短編小説「フリーで働くゆとりの告白」のカテゴリーです。

この短編小説は既卒学生ながら長期インターンによって内定を複数社獲得した男の実体験を基に書いています。

ちなみに、モデルとなった既卒学生のプロフィールは以下の通り。

地方の進学校から地方国立大学の工学部に入学

テニスサークルに入ってダラダラ過ごす

3年次から幽霊部員に。一日中、引きこもるという最低な生活を送るように

3年の秋から大学院で研究をしたくない、研究職につきたくない、という思いから就職活動を始める

しかし、エントリーシートの「学生時代に頑張ったこと」が何も書けず、選考で落ちまくる

就活のストレスで体重が5kgくらい落ちる

結局、就活が上手くいかず学歴ロンダリングを目的として大学院へ進学(かなり意識は低い。研究とか好きじゃない)

大学院時代も研究に身が入らず、それ以外はほぼ家で過ごすというリア充とはかけ離れた生活を送る

大学院の夏、就活を意識しだした頃、意識の高いセミナーに行く

そこで知り合った社会人、学生に刺激を受け、自分もやりたいことをやろうと思うように

その第一歩として企画職の長期インターンをやることに(昔から企画職に憧れていたから)

研究室での研究とインターン(iPhoneアプリの企画)を両立する生活を始める

(無給の)長期インターンをやるうちに、インターネットの面白さと可能性に気付く

インターネット業界を志すように

そして、「あれ、俺研究室、大学院にいる意味あるの?」と思うように

親にも相談し、悩みながら大学院を辞めることに(この時は怖くてしょうがなかった。既卒で就活をやることになるから。当時は、既卒就活なんて一般的でなく、きちがいでしかなかった)

就活の中で、長期インターンの話をすると、受けが良く、書類選考は全部通った

順調に就活が進み、上場企業を含めた企業複数社から内定をもらう

………..

こんな感じで話は進んでいきます。どれも、実際に体験した話なので、同じ状況の大学院生、理系学生は参考にしてください。

「 長期インターンで就活成功した学生の体験記 」 一覧

「真面目だから、ヒット企画はあるけど場外ホームランはないよね」に泣いた #フリーで働くゆとりの告白 Vol.10

ゴリッゴリの営業マンの先輩とご飯を食べ、オフィスに戻った。 本日も競合分析しつつ、アプリの企画だ。インターンの企画を始めて数ヶ月経ったが、通った企画は0。無給インターンといえでも、さすがに焦って

続きを見る

ゴリッゴリの肉食系営業マン(広告代理店)の話を聞いたら、絶対に向いてない仕事だと悟った #フリーで働くゆとりの告白 Vol.9

初めて誘われた夕ご飯(@サイゼリヤ)。衝撃的な話を聞いた。これが広告代理店の肉食系営業マンてやつか。 以降は、インターン先の社員であるIさんとYさん(どちらも男)とインターン生(自分と同期の男K

続きを見る

#フリーで働くゆとりの告白 ダイジェスト!1〜8話をまとめたので流れがつかめるよ

「#フリーで働くゆとりの告白」の流れをまとめた。これを読めば、これまで書いてきた短編小説のストーリーがつながるはず。 それではどうぞ。【1話】インターンをきっかけに人生が変わっていく? 主人公

続きを見る

真面目に地道にコツコツやる仕事が向いてると気づいたインターン

研究の合間に「オードリーのオールナイトニッポン」を聞き終えて、その後のタスクをこなし、パソコンを机にしまって、今日も研究室を出る。 その後、総武線に乗り込んで渋谷へ向かった。毎度のことながら、イ

続きを見る

理系院卒で文系就職したいが、メーカー研究職という安定もある。どうすればいいんだ? #フリーで働くゆとりの告白 Vol.7

しんどい大学院生活の癒しである「オードリーのオールナイトニッポン」を聞きながら、いつも考えていたことがある。 それは、このままつまらない研究を我慢して続け、メーカーの研究者として一生安泰とも言え

続きを見る

大学院を辞めたいと思ってた時の癒しがラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」だった #フリーで働くゆとりの告白 Vol.6

大学院を辞めたい、研究室に行きたくないと思いながら、今日も重い足取りで研究室に足を運んだ。またもや、刺激の少ないルーティンが待っているのだ。待ち時間にオードリーのオールナイトニッポンを聴くのが救い

続きを見る

研究室に行きたくない。てか、研究が嫌いだ。この先どうしよう #フリーで働くゆとりの告白 Vol.5

※これは、僕の実体験をもとにした小説です。 インターンを頑張るきっかけを思い出した昨晩から一夜明け、ある事が不安になっていた。 不安に思ったのは、このままインターンもこなし、これに就活が加わっ

続きを見る

就活がうまくいかないと悩みまくった時期もあったけど・・ #フリーで働くゆとりの告白 Vol.4

2日目のインターンを終え、「なんか充実してるな、俺。行動的でいいじゃないか」と思いながら家に帰った。 そして、こんな風に積極的に動けるようになったきっかけを思い出した。就活がうまくいかないと悩ん

続きを見る

学生インターンでおすすめなのが適当すぎる同期と出会うこと #フリーで働くゆとりの告白 Vol.3

ドキドキのインターン初日を終えて、安堵していた僕は、あることが気になっていた。そう、同期として一緒に働くことになる彼の存在だ。 社員さんからは「MARCHの帰国子女」とだけ聞いていたから、めちゃ

続きを見る

インターン初日にバックレを心配されるコミュ症野郎 #フリーで働くゆとりの告白 Vol.2

iPhoneアプリ企画職インターンが決まったのはいいものの、致命的なことに気づいてしまった。iPhoneどころかスマホさえ持っていないのだ。2011年当時はスマホなんて情報強者の持ち物で、僕みたいな情

続きを見る

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!