安定を求めて金融業界を目指す人よ、悪いことは言わないからやめておけ

安定だからという理由で金融業界を志望する学生や、転職活動中の皆様への警告を。

これから、金融業界は大きな変化が求められます。それは『仮想通貨革命—ビットコインは始まりにすぎない』を読むとわかります。本書で語られたビットコインのもたらす革命がエグかったのです。

金融業界を選んで後悔しないためにも、上記に当てはまる人たちは絶対に読んでおきましょう。

これから金融業界は大きく変化していく

金融業界の変化を紹介する前に、まずはビットコインの概要について説明しておきます。(今回、ビットコインそのものの説明は主テーマでないので、サラっといきます)

ビットコインは仮想通貨と呼ばれ、目には見えない通貨です。日本での知名度はまだまだですが、将来性が期待され、堀江貴文さんも注目しているサービスなのです。

このビットコイン、やり取りは電子上で行われ、簡単に送金ができるようになるんです。海外では、テレビを通じて送金を求めた少年に多くのお金が送られた事例もあり、注目が集まっています。

ビットコインには、発行者も管理者も存在しない。 では、どのように維持しているのか? その中心は、「ブロックチェーン」と呼ばれる取引の記録だ。

ブロックチェーンには、ビットコインの過去の取引すべてが記載されている。しかもそれは、偽造貨幣や二重取引を排除した「正しい」取引の記録であり、改ざんも事実上できない。

ブロックチェーンは公開されているので、コインを受け取った人は、その取引記録がブロックチェーンに記載されているかどうかをチェックできる。記載されていれば、自分が正当な保有者と認められたことになる。そして、それを他の人に送金できる。

こうした仕組みによって、ビットコインで送金ができるようになっているんです。

では、なぜビットコインが金融業界に大きな影響を与えるのか、それは電子上でやり取りが行われるため、送金コストが格段に下がるからです。

スポンサーリンク

送金コスト0で決済制度や通貨制度、国家の存立基盤にまで重大な影響を

著者は、送金コストの低下があらゆる分野に影響を与えていくと予測します。

ビットコインは、きわめて重要な発明なのである。送金コストがきわめて低いため、これまで不可能だった経済活動が可能となる。他方で、決済制度や通貨制度、ひいては国家の存立基盤にまで重大な影響が及びうる。

ビットコインについてアンドリーセンがとくに注目しているのは、安全性と送金コストの安さだ。それによって、これまでできなかったことが可能になる。さまざまな企業活動やサービスを、ビットコインの上に築くことができるのである。

現在の送金コストは、先進国でも送金額の二〜三%だが、これがゼロに近くなることの効果は、きわめて大きい。利益率が二〜三%より低い事業(したがって現在の送金システムでは成立しない事業)も経済的に成立しうるからだ。

スポンサーリンク

銀行収入では六兆円の影響を受ける

そして、この送金コストの低さは、金融業界、銀行にとって脅威になるといいます。

ビットコインによって最も大きな影響を受けるのは、金融機関である。

銀行にとっては深刻な事態である。外国為替業務が侵食されることになるからだ。二〇一二年の全世界貿易量は約一五〇〇兆円だ。仮に為替スプレッドを含めた銀行の手数料がこの四%であるとすると、六〇兆円になる。

この一割がビットコインに移行するだけで、銀行の収入は六兆円失われる。銀行の経営基盤は大きく揺らぐだろう。

ビットコインは世界を超えても、圧倒的な低コストで送金することができます。ですので、為替の絡む業務が影響を受けるのです。

銀行の決済業務はなくなり、ビットコインとその周辺に生まれるサービスへ

さらに著者は、色んな産業がITに変化を迫られてきた例を出して、ビットコインが今後、金融や銀行業にさらなる影響を与えていくと語っています。

いままで、ITの進歩にもかかわらず、貨幣が影響を受けなかったことがむしろ不思議だったのだ。ビットコインは、登場すべくして登場したのである。だから、これによって大きな変化が生じ、銀行業の基本が揺るがされても、少しも不思議はない。

