仕事に求めるもの、仕事選びの軸は何?若者のランキングから考えてみる

公開日: : 最終更新日:2017/03/02 仕事・キャリア, 転職で失敗して後悔しないために

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生時代、「仕事にやりがいを求めるな」とか「好きなことを仕事にするな。仕事は辛いものだ」などと夢のない話をする人に良い印象を持っていませんでした。

ですが、最近その意味が分かってきたような気がします。やりがいのある仕事に就かなくても幸せだと気づいてしまいました。(これ、会社員時代の意見です)

※後半に会社を辞めてからの意見を追記してます

やりがいのある仕事を求めすぎない

今考えると、就活中の私は仕事の優先度が高すぎたように思います。もっと、仕事なんか適当でいいと考えられていれば、ホワイト企業を受けていたでしょう。仕事に「やりがい」を求めすぎていました。

出社して、ただ与えられた仕事をこなし、定時まで退屈を感じながら過ごす会社のことをバカにしていました。ごめんなさい。ガリガリ仕事をして「実力をつけていくことが正義」という幻想にハマってしまっていました。

働いたこともないのに生意気なやつですよね。1年以上インターンをしただけでわかった気になっていました。バカなやつです。やりがいを求めて、ひたすら成長するのが良いことと思っていました。

スポンサーリンク

やりがいのある仕事、成長が素晴らしいと思っていた

軸も定まっていませんでした。Web業界で働けて、成長できそうなところならどこでもいいという感じだったんです。でも、今だったら絶対どんなに給料が安くても、早く帰れることを軸に選びます。

ですので、みなさんは私のようにならないために、仕事を決める際、大切にしたい事(軸)を明確にしてほしいです。そうしなければ、仕事が辛いと思いながら、働く会社員になってしまいます。

就活の時や、毎日定時で帰れる仕事をやっているときに、ベンチャーで働く人の話を聞くと、キラキラしていて、素敵に見えるのですが、そういった会社にも仕事が忙しいなどのデメリットがあります。

感化されすぎずに、やりがいに惑わされないようにしましょう。

スポンサーリンク

周りに流されずに自分で考える。仕事はやりがいだけではない

就活をして思ったのですが、最近は「成長したい。やりがいが大事」という考えがもてはやされ、「ゆとりを大切にしたい」という考えが虐げられているような印象を受けました。

ですが、そうでなく「仕事以外のことを大切にしたい。やりがいだけではない」という考えを持ってもいいはずです。周りに左右されず自分にとって必要なものを選択していきましょう。

仕事で必要なのはやりがいだけではありません。「自分には休みやゆとりが必要」と思うなら、それを重視してもいいんです。自分の意思で軸を決めてみてください。

軸の決め方「やりがい、お金、仕事の重み」をランク付けする

なお、「軸」を決めるには、転職漫画『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』で紹介されていた方法がオススメです。

まずは、自分が仕事で大切だと思う項目(やりがい、年収、残業時間など)を5つ挙げます。

やりがいのある仕事

そして五角形を作り、それぞれに点数(5点満点)をつけます。全ての項目に満点をつけてはならず、必ず差をつけなければなりません。

点数をつけたら、五角形を見渡して、点数の上位2つ(通勤、お金など)を「軸」にして下さい。それくらい絞らなければ、判断基準が多すぎて会社を選ぶことができませんので。

(自分のアタマで考えようで、ちきりんさんもおっしゃっていましたが、基準が多すぎると決断できないのです)

若者が仕事に求めるもの、軸

なお、一般的には以下のような軸があるそうです。(若者の「仕事に求めるものランキング」でよくあがるもの)

・やりがい(仕事内容がおもしろい)
・お金(給料がいい)
・人間関係
・休みがある(有給が取れる、ゆとりがある)
・残業時間が少ない、またはない
・成長できる
・社会貢献ができる
・通勤がない
・社会的ステータスの高い組織

なので、自分は仕事に何を求めるか?を考える際は、こちらを参考にしてみてください。

働く前じゃわからないから実際に働いてみるといい

あと、こういったことって就活のエントリーシート(ES)とか面接で聞かれるから就活生にとっては悩みのタネになるんですよね。

僕も1回目の就活では、困りました。働く機会ってバイトくらいしかありませんでしたからね。

バイトって、自分の時間をお金に変えるだけの労働なので、やりがいなどは感じられないし、社会人として働いわかる「成長できる」「給料がいい」なども体感することができません。

このように、実際に働いたことのない就活生にとっては、非常に困る項目な訳です。

で、この悩みを解決するための方法ですが、いたってシンプルで実際に、インターンするなどして働いてみることです。

インターンで就活で語れるレベルにはなる

冒頭で僕がインターンによって、「仕事のやりがい」を重視するようになったと書いたように、少しでも働いてみることで、「仕事で大事なこと」がわかるようになります。

(インターンは、社員に比べてやることが緩いので、そこで僕のように勘違いする場合があるのですが、、)

なので、「仕事に求めるもの」がわからない人は、インターンをして会社で働いてみましょう。今であれば、スタートアップを筆頭にインターンをさせてくれる会社はたくさんあるので。

実際に働いて気づいた自分なりの「仕事に求めるもの」

で、ここからが冒頭で書いた「後半部分」です。僕が会社を辞めてから、気づいた自分なりの「仕事に求めるもの」です。

それは、「やりがい」です。

会社員時代は、絶対にそんなこと思ってませんでたが、今は心から「やりがい」が大事だと感じています。

やりがいがあれば、お金、社会的地位はついてくる

そう感じている理由は、やりがいがあれば、お金や地位など他の「軸」となる要素がついてくるからです。

やりがいのある仕事をしていれば、楽しいため毎日でもできます。そうすれば、自然と仕事で成果を出せるようになります。

こうなると、成果の高さに伴い、収入も増えていきます。そうすれば、社会的地位も高まっていきます。(成長もついてくる)

また、やりがいがあれば労働時間を気にせず楽しく働けるようになるので、「残業」「ゆとり」という概念からも解放されます。

なので、働いたことがない学生にはは、「やりがいのある仕事」を追求してほしいなと思います。

やりがいのある仕事の見つけ方

では、どうすればやりがいのある仕事は見つかるのか。まず、学生向けにその方法を紹介していきます。

学生であれば、自分でうんうん考えていても、社会人経験がなく思いつかないので、仕事のプロであるエージェントに相談にいくといいです。

最近だと、就活の世界でもエージェントが積極的に使われていて、相談もしやすくなっているのです

彼らに「どんな仕事をすればいいのか」と相談したら、あなたの経歴、強みを元に向いていそうな仕事を提案してくれるはずです。

エージェントからのアドバイスは貴重

僕も就活中、そういう体験をしていて、エージェントや社会人から「君はこの仕事が向いてそうだね」とアドバイスをもらっていました

なので、最近エージェントサービスとしてがんばっている「ハローナビ就活」を使ってみるといいですよ。

やりがいのある仕事のヒントをもらう>>ハローナビ就活

社会人がやりがいのある仕事を見つける方法

なお、社会人の場合は、自分の強みがわかる診断を受けて、やりがいのある仕事や、仕事に求めるものを決めていくといいです。

そこでおすすめなのが、転職サイト「リクナビ」にあるグッドポイント診断です。

強みを診断する

こちらを受診すれば、仕事で使える強みがわかります。それによって、自分の向いてることがわかってやりがいのある仕事も見えてきます。

また、そこから仕事探しの軸、仕事に求めるものなどもわかってくるので、この機会に受診してみてください。

仕事で使える強みを知る>>グッドポイント診断“”

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!