「Amebaライター報酬が500円らしいけど、適性価格っていくらなの?」「10万円です」by #ライター勉強会

公開日: : 最終更新日:2015/05/04 まとめ・キュレーション, 仕事・キャリア, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題になっている「バイラルメディアでパクリ記事を書いているライターのギャラが格安だった問題」。これをきっかけに、一般的なプロライターっていくらで仕事してるのか、気になってたんです。

でも、調べてもいい情報がなくて諦めかけてたんですが、Twitterで「#ライター勉強会」なるハッシュタグを発見し、追ってみたら、すごく勉強になるツイートが連投されていたんです。

ということで、ライターの単価問題が盛り上がっている今、適正な報酬について学んでみましょう。今後プロライターを目指す方は必見ですよ。

参照:名ばかりの「Amebaみんなの編集局」ライター報酬は1記事500円 : め~んずスタジオ

LIGさん提供の「独学のライターと差をつける」の実況だった

#ライター勉強会ハッシュタグは以下のイベントで使われていたようです。

イベント参加者が実況代わりにイベントの内容をツイートしてくれてたみたいなのです。

スポンサーリンク

結論→「トップライターは100000円」

では、結論から。

イベントの最後に語られたプロライターの報酬を先に紹介してしまいます。

トップだと、10万円で書いているようです。1記事500円のバイラルメディアライターと比較すると、相当違いますね。やっぱり、コツコツと努力していって、トップライターになった方は稼げるんですね。

ということで、そういったトップライターになるための方法をイベント実況ツイートから学んでいきましょう。

スポンサーリンク

商業ライターとは「読み手を意識してものごとを伝える人」

まずは、”商業ライター(プロライター)”の定義から。

ライターは好きなことをかける職業ではない

ライターとして仕事をしてきた登壇者曰く「ライター=好きなことを書いてお金をもらう」ではないようです。

この辺がバイラルメディアライターとの違いなのかもしれません。

なお、ライターとともにコンテンツを作って行く編集者の仕事についても語られていました。

ライターは編集能力があれば稼げるそうですよ。バイラルメディアライターの皆さん、今すぐ編集者のモリジュンヤさんと佐藤慶一さんをフォローしておきましょう。

ライターとは「仕事をくれる人の課題や悩みを文章で解決する人」

では、ライターの話に戻りましょう。ライターの定義Part2です。

こういう人がいないからこそ、以下のような人材不足が起こっているんでしょうね。

ライティングスキルを磨くには地道な積み重ね

ライターならぜひとも実践したいトレーニング方法も語られていました。

固い文章かー。YouTube動画をただ貼り付けたり、猫の画像ばっかりまとめてたらダメなんですね。

自分では面白いの書けたかなと思っても、まとめブログやはてブでバズってる記事を完コピしたような記事や、YouTubeをまとめただけのほうがPVを集めるので、どんどんモチベーションが削がれて、結局2ヶ月くらいで辞めてしまいました。

参照:Spotlightのライターやってました。

ふむふむ。短ければ、短いほど良い文章。なんて話もありますしね。削れる人が良いライターなんでしょうね。

ちなみに、いま僕がやっているtwitter埋め込みは問題ない行為です。

コンテンツ作りで重要なこと「時事性、日常、素直さ」

また、良いコンテンツを作れるライターには以下の要素が必要なんだとか。

ぜひとも、メモしたいですね。

ライターが意識すべきこと「読み手、伝えること、稼ぎ方」

ライターとして食ってくための5箇条も語られていました。

なるほどなあ。ちなみに、ライターさんは寄稿以外に自分でもブログを書いた方がいいんだそうです。

タイトル付けの鉄則「メインタイトル(20~25字)-サブタイトル10~15字」

実例がこちら(ツイートに絵文字が含まれているようだったので「blockquote」で囲いました)。

さえりぐ @saeligood 4月23日

模範は⇨
「東五反田に24時間営業の居酒屋ー「デブの日」自己申告で唐揚げ39円に

ポイントは
「店名は検索されない可能性があるので削ったこと」
「”自己申告”を入れることで、批判される要素を削ったこと」
「前半は長めに、後半はサブタイトルの意識」

#ライター勉強会

ちゃんとしたライターだったら価格交渉すべき

冒頭でも紹介したライター単価。これくらいの対価を得られる人であれば、価格交渉してもいいみたいですね。

力をつけてLIGで書くのも得策かと。

フリーランスライターと社会人ライターの稼ぎ方は異なる

こういった違いも把握しておきましょう。

プロライターになるために投資しよう

稼げるプロライターになるには、本などへの投資が必要だそうです。

イベントにも行きましょう。

また、いろんな人とお仕事をするススメも。

コミュニティに参加しよう!ポリシーを持とう!

稼げるライターの修行としてこんなことも提案されていた模様。

実践しましょう。

プロライターはモテるゾ!!!

なお、稼げるライターになると、こんな風にモテまくるみたいです。

うらやましいですね。僕もこんな素敵な人間になれるよう、がんばろうかな。

1本10万円のプロライターになれるように真っ当に努力を積み重ねる

今回のイベント実況ツイートからもわかるように、プロライターになるには地道な積み重ね、他者と関わっていくことが重要です。

家にいながら、人の物を盗んで記事を書いているようでは、1本10万円の稼げるライターとの差は開くばかり。ですので、まずは上記で述べられたトレーニングをこなして、力をつけていきましょう。

こういうのって、地道にやった人が報われるので、ぜひとも実践していきましょう。

[最後に]ツイート感謝です!

なお、今回ツイートをしてくださっていた皆さん、ありがとうございました!すごく勉強になりました。都度、見返して参考にさせていただきます。

ではまた!(提供:らふらく^^(@TwinTKchan)

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!