国際送金とウエブ決済で大きな変化が生じるだろうことは、多くの人が予測する。それにとどまらず、銀行の決済業務の大半が消滅し、ビットコインとその周辺に生まれるサービスに移行した世界は、考えうるものだ。

こうした変化は、身近なところにも影響してくるでしょう。例えば、誰かに送金する際の振込手数料のように。現在、仕送りなどで相手にお金を送金する際は、数百円のコストがかかっています。

しかし、ビットコインのような仮想通貨によって、それがほぼ0になってしまえば、皆がそちらを使うでしょう。そうすれば、銀行を介した送金は、なされなくなります。

他にも、銀行以外の仕事(金融業界)に深刻な影響が出るようです。

証券会社の取次や仲介業務がなくなり、分散市場で代替されるようになる

それは、証券会社の業務において。

証券会社の取次や仲介業務がなくなり、分散市場で代替されるようになる可能性もある。

ヘッジファンドなど規制を受けていない機関がビットコインを扱うことは、十分考えられる。そして、さまざまな金融イノベーションが起こる可能性もある。

このようにイノベーションは金融業界の仕事を変えてしまうんです。

さらに、銀行のシステム自体が大きな変化を求められるようになるとも語られています。

ビットコインの貸借も考えられる。銀行のオンラインシステムは、本当は第1章の3で紹介したUBSのレポートが言うように、ビットコインのシステムに移行すべきなのだ。

金融業界は今後、これだけダイナミックに変わっていくのです。それでもまだ、”安定した”金融業界に行きたいと思いますか?

金融業界の仕事がなくなるのではなく、メイン事業が変わっていくだけ

では今後、金融業界で働く人の仕事がなくなってしまうのか、金融業界の未来は悲観すべきかというと、そうではありません。

ビットコインによって代替された業務から、ビットコインなど新たなテクノロジーに代替されない業務への転換が進んでいくだけです。

他方で、金融機関の業務のうち、投資銀行的な業務(引き受けなど)は残るし、重要性が高まる。だから、こうした事業に重点を移しつつ、他方で古くなった技術体系をビットコインで代替すれば、効率が上がるだろう。

仮にそうした対応が可能なら、金融機関は現在より強い産業に成長するはずだ。そうした変化が起こることを期待したい。

このようにして、今後、金融業界は大きな変化が求められます。既存の金貸し業以外で、生計を立てていく必要があります。これまでテクノロジーの影響を受けてこなかった領域だけに、その変化はより大きなものとなります。

ですので、銀行に入って融資先を探す営業マンとして定年まで働くイメージを持っている人や終身雇用で安定して生活できると幻想を抱いている方は、目を覚ましたほうがいいです。

金融業界に「安定」なんて求めちゃいけない

これから金融業界に「安定」なんて求めちゃいけません。変化が求められる業界になるのですから。

誤解していた人は、安定以外の軸で仕事を探した方が良いです。安定を夢見て、金融の世界に飛び込んで「入ってみたら、テクノロジーに影響を受けてしまい、想像と違った」なんてことにならないためにも。

なので、安定ではなく興味のある業界に行くことをお勧めします。興味があれば、仕事で大変なことがあっても耐えられます。

「安定」よりも「興味のあること」を重視しよう

実際、僕は興味のあったインターネット業界を一社目に選んでよかったと思っています。辛いこともたくさんありましたが、それでも変化の早い業界でトレンドを追いながら仕事ができたのは、いい経験として捉えられています。

ですので、「安定」よりも「興味のあること」を重視して業界を選んでください。決して、金融業界は安定した業界だと勘違いしてはいけません。ぜひ覚えておきましょう。

ではまた!(提供:らふらく^^(@TwinTKchan)

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。