本の出版が近いこともあって1日1万字書くことが珍しくない最近、文章を書く上で大事だと思っていること

公開日: : ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

実はいま出版に向けて原稿を書いているところでして、ブログの更新ペースが落ちております。

また、サブブログを始めたり、過去記事の直しを頑張ったりしていることで、あっちこっちで原稿を書いています。結果、以前よりも圧倒的に毎日書く量が増え、1万字以上書く日も多くなってきました。

そんな中、「たくさんの文章を書くにはこれが必要だ!」と気づいたことがあるので、共有してみます。「文章を書きたいけど、なんだか書けない!」と悩んだ時は参考にしてください。

まずは「。」で終わる文章を1つ書く

特に、本の原稿ですが、ブログの文体通り書けばいいわけではないので、ブログよりずっと気を使って書いています。

編集者の方に、テスト原稿を修正してもらって気づいたのですが、僕の文体には癖があるようで、それを本向けに直して書かなければいけないようです。

なので、そこで気を使ってしまい、エディタを立ち上げてから書くまでに時間がかかってしまいます。どう書いたら直さずに済むのか?と

そんなことを考えているため、1文を書くまで、ブログよりも時間がかかってしまうのです。

でも、ある時に気づきました。そこで立ち止まるよりは、まず書いてしまって、後でおかしいなと思った点を直せばいいのだなと。

実際、そうやって書いてみると、今までよりも筆が進むようになったんですよ

スポンサーリンク

プロ曰く「1文目を書くのが一番難しい」

そして、このメソッドを発見してから、とある記事を思い出しました。それは、僕が大好きな作家、木暮太一さんが書いていた記事。

こちらですね。

ここに大事なことが書いてあったので、一部引用します。

「あ、思いついた!」と思ったら、その思いついた内容だけを書くんです。

本の原稿に限らず、長い文章を書こうとする場合、「最初から書かなきゃ」とがんばってしまうと、なかなか書けません。本は書き出しの1行目が一番難しいといわれていますし、ぼくもその実感があります。「最初」は一番ムズイんです。

思いついた順に埋めていく。これが大事です。

そうなんです。最初って本当に難しくて、筆が動かないんです。でも、なんでもいいから書いてしまうと筆が乗ってその先も書き進めることができるのです

これは本当に効果があるので、騙されたと思って試してみてください

特に、文章を書こうと思ったけど、「うーむ」と詰まってしまい、書けなくなった時に。まず生み出さなければ、何も始まりませんからね。

スポンサーリンク

副業ブログ、アフィリエイトについての本です

なお、これから出す予定の本は「副業ブログ」「アフィリエイト」をテーマにした本です。イメージとしては、noteのマガジンをブラッシュアップさせて、オリジナル原稿も入れていく感じです。

ちなみに、以下の画像が修正してもらってる原稿です。

赤字の部分

あと、本の中には「スズキ先生(つまり、僕)」も登場する予定なので、楽しみにしていてください。(発売日は未定で、初稿段階です。詳細がわかったらまた共有します)

本のイラスト
(担当の方は似てると言ってくれました。盛れてて嬉しいです)

ということで、紹介した「まず1文書く」を実践して、「文章が書けないどうしよう状態」を抜け出してみてください。

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「本業もこなしながら本を出す方々のすごさを痛感した件」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!