海外移住で必要なビザなどの情報と手続きの方法を知っておこう

公開日: : 最終更新日:2013/06/20 雑学・豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

定収入で暮らせる事や労働への考え方の素晴らしさから、海外移住もアリかなと考えています。
ブログで15万ほど稼げるようになれば、いけそうという甘い考えですが。
そこで、移住に必須となるビザなどの知識について調べてみました。

ビザとは何か?

ビザとは入国審査証、または査証とも言われ、海外渡航者が正当な理由で入国した(入国する)ことを、訪問国が証明するためにあります。

引用元;ビザの取得方法

ビザは入国の際に必要なもので、いろんな種類がありますが、
移住するとしたら、お金を稼がなければならないので、働く事が必要になってきます。
そこで、就労ビザを取得する必要があります。
就労ビザの取得方法は国によって違います。

■CASE1
「日本で申請手続きを行い、ビザを取得したうえで海外に行く」というパターンがあります。 アメリカのEビザという種類のビザやインドの就労ビザがこのパターンに該当します。

■CASE2
「海外で労働許可を取った後に、日本でビザを申請し、取得後に現地で働くことができる」パターンです。 アメリカのLビザやオーストラリア、インドネシアなどがこのパターンに該当します。

■CASE3
「日本でビザを申請、取得し、海外に渡航してから労働許可証を取得する」というパターンです。 タイやフィリピンがこのパターンとなっています。

■CASE4
複雑なケースで、「海外に行ってからビザを申請、取得し、ビザを発行された場合に渡されるビザシールをパスポートに貼って、 再度入国をしなければならない」というパターンです。そのため、ビザシールを渡されたら、いったん隣国や日本に出国し、 再入国をする必要があります。香港がこのパターンです。

■CASE5
「日本では何も行わず、現地でビザの発行と取得を行う」パターンです。マレーシア、シンガポールなどがこれに該当します。 ただし、実際の手続きは、申請の状況や国の状況により異なり、短い期間の間にも条件や手数料、手続き方法などが頻繁に変わるため、 個人で調べている間にも刻一刻と変わってしまいます。

ビザの申請には、複雑な点が多く、費用はかかってしまいますが、業者に依頼して取得するのが確実でオススメだそうです。

スポンサーリンク

6ヶ月までならビザなしで滞在できる


これは驚いた事なのですが、多くの国では、ビザなしで観光目的で入国する事ができ、
国によっては最大6ヶ月まで滞在する事ができるそうです。
また、ある国ではビザの延長、 もしくはビザなしでも滞在期間を延ばす事ができ、
期限が切れる前に一度その国を出て、もう一度入国をすれば、再度入国1日目として換算されルト言うルールもあるとのこと。

しかし、ここで気をつけなければならないのは、就労ビザを取得していないので、現地で働く事はできません。
移住したい国があり、擬似的に移住を体験したい場合にこのルールを利用するのがよいでしょうね。

スポンサーリンク

ビザにかかる費用

料金一覧 – 海外ビザ取得代行にて、ビザの取得代行において必要な費用を調べる事ができます。
また、ビザそのものの発行料金は国務省のトラベル・サイトで検索する事ができますので、ぜひ利用してみて下さい。

ビザが取得しやすい国

1位 マレーシア

マレーシアは他国に比べ、条件がそれほど厳しくなく、就労ビザをとるのが比較的簡単です。
また、ビザなしでの滞在期間も3ヶ月と長いのが特徴。

2位 フィリピン

フィリピンはリタイアメント制度が手厚く、永住しやすい国と言えます。

リタイアメント制度も充実しており、35歳から取得することが可能で、 他国と比較すると非常に安価な預金をするだけで、あとはほぼ無条件で長期滞在をすることが可能です。

3位 タイ

入出国を繰り返す事での、長期滞在はダメになってしまいましたが、それでも長期滞在するのに向いています。
また、微笑みの国と呼ばれるだけ会って、人がよく過ごしやすい事も永住を促すきっかけになっているのではないでしょうか。
個人的には、グリーンカレー、ガパオなど美味しいものが多いと思っているので、移住するならタイがいいかなと思っています。

他国に比べると条件も軽いリタイアメントビザも用意されています。また、滞在期間は短くなりますが、 さらにハードルの低い年金ビザを取得することも可能です。

参考サイト; ビザの取りやすさで選ぶ移住ランキング

移住により税金面でもメリットが

海外に住んでいると、日本では「非居住者」という扱いになり、日本での所得には課税されますが、 海外での所得には課税がされなくなります。これは所得税だけでなく相続税でも同様で、 税金のメリットを考えて移住する人も多いですね。但し、 相続税、贈与税については非相続人も含めて5年超海外に居住した場合に限定されますので、注意が必要です。

税金の面でおすすめの国ですが、資産数億円以上の富裕層には、シンガポールと香港が断然オススメですね。 所得税が低いですし、相続税や贈与税もありません。但し生活費が非常に高いですので、 やはり富裕層以外だと生活を維持するのは難しいでしょうね。

メリットを受けられるのはお金持ちだけみたいですね。
資産家が海外に移住する方にはこうした理由があったのですね。

最後に

物価が安く、それほど15万円ほどあれば、十分暮らしていける海外移住は非常に魅力的ですよね。
しかし、移住を実現するには、英語という大きな壁があります。
そのためには毎日の訓練が必要になってきます。
英語を勉強する方法として、Podcastなどがありますが今であれば、月額2980円で英会話が勉強できるアジリッシュのようなスカイプ英会話がありますのでこういったサービスを使っていけば、英語の上達も早まると思います。
英語が上達した人によると、オススメは現地の人と話す事だそうなので移住を考えている人は検討してみてもいいかもしれません。


仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!