大学院を辞めたいと思ってた時の癒しがラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」だった #フリーで働くゆとりの告白 Vol.6

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学院を辞めたい、研究室に行きたくないと思いながら、今日も重い足取りで研究室に足を運んだ。またもや、刺激の少ないルーティンが待っているのだ。

待ち時間にオードリーのオールナイトニッポンを聴くのが救い

今日も研究室のデスクに着く。机の鍵を開けて、パソコンを取り出す。今日やるべきことを確認する。先生に挨拶する(僕の研究室はなぜか先生と同じ部屋)。

ここから、1日が始まる。

同期はみんな、就職してしまったので、学部から大学院に進んだのは、自分だけ。だから、あまり喋る人もいない。1つ上の先輩もいるけど、あんまり喋るネタもないので、研究でわからない時に質問をするくらい。お笑いが好きなのは知ってるけど、同期が卒業してからは、話すのも減ったな。

だから、飯も一人で食いに行くし、休憩時間も一人で過ごす。もともと、自分は一人が好きなので、苦ではないが、同期がいた頃と比べると、研究室の居心地の良さはだいぶ変わった。

そんなことを考えながら、今日は何をしようかなと、ToDoリストを考える。そして、やることを決めて、実験に取り組む。今日もサンプルを持って実験装置のある部屋へ向かう。

僕の実験は待ち時間が多く、手持ち無沙汰になる時間がある。そんな時はすることがなくなって困ってしまう。ちゃんとした工学部大学院生なら、過去の論文を読んで勉強するんだそうけど、自分は違う。

研究が好きでないもんだから、論文なんて読まない。じゃあ、何をするかというと、録音したラジオを聞くのだ。オードリーのオールナイトニッポンを。

オードリーのオールナイトニッポンといえば、序盤のフリートークが長いことで有名だ。2時間番組のうち、放送分はCMを除いて100分ほど。そのうち40分をフリートークで使う。これはラジオ的に異常らしい。

他のラジオ番組だと、フリートークを20分ほどで終わらせ、コーナーに移る。そこではハガキ職人と呼ばれる人たちが大喜利的にネタを投稿し、パーソナリティーに読まれることを目指す。

通常は、リスナーからのハガキを紹介していくのだが、オードリーはフリートークが目玉なのだ。自分もこのフリートークを一番楽しみにしていた。

オードリーのラジオを聞くと、2人の印象が変わる。

テレビでは、若林さんがまともな人間、春日さんがおかしなことをするボケ役のように見える。しかし、ラジオは全く違う。

若林さんがひねくれておかしな事を言うヤバイやつで、春日さんがまともな人間になるのだ。若林さんの異常な思想を受け止めて、まともな返しをする、これが一般的だ。

例えば、若林さんの「ラップ音がする」という虚言に真面目に付き合ったり、「春日は眉毛を整えている。だから、一回でいいからねづっちさんのマネをして」という無茶振りに真面目に対応するのだ。

その違和感、若林さんの本音がオードリーのオールナイトニッポンの醍醐味なのである。そんな娯楽をしんどい大学院生活の癒しにしていた。

それを聞いているときだけは、笑えたし、つまらない毎日もなんとかやり過ごそうと思えていた。そう、あの時が来るまでは。。

スポンサーリンク

来週の土曜日に続く。。

提供:らふらく^^[@TwinTKchanをフォローすると、この小説の続きが読めます]

※ここで語られることはフィクションであり、実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!