辺のノウハウは以下の記事に書いているので、参考にしてみてください。

参考記事

ブログのおすすめ!収入を得たい初心者のために5サービス(無料&有料)を比較しました!

ブログで稼ぐ方法と収入の仕組み(アドセンス、アフィリエイト)を基本 から説明してみます

【随時更新】note有料マガジン「サラリーマンが副業ブログで35万稼ぐまでの奮闘記」のタイトルを全て公開します

なお、ネットで稼ぐと聞くと楽に思えますが、実際はそんなことありません。根気のいる仕事なので、貸せる人とそうでない人の格差はエグいです

そもそも、副業として月に5000円以上アフィリエイトで稼いでいる人は10%しかいない世界です。相当な努力が必要であることは覚えておくべきでしょう

YouTuber

ブロガーの動画版で言えば、YouTuberもそうですね。あれも基本的には1人で仕事をしています。

UUUMのように芸能事務所に入れば、マネージャーさんとやりとりすることもあるようですが、作業は一人が多いです。

こちら、相当ハードルが高いので、オススメはしませんが。いま、活躍されている方々は超人だと思ったほうがいいですよ。

LINEスタンプ販売

皆さんも使っているかもしれないLINEスタンプを販売して稼ぐこともできるんです。実際、個人で販売して数千万円売り上げた人も存在しています。

しかも、自分で作成しなくても代行業者を使えば、LINEスタンプは販売できるんです。デザインのスキル不要で、手書きからスタンプを作成してもらえるんですよ。

こんな感じで。

lineスタンプを販売すれば、人と関わらない仕事ができる

しかも、販売までサポートしてもらえるんです。ライバルも多いですが、夢のある話なので、こういった仕事も覚えておきましょう。

クラウドソーシングを使って家で仕事する

クラウドソーシングサービスを使って、人と関わらない仕事をする方法もあります。

ちなみに、クラウドソーシングサービスとは、仕事をして欲しい人と仕事をしたい人を結びつけるサービスのことです。有名なものだと、クラウドワークスやランサーズがあります。

その中身は、Webメディアの記事作成、ホームページのデザイン、名刺のデザイン、WordPressの構築など様々です。依頼主は、企業であることがほとんどで、仕事をするのは個人が多いですね。

クラウドソーシングの仕事は単価が安い

クラウドソーシングを使えば、都内の会社の仕事を地方で受けられて、家にいながら仕事ができるというメリットがあります。しかし、単価が安いという問題もあるんです。

特に、Webメディアの記事を書く仕事などは1本数百円が相場で、生活できるくらい稼ぐには100件以上の案件を抱える必要があります。

なので、僕はおすすめしません。それよりは、仕事単価の高い上記の仕事(ブログ、エンジニアリング、デザイン、LINEスタンプ)をおすすめします

ちゃんと力をつけてから稼ごう

実際、クラウドソーシングをやってると、給与水準をあげていくことが難しくなってしまいます。スキルがなくても、1つの仕事をこなせば、お金がもらえてしまうので、時間あたりの単価を上げる努力もしなくなっちゃいますからね。

そうなると、長期的に一人で仕事をして稼いでいくのは難しくなってしまいます。なので、クラウドソーシングを使わずに稼げる仕事を見つけた方が賢いです。

理想は「受注ではなく、自分で稼げるようになること」です。お忘れなく。

転売(せどり)

また、オークションやAmazonなど、個人間で商品を売買できるサイトで転売することも1人でできる仕事の一つ。

仕入れ値以上の値段で売れたら、利益が出ます。一番メジャーなやり方は、ブックオフなどの中古書店で絶版の本を安く仕入れて、Amazonで売ることです。

あまり知られていませんが、絶版の本を欲しがるマニアックな人がいて、その人が高値で買ってくれるんですよ。

日本で仕入れて海外に売って儲ける事例も

だから、Amazonのマーケットプレイス(個人が出品できるサービス)では、何の変哲もない中古本が1万円で売っていることもあります。

また、日本らしい商品を海外のネットショップで売ることで稼ぐ人もいます。ちなみに、日本らしい商品とは、おもちゃやお菓子など。

意外なところで需要があるので、この辺も狙ってみるといいですね。

ドロップシッピング(バイマ)

