入湯手形づくりでおじいちゃんに仕事を提供!補助金に頼らず3億円の事業を生み出す南小国町がすばらしい件 #ジモコロ熊本復興ツアー

このエントリーをはてなブックマークに追加

#ジモコロ熊本復興ツアー

こんにちは。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

地方の魅力を発信するメディア「ジモコロ」主催のジモコロ熊本復興ツアーに参加してきました。こちらは、震災で被害を受けた南小国町に行って、お金を落としてこようという企画。

このツアーが非常にすばらしかったので、印象に残ったことをシリーズものにして書いてみます。今回は第一弾として、現地のローカルビジネスを紹介します。

温泉街が一体となって、高齢者にできる仕事を提供し、健全なお金の流れを生み出していたんですよ。

10億円の被害を受けた温泉街

前提を話しておくと、今回伺った地域は、熊本県の南小国町にある黒川という温泉街。こちら、震災により想像以上に大きな被害を受けていたようです。

その被害があまりにも大きかったので、従業員を解雇せざるを得ない旅館もあったそうです。震災により、売り上げが従来の半分になってしまった、なんて話も聞かれました。

そんな状況ですから、それぞれの旅館同士で「協力していこう」という意識が強まっているのです。その証拠に、「入湯手形があれば、3つの温泉に入り放題」というルールが設けられています。

スポンサーリンク

手形作りを内職にして報酬を払う

これは、「1200円の手形を買えば、旅館をまたいで複数の温泉に入ることができる」というもの。

この太っ腹なルールにも衝撃を受けたんですが、さらにすごいのは手形づくりを1つの事業にしてしまっていること。手形をつくっているのは、現地のおじいちゃん、おばあちゃんなんですよ。

そして、1つ作るごとに収入ももらえる仕組みができているんです。

スポンサーリンク

補助金に頼らない自立した事業

さらに驚くべきは、「手形事業」では補助金に頼っていないということ。地域内に1つの自立した事業を生み出しているわけです。

このような、高齢者が収入を得られる仕組み、地方の資産を生かした事業は、徳島県の「葉っぱビジネス」に似ていますよね。

「葉っぱビジネス」とは”つまもの”、つまり日本料理を美しく彩る季節の葉や花、山菜などを、栽培・出荷・販売する農業ビジネスのことです。

葉っぱビジネスのポイントは、商品が軽量で綺麗であり、女性や高齢者でも取り組めることです。現在の年商は2億6000万円。中には、年収1000万円を稼ぐおばあちゃんもいます。

参照:株式会社いろどり – いろどりストーリー

このように、地方でイケてる取り組みを行っている南小国町。事業はもちろん、観光地としての魅力もすばらしいので、その辺は明日以降の記事で書いていきます。

お楽しみに。

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「市長が明るくてすごかった」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!