会社を辞めて海外でアプリ起業!「どこでも仕事」をめざす国際結婚ペアの共同作業がステキだった件

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC00571 Fotor
(アプリ開発事業者のアスケロフ夫婦。ベトナムのカフェにて取材)

アプリ事業を立ち上げ、場所に縛られない働き方を目指す夫婦のお話を聞いてきました。

お話してくれたのは、アスケロフ・ペーターさん。日本のネットベンチャーに3年弱勤め、現在は奥さんの実家である中国でアプリ開発を行っています。

夫がエンジニア、奥さんがデザインとアプリのコンテンツ作り。2人でマーケティングを担当しています

2人のような働き方は、もっと世に広まるべきと思ったので、紹介してみます。

出会いは日本。就職も日本で

2人は、学生時代に留学先の日本で出会い、交際をスタート。その後2人とも日本での社会人経験を経て、ペーター氏の退職のタイミングで中国へ。

ちなみに、ペーター氏は国内のネットベンチャーに新卒入社した方(僕の元同期)。同期の中でも特に仲が良く、お互いソーシャルゲームを開発するエンジニアとして活動していました。

入社前から日本の外に行きたい欲があった

入社前の面接でも「いつかは海外に住むかもしれない」と伝えていたほど、海外での仕事意欲があったペーター氏。

入社してからは、エンジニアとして活躍し同期の中でも注目されていましたが、あることをきっかけに退職を決意

今の生き方を選びました。そして、今は「Du Chinese」という中国語学習アプリを開発しています

スポンサーリンク

音声翻訳、単語タップで英訳など質の高いアプリ

このアプリでは、夫がプログラミングし、中国出身である奥さんがコンテンツ作成(文章、音声)を行っています。

IMG 0171

ダウンロード数はリリース1ヶ月後で2500だそうで、個人開発&ノンプロモを考えると、良いスタートが切れていると言えます。

IMG 0172
細かい機能紹介はこちらからどうぞ。

マネタイズは月額の定期購読を狙っていて、夫婦で生活できるようになるくらいの収益を目指しているんだとか。

スポンサーリンク

保証の手厚いスウェーデンに移住も

IMG 0097 Fotor
(WITH ENTERTAINMENTは隠語)

「将来は、故郷であるスウェーデンに拠点を移すことも考えている」とも語ってくれた彼。

曰く、スウェーデンはセーフティネットが充実していて、起業家にも優しいそうです。

以下のように、子供を産んだ後の支援が充実しているんですね。(政府機関サイトをGoogle翻訳ベースで訳すとこんな感じ)

個人事業主なら、事業活動からあなたの推定収入に基づいた給付を受けることができます。会社が始動段階にある場合、多くの収入を得ていないことでしょう。

そのため、最初の24ヶ月間は、同じ職務・経験を持つ人と同等の金額を受け取れます

参照:Föräldrapenning – Försäkringskassan

教育制度も充実。学費が無料

さらに、教育制度も充実していて、大学を卒業するまでの学費が無料なんです。

その分、税金は高いですが、セーフティネット、子育て支援が充実しているスウェーデンに住み、アプリ開発者として自由に働ける環境を目指すペーター氏。

何をやってもうまくいっていた彼ですから、今回も理想通りの生活が送れるようになると思います。

【編集後記】コラボを誓えて嬉しかった

DSC00573 Fotor
(ひょうきんなペーターさん。顔で人を笑わせようとします)

この記事は彼と雑談しながら生まれました。(夫妻がベトナムにてバカンス中で、「来なよ」と言われたので行ってきました)

話の中では、お互い、好きなことを仕事にすること、理想的な生活を送るために行動し続ける重要性について語れました。

会社員時代は、僕も独立する素振りを微塵も見せずに辞めていきましたから、本音を語れて非常に楽しかったです。

会社員の年収には限界がある

僕たちが今の働き方を選べたのは、在職中から日本のベンチャーで働くことに疑問を感じていて、もっと別のやり方があるのでは?と模索できていたからです。

また、今回のインタビュー中、「会社員である限り、年収には限界がある」という話題も飛び出ました。これはまさにそうで、個人事業主なら億を超えることも可能なんですよね。

そんな話をして「お互い、将来は年商10億稼いで国を行き来して遊ぼう」なんて約束もしました。(半分冗談ですが、野望は大事です)

会社辞めてから楽しいことが増えたよ

ここまでの話から、ちょっとでも心が動いた方はペーター氏を参考にしてみてください。特に、会社員としてモンモンとしている、海外に飛び足してみたい、という方はぜひ。

こういう生き方もアリなのです。

僕も同じようなことしてますが、この道を選んでみると楽しいことの方が多いです。今日から行動して、毎日1ミリでも前へ。

Du Chinese

Du Chinese
開発元:Peter Askelof
無料
posted with アプリーチ

>>Android版はこちらから

>>公式ブログはこちらから

>>DuChineseのfacebookページはこちら

ではまた!(提供:らふらく^^(@TwinTKchan)

次回予告
「ワークシフトによると、2025年、通勤は無くなる」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!