ネットを使って稼ぐ手段として、ドロップシッピングというものもあります。これは、在庫リスクなしでメーカーの商品を販売代行できる仕組みです。

一人でできる仕事ならドロップシッピングもおすすめ

ユーザーから注文があった時だけ、メーカーに発注して商品をユーザーに届けてもらいます。なので、あなたがやるべきは、サイトで宣伝すること。

商品を作る必要もないので低リスクでやれるのです。

服を仕入れて売るサービスも(在庫リスクなし)

そして、この仕組みを利用しているのが、バイマというサービス。

4,000以上のブランドから商品を買い付ける事ができるサービスです。気に入った商品があれば、バイヤーに海外で直接買い付けをしてもらえて、日本よりも安く購入できます。

バイヤーは全て日本人で、注文する際もスムーズにやり取りする事ができるのもありがたい所。バイマのスゴい所は、後払い決済で商品が届いてから、お金を払う事です。

この後払いシステムにより、安心して取引できます。

参照:サラリーマンの副業や主婦が自宅で稼ぐのにおすすめ!ebay、バイマ、ネットショップを紹介します

一人でも家でできる仕事を探しているなら、こちらもチェックしてみてください。

FX、デイトレード

在宅で一人でやれる仕事だと、FXというものもあります。これは、為替の動きで儲けるものです。

例えば、ドルの価値が安いうち(1ドル100円)に買っておいて、しばらくしてドルが高くなったとき(1ドル120円)に売れば、20円の儲けになりますよね。

FXも安く仕入れて、それよりも高い値段で売って稼ぐビジネスなんです。ただし、FXは高度な専門知識が必要だし、リスクも高いので、オススメはしません。

始める際は、しっかり勉強してから取り組んでください。

陶芸家

以前、地方を取材した際、陶芸家の方に出会いました。

参照:千葉の週末移住で房総エリアが人気と聞いたので現地での仕事について書いてみる

彼は、作品を掲載したサイトを作り、ネット経由で売り上げを立てている、とのことでした。その際は、海外からの問い合わせもあると話してくれましたね。

なので、自分の作品を作って販売したい方は、ネットも活用してみるといいですよ。

その際は、前述したネットショップ作成サービスが便利です。

内職、ハンドメイド商品を売る

また、内職も人と関わる必要がなく、家でやれます。手先の器用な人はこういった仕事が向いてますね。ただし、これは副収入と考えないときついですね。仕事単価が安いですからね。

しかも、ずっと内職をし続けないといけません。ブログのアフィリエイトなどは、土台ができてしまったら手を動かさずとも稼げますが、内職はそうじゃないんですよ

なので、僕は他の仕事をした方がいいと思います。

ハンドメイド、イラストなどを売る

この延長で、自分で手芸品(ハンドメイド商品)などを作って販売するというやり方もあります

ハンドメイド作品を売る場所としては、「ミンネ」というサービスもあるので、そういったものも活用しておきましょう。

あとは、コンビニのネットプリントを活用してイラストを印刷して絵葉書などを作って売る方法もあります。

絵を描ける人は、こういった方法で数万円稼ぐことも可能です。

スマホで写真を撮って売る

最近だと、自分で撮った写真を売るサービスがあります。それが「スナップマート」というサービス(アプリ)です。

これはスマホで撮った写真が売れてしまうのです。しかも、友達と一緒に映っている写真(女子大生とか)でもよく売れます。

なので、人と関わらずに仕事がしたいならこういったサービスも覚えておきましょう。

治験

治験も、ほぼ人と関わらずにできる仕事ですね。

これは、新薬の開発などで薬に害がないかテストする際に発生する仕事です。テスターとなってくれる人に報酬が支払われるのです。

リスクもありますが、こういった仕事もあるということは覚えておいて損ないです。

工場で働く

家以外でも人と関わらずにできる仕事はあります。その1つが、工場勤務です。

ベルトコンベアーから流れてくる商品にシールを貼ったりする作業だけなら、人と会話する必要はありません。

検品作業

検品作業も黙々とやれる仕事ですね。

特に、食品などを扱う会社では、衛生面から私語を禁止しているところもあるようです。なので、一人で作業することが好きな人には向いてる仕事なのです。

Amazonなどの包装作業、ピッキング

Amazonなどの倉庫に入って、商品を配送するための作業をする仕事もあります。これは、流れ作業で黙々とやるようです。

こうした仕事は、ZOZO TOWNにもあります。基本的に、大きなネットショップがこういった職種を採用しています。

こちらも、覚えておきましょう。

データ入力

こういった事務職種も人と関わらず淡々とやれる仕事です。

知人がデータ入力の仕事をしているんですが、そこも私語がNGらしいです。仕事のことで質問があっても、しゃべると注意されるんだとか。

こういった仕事は、リクナビNEXTにたくさん掲載されているので、確認しておきましょう。



>>リクナビNEXTで事務の仕事を探す

電気、ガス、水道の検針員

こちらも人と関わることの少ない仕事。

ただし、外で作業をするので、夏や冬は大変だそうです。また、番犬に吠えられたり、検針メーターがわかりづらい場所に家に当たると苦労をするんだとか。

時には、ハチに刺されることもあるようで、楽な仕事とは言い難いですね。

新聞配達

朝早いですが、新聞配達もそうですね。

やることは「新聞にチラシを挟む作業」と「配達」ですから、人と接する時間は少ないです

事務所で少しはコミュニケーションをとらなければなりませんが、一般的な仕事に比べたら、一人作業の時間は長いです。

人と関わらないバイトもチェック

これでいうと、ポスティングスタッフの仕事もそうですね。家を回ってポストにチラシを入れればいいので、人と関わることはありません

ポスティングは、人に会う必要がないので、まだ売れない芸人さんがバイトとして選ぶこともあるようです。

また、僕がやっていたイベント案内スタッフも人と関わる機会が少なかったです。ほぼ立っているだけで仕事が完結するので、人嫌いにはぴったりな仕事。

関連記事:飲食店バイトで「トロいし向いてない」って言われてた僕のような人間が向いてるバイト

飲食店を開業する

以前、屋久島に取材に行った時に、カフェを開業している方がいました。その方は、東京で働いていたそうですが、ゆっくりしたくなってカフェを開いたそうです。

参照:【屋久島】移住者が開業したカフェ「Maruya」で「会社員が一番怖い」という名言を聞いた話

特にお客さんとたくさんしゃべる必要はないようで、仕事上のコミュニケーションでストレスを感じることは少ないようです

なので、こういった選択肢もあることは覚えておくべきでしょう。

パチプロ

パチンコを打って稼ぐ、競馬で稼ぐことも人と関わらない仕事の一つ。でも、これって運なのでやめた方がいいですよね。

スキルを積み上げられるわけじゃないですし。

清掃員

ビルや会社を掃除する仕事も一人の時間が長いです。特に、深夜は人に会う機会も少ないので、その仕事がばれたくない人におすすめ。

そういった特性を利用して、お笑い芸人さんも深夜の清掃業のバイトをしているそうです。

また、僕の知人が清掃員のバイトをしていたときは、先輩に可愛がってもらっていたとのこと。若ければ、こうしたメリットもあるのです。

警備員

意外と稼げるのが警備員。

正社員としての採用もあるので、手堅く稼ぎたい人はこちらの仕事をぜひ。年収例だと、38歳で500万円(月給35万5000円+賞与)というものもあります。

また、リクナビNEXTに乗っている求人には、以下のような記述が。

無茶な労働時間はありません

特に終業時間には厳しく、無理な残業や急な出勤は一切ありません。
そのため、プライベートを重視している 20代からの応募も珍しくないのです。

もちろん福利厚生でもしっかりバックアップをしますし、
キャリアアップのための研修もありますので、
将来に希望を持って働けるでしょう。

待遇も充実しているので、この文章で心が動いた方は、リクナビNEXTで確認してみてください。

運転手(タクシー、トラック)

タクシーやトラックの運転手も人と関わる機会が少ないです。

タクシーの場合、行き先を聞いて最後に会計の際にちょこっとコミュニケーションをとればOKです。また、タクシーの運転手をやることによって、道に詳しくなりますし、美味しいご飯屋さんにも詳しくなります。

Uberを使えば簡単に運転で稼げる

運転免許があれば、スキルがなくてもできる仕事ですし、意外と給料もいいんですよ。転職求人サイトによると、平均月収33万円というデータも出ています。

あと、最近ではUberという配車アプリがあって、これは審査さえ通れば運転手になって人を運びお金をもらうことができます。

uberを使って配車で稼ぐ

他だと、UberEATSという飲食店のご飯メニューを配達することでも稼げるので、時間があって体力がある方はやってみるといいかも。

自転車かバイクでの配達です。

アプリ、ゲームのデバッガー(テスター)

馴染みがありませんが、デバッガー(テスター)という仕事もあるんです。

IT・Web系の企業には、アプリやゲームを公開する前に、バグがないか検査する仕事があります。その仕事をする人をデバッガーと呼ぶんですよ。

この仕事が、以下の記事で書いたとおり増えているんです。

参照:週3で働きたい!年収を上げたい!ならフリーランスの求人を見ておこう!編集・ライターの仕事もあるよ

中には、月収60万円の求人もある(正社員)ので、ぜひ確認してみてください。黙々と作業できますので。

ゲームのシナリオライター

上記の「週3日で働きたい!〜」の記事では、シナリオライターの仕事も紹介しています。

これは、ゲームに登場するキャラクターのセリフなどを考える仕事です。ライターと似ていますが、こっちは小説を書くのが好きな人に向いてますね。

ディレクターさんなどとの打ち合わせもありますが、一人で集中してやる時間が長い仕事です。

web漫画家

以前、Webメディアの編集者の方から「連載を持っている漫画家さんは一人で淡々と作業している」という話を聞きました。

あまりにも、人と関わろうとしないため、連絡をとるのが大変だそうです。その方は異例で、連絡を取るために誰かを間に立てているそうです。

紙の漫画の世界だと、アシスタントを雇って数人で描くイメージですが、webの漫画であれば人と関わらずに仕事ができるんですね。

ライター(コラム寄り)

あと、完全に人と関わらないわけではないですが、コラムを書くライターも人との関わりは少ないです。

誰かに取材に行くわけでなく、自分の意見を書くため、編集者の方との企画会議以外は一人で作業することができます。

ただし、そのレベルまでいくのは相当な人気がないといけないのでハードル高いです。

家事代行で稼ぐ

掃除、洗濯、料理などの家事代行をやることでお金をもらえる仕事もあります。以下の記事で紹介しているエニタイムズでは、主婦がそれで収入を得ています。

参照:【副業】月5万円稼ぐ方法23コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

人との関わりは、多少ありますが、それでも一般的な仕事と比べたら、接触回数は少ないです。これは主婦(女性)の方に良さそうなサービスです。

なお、エニタイムズでは「花見の場所取り」「行列に並ぶ」などの仕事もあるので、人と関わらずに仕事をしたい方はチェックしてみてください。

正社員で人と関わらないのは難しい

なお、正社員で人と関わらない仕事を探すのは難しいです。

これまで紹介してきたような、工場作業や倉庫での包装作業は、誰でもできる仕事ですし、雇う側からしても「忙しい時期だけ雇用したい」という思惑があります。

こうした仕事においては、「会社の都合でクビにしづらい正社員」として雇うのはそもそも難しいのです。

「人に関わる」のは怖いことではない

正社員として採用されたいなら、「少しは人と関わること」を仕事選びの条件に入れる必要があるのです。

そうすれば、正社員としてのエンジニア、デザイナー、経理(総務系の仕事)など選択肢が広がります。

しかも、こういった仕事は黙々とやる作業が多いですし、慣れてしまえばコミュニケーションもとれます。

なので、正社員として雇って欲しいのであれば、こういったことも覚えておきましょう。


>>正社員の仕事を「リクナビNEXT」で探す

一人で稼げる力をつけるために修行も必要

紹介してきたように、人と関わらない仕事をするには、3年以上我慢してスキルをつける必要があります。

なので、まずはどこかの会社に入って修行するのがいいでしょう。そうすれば、一人でも稼げる力がつきます。

実際、そうやって修行させてくれる会社は多いです。

参照:【まとめ】IT、Web業界の転職求人サイト33コ(ベンチャーに行きたい人におすすめ)

参照:【まとめ】フリーターが正社員になるために利用したい就職サイトと就職活動ノウハウ

参照:転職サイトを比較し、おすすめのエージェントもまとめてみました!20 代〜30代は参考に

参照:IT業界求人サイトの「未経験でもプログラマーになれます」は本当なのか?

なので、まずは会員登録してみて、力がつきそうな会社を探してみてください。

力がつく会社を調べる方法

なお、力を付ける際はベンチャーが手っ取り早いので、修行したい方は、転職エージェントからオススメの会社を教えてもらってください。

参照:転職エージェントと面談してきた!おすすめの非公開求人とか服装についてメモしとく

参照:地方から東京への転職・就職を考える人が知らないとヤバいこと

ではまた!

